トリノイド

ミケラ「『リンゴ』、『ゴリラ』、『ラッパ』…初歩的過ぎる!」

【名前】 トリノイド
【読み方】 とりのいど
【登場作品】 爆竜戦隊アバレンジャー
【所属】 邪命体エヴォリアン
【一覧】 こちらを参照
【名前の由来】 3(希:tri)+人造人間(android

【詳細】

創造の使徒 ミケラが3つのモチーフ(生物、植物、それ以外の何か)を融合させて作り出す等身大の邪命体。

生物ながら機械の剛性を持ち、機械ながら生物の柔軟性を持つ。
基本的に「動物+植物+無生物」だが、どうやって混ぜたのか分からない物も含まれる場合がある(「神隠し」、「釣りバカ」など)。

ネーミングは3つのモチーフを合わせているが、ほとんどは2つを尻取りのように繋げ、もう1つの名称が隠されている事が多い。

製造順に「トリノイド第○号」と呼ばれ、身体の一部にそれぞれの識別番号が付けられている。

等身大で倒された後、命の実が降らせるジャメーバ菌を含む雨を残骸が浴びる事で再生巨大化する。

黎明の使徒 リジェに身体の一部をキスされる事で次元を超えてアナザーアースに出現する。

ミケラの人格が反映している為なのか、愛嬌のある個体が多く、『VSデカレンジャー』でエージェント・アブレラは「ふざけた奴が多い」と発言している。

【余談】

上述の通りに「トリノイドは一度に3つ、更に無生物モチーフにおいて現象や概念などの非物質の物も含む」という従来の怪人と掛け離れたデザインコンセプトがなされている。

デザイナー・さとうけいいち氏によれば、「3つのお題を繋ぎ合わせるのが毎回大変だった」らしい(『百化繚乱[下之巻]』より)。

「トリ」はギリシャ語で「3」という意味を持つ。

巨大化時の声はエコーで加工されているが、サウナギンナンの声だけ二重に加工されている。