行動隊長エルダー

「わざと?わざと?ねぇ!?」

【名前】 行動隊長エルダー
【読み方】 こうどうたいちょうえるだー
【声】 千葉繁(ゴーカイジャー)
【登場作品】 海賊戦隊ゴーカイジャー
海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE
仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z
【登場話(ゴーカイジャー)】 第8話「スパイ小作戦」
【所属】 宇宙帝国ザンギャック
【分類】 行動隊長/スニークブラザース
【強化改造】 不明
【特殊任務】 ゴーカイジャー情報収集作戦
【生物モチーフ】 ウニ
【名前の由来】 年上(英:elder)

【海賊戦隊ゴーカイジャー】

ザンギャックの行動隊長。ヤンガーの兄。

トゲトゲの付いた小さな赤色のボールのような宇宙人そのままの姿をしている。
手足もない為に転がりながら移動し、弟・ヤンガーとはテレパシーのような能力で意思疎通を行う。

インサーンからの信頼は厚く、ダマラスの命で弟と共にゴーカイガレオンへの潜入捜査を開始する。
移動や攻撃も弟に投げて貰って行うが、息の合った兄弟の筈なのに投げて貰う度に常に酷い目に遭う(潜入する際に何回も失敗して水中に落下している)。

弟とは結束が強く、お互いに信頼し合っているが、ゴーカイガレオンに自身を投げ込ませる際に何度も外れて酷い目に遭った為、上記の台詞で疑いはしたものの兄弟の結束は揺らがなかった(戦闘の際は自身を跳弾させる事でゴーカイジャーを苦戦させている)。

ゴーカイガレオンに潜入し、「彼らが『大いなる力』を探している」という情報を入手する。
しかし、ジョーが開けたドアに挟まれたり、ルカに饅頭と間違われて齧り付かれたりと散々な目に遭う。

その後、上手く身を隠して諜報活動を続けるが、ナビィのお宝ナビゲートに突っ込みを入れた為に存在が露見し、ジョーにバットで追い出されてしまう。
追って来たゴーカイジャーに兵隊ゴーミンを一掃され、兄弟の抜群のコンビネーションで圧倒するが、ゴーグルファイブに豪快チェンジしたゴーカイジャーのゴーグルリボンによる攻撃にヤンガーと共に翻弄され、ゴーカイスラッシュをヤンガーと共に受け敗北。

その直後、巨大化ビームをヤンガーと共に浴びて巨大化する。
しかし、元のサイズが従来より小さい為に等身大化しただけに過ぎず、ヤンガーに投げて貰うが、ゴーカイオーのゴーカイバットでホームランされた事で星になった(その際に「お疲れ様~!」と叫び、ヤンガーに後を任せている)。

【海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン THE MOVIE】

初登場の妹・シスターと共に登場。

無数の兄弟と共に魔空都市に出現し、ハリケンイエロー(イエロー)とバトルケニア(グリーン)を迎え撃つ。
兄弟と寄り集まって巨大な塊として転がる戦法などで攻撃するが、レッドが烈の救出後に2人に逃走されてしまい、最期はライジングストライク(スペシャルチャージ)で破壊された魔空監獄の爆発にシスター達と共に巻き込まれ葬られた。

【仮面ライダー×スーパー戦隊×宇宙刑事 スーパーヒーロー大戦Z】

スペースショッカーの怪人として登場。

【余談】

「巨大化しても等身大のままだった」怪人シリーズ第26作目次作にも登場している
更に「超小型の姿でヒーロー側の本拠地に侵入した」怪人次作にも登場している

『VSギャバン』で『バトルフィーバーJ』の元バトルケニア/曙四郎、『電子戦隊デンジマン』の元デンジブルー/青梅大五郎が登場する。
両者を演じる大葉健二氏は『宇宙刑事ギャバン』のギャバン/一条寺烈も演じ、1人3役を演じている事になる(これは『宇宙刑事シャイダー』の特別編(第49話)のオマージュ)。

更に特命戦隊ゴーバスターズが先行登場する。

『ゴーカイジャー』で声を演じる千葉氏は『忍者戦隊カクレンジャー』のチョウチンコゾウ以来、17年振りにスーパー戦隊シリーズの怪人の声を演じている。
更に次々作のナレーションを担当し、変身アイテムの音声なども演じている。