カードリスト > 北条家 > Ver.2.1 > 038_北条氏政

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

武将名 ほうじょううじまさ 覇者への野望
SR北条氏政 北条家第四代当主。武田、上杉と巧みな外交
を繰り返すことで関東一円を支配下に置き開
祖・早雲以来の最大版図を獲得、最盛期を築
いた。だが天下人となった豊臣秀吉の力を軽
んじ対立、小田原城に籠城の末降伏し、家臣
の助命と引き換えに切腹した。

「関東の王はこの氏政……
  豊臣などに敗北は許されぬ!!」
出身地 相模国
コスト 2.5
兵種 騎馬隊
能力 武力8 統率7
特技 防柵 魅力
計略 孤塁の采配 北条家の味方の武力が上がり、騎馬
隊であれば突撃を当てた敵を吹き飛
ばせるようになる。
必要士気6
Illustration : 前河悠一

若き日の面影は微塵もなくなり、まるで魔人のような威圧感を漂わせた壮年の氏政。
コスト相応の武力・統率を維持しながら防柵を持ち、さらに魅力を備えており、スペックは十分。
素のスペックを犠牲にせずに采配を持つため、非常に使いやすい。

計略の「孤塁の采配」は北条家限定で効果のある采配。
  • 計略効果:範囲内の北条家の味方の武力を+5し、さらに対象が騎馬隊なら突撃にカード1枚分強ほどのノックバック効果が付加する
  • 効果時間は7.5c。(Ver.2.22A)

計略の武力上昇値・効果時間に加え、高めな自身のスペックと、どの点を見ても欠点が無く、非常に安定した一枚。
追加効果は騎馬限定ではあるが、単に+5采配として見ても十分な効果なので騎馬主体にこだわる必要性は薄い。
北条家に豊富な采配との組み合わせも容易で、五色の采配を持つ自身に勝るとも劣らない使いやすさを持つ計略である。
いっそ同時採用でフルコンを組みたいぐらいだが、同名ゆえに組めないのは残念。

追加効果の突き飛ばしについては、通常の突撃ノックバックが微増した程度。弾き距離増加の恩恵はあまり効果を実感しにくい。
一方で、この吹き飛ばし効果は統率・タッチの有無に関係なく発生する。
このため、「低統率騎馬でも高統率騎馬と同様の感覚で連続突撃を決める」「虎口を守る超高統率の敵部隊を弾き飛ばす」など、
「騎馬隊の突撃でどんな相手も弾ける」という点が非常に有益な追加効果になっている。
ただし、突撃全般で弾いてしまい、弾きたくない時は非タッチ突撃で弾かないなどの小技が効かない。
必ず弾いてしまうことで乱戦から抜けて槍が出たり、相手の帰城の手助けになってしまったりと、逆効果になる場面もあるので注意。

Ver2.11で武力が+4から+5になったため、効果の安定した采配として使い勝手が大幅に向上。
一躍、北条家を代表するキーカードとなった。
しかし,Ver2.20から曾祖父である早雲が同じコストで登場し,現在は選択肢に入りにくい状況である。