和田毅

背番号21 投手 左投左打

  • 純和風イケメン。名前の読みは「つよし」。
  • ファンやホークス関係者からの愛称は「ワッチ」
  • 球の出所が分かりにくいオーバースローから最速148km/hのストレートとスライダー、チェンジアップ、カーブを投げ分ける。独特なフォームから投げられる球は、打者からすると150km/hオーバーしているように見えるのだとか。コントロールが良いと思われがちだが、実は逆球が大変多い人。飛翔癖もある。


ホークス入団以前


  • 早稲田大卒で、当時のチームメイトには虎の鳥谷や燕の青木らが挙げられる。在学中の2002年(平成14年)には江川卓の持っていた東京六大学野球連盟奪三振記録443を更新し、通算476奪三振まで記録を伸ばした。「早稲田のドクターK」と呼ばれ、プロ注目の投手として各球団が争奪戦を展開した。だもんで、ホークス側は獲得をあきらめていたのだが、「どうして来てくれないのか」とまさかの和田からアプローチ。晴れて2003年に入団決定となる。


ホークス時代


  • 出所のわかりにくい球を武器に、入団1年目からローテの一角を任されると14勝5敗という成績を残し新人王を獲得。その年の日本シリーズでは史上初の新人選手の完投勝利で胴上げ投手にもなった。連続2桁勝利を重ねた他、アテネ、北京と五輪メンバ−にも選出。WBCでは最終選考で落ち、夜にやはり落選したボブさんが部屋を訪れ、残念会をしたとのこと。
  • 和巳離脱後には、杉内とWエースとしてチームの勝ち頭となり、2010年には中日の和田さんとW和田でMVPを受賞。
  • 2011年には左腕最速の200試合で100勝を達成した。オフには大学時代からの夢であるメジャーへの挑戦のため、海外FA権を行使してオリオールズと契約。向こうでの背番号は「18」。奇しくも新垣杉内と鷹の松坂世代3人組が2012年に同じ背番号を付けることに。


MLB挑戦〜


  • 晴れてメジャー挑戦となるも、違和感続出で調整へ。2012年4月23日に元背番号「21」が千賀、そして岩嵜に受け継がれたこともあり、活躍が望まれた……が、結局後半こそ登板試合を重ねることはできたものの、契約終了と悔しい時間を過ごした。2014年シーズンからはカブスとマイナー契約を結ぶ。できた人なだけに、ぜひ糧としてほしい。
  • 迎えた2014年7月9日、手術やリハビリを経てついにメジャー初登板!5回1失点(自責0)と試合をしっかり作り、カブ達の逆転劇で勝負つかずも存在感を見せた。2回目の先発登板では結果を残せなかったものの、日本時間29日に3回目の先発のチャンスを得ると7回1失点で初勝利となった。おめでとう!
  • 2014年8月19日の試合では5回を無失点に抑える好投。豪雨によりコールドゲームとなり、日本人選手のMLB最速初完封……とされていたが、相手ジャイアンツ側のグラウンド整備に不備があったという提訴により、勝利も完封もお預けとなるまさかまさかの展開に。提訴が認められてからの再試合は、実に28年ぶり。21日に5回表から試合が再開すると、登板はなく最速完封こそ逃したものの、チームが逃げ切り3勝目を挙げた。
  • 2015年オフに契約が切れると、迎えた11月7日にホークス復帰が発表された。おかえりなさい。背番号は、慣れ親しんだ「21」。
  • 2016年4月12日の西武戦にてNPB復帰後初勝利をおさめると、以降は勝ち星を重ね、最多勝と最高勝率の2冠に輝いた。


エピソード


  • 奥さんは元グラビアアイドル(美人)・本人はイケメン・NPBの成績も一流・頭も良いと文句のつけどころのないお人だが、英語の才能には恵まれなかったらしく、オリオールズの入団会見でたかせん民一同が頭を抱えた。
  • オフの自主トレは、大場を筆頭に、他球団の選手も参加している。特に大場には相当手を焼いたらしく、普段温厚ながらマジ切れしたとのこと。そのおかげもあってか、2011年に大場は勝ち星を重ねることができた。サンキューワッチ。なお、運命のいたずらか和田のホークス復帰直前にばっさんが中日ドラゴンズに移籍となった。
    • 燕の赤川も自主トレに帯同。2011年にキャリアハイの成績を残したため、勝利するとやくせんから「和田さんのおかげです」とお礼を言われることもあった。そのためたかせんでは「和田の育てた赤川」として活躍を喜ぶ声も多い。
    • 2011年オフ自主トレでは山田や獅子・涌井も帯同を志願している。
  • ハムの多田野とは、大学時代から仲が良く「ただのっち」「つよぽん」と呼び合う間柄。
    • 2011年9月7日、ついに二人の投げ合いが実現しスレはホモまつり状態に。
  • 同級生である松坂大輔とも仲が良く、FA会見の場で「大輔には負けたくない」とコメントしている。
  • 攝津が2012年シーズン初めて開幕投手をつとめることになった際には、電話でアドバイスを送ったりした良い人。2014年の交流戦時にも、阪神のゴメスの対策を細川に電話で伝授したそう。サンキューワッチ。