クサレ外道衆

【名前】 クサレ外道衆
【読み方】 くされげどうしゅう
【登場作品】 侍戦隊シンケンジャー
【登場話】 第三十一幕「恐竜折神(きょうりゅうおりがみ)」
【名前の由来】 腐れ外道

【詳細】

外道衆の中の外道衆」と呼ばれるクサレアヤカシの集団。

脂目マンプクが大将として率いて、戦闘員のクサレナナシ連中クサレノサカマタが存在する。

かつて初代シンケンレッド/志葉烈堂の手によってマンプクは封印されたが、夏に血祭ドウコクの力が増した影響で復活する。
一万もの軍勢でシンケンジャーと対峙するが、キョウリュウマルの出現によって全滅した。

本編では生き残りのアゼミドロが出現し、こちらもシンケンジャーに倒された事で滅び去った。

【余談】

筋殻アクマロからはマンプクとの戦いの事を「夏の陣」と発言している。