カードリスト > 豊臣家 > Ver.3.0 > 078_藤堂高虎

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

武将名 とうどうたかとら 流浪の将
UC藤堂高虎 徳川家康のほか7人の主君に仕え、そのたび
知行を増やした武将。秀吉の死去直前に家康に
与し、篤い忠誠心を見せた。合戦では常に
先鋒を務めて奮戦し、関ヶ原の戦いでは大谷
吉継と死闘を演じた。また脇坂安治らの調略
も行い、東軍勝利に貢献した。

「天下のの行方、
  最後は俺自身の手で決めてやるぜ」
出身地 近江国
コスト 2.5
兵種 槍足軽
能力 武力9 統率8
特技 攻城 忠誠
計略 下天を欺く? 味方の武力が上がり、対象の味方の
忠誠度が高いほど城攻撃力が上がる。
その効果は忠誠度が増減するたびに
変化し、忠誠度が高いほど大きい。
必要士気5
Illustration : 日田慶治?

藤堂高虎の3枚目のカード、これまでのうち最もコストは高い。東軍に所属したため分類は武断派。
武力統率ともにコスト比標準以上、さらにおなじみの特技攻城を備えるハイスペックだが、忠誠持ちのため忠誠度が切れると数値が下がる。

計略範囲は自身を中心とした横長の長方形で、縦横ともに戦場の半分ほど。
忠誠度に依存するのは城攻撃力のみで、武力上昇値は固定で+3。効果時間は約10.8c。統率依存は約0.2c。
忠誠 城攻撃力
無し 約1.1倍
約1.3倍
約1.6倍
(Ver.3.20G)
性質上敵城に張りついてから使いたい事、采配としては武力上昇値も効果時間も平凡な事から、
ぶつかり合いに使う主力大型計略は別に用意した上で、サブ全体強化として運用する形が現実的。