※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

The Anti-Skullgirl Labs


スカルガール対策研究所は、フランツ・ルノアール王が国の科学的進歩を優先事項と考えていた時代に作られた秘密工作の研究所である。ヴィクター・ガイガー博士によって創立されたこの研究所は、スカルガールの性質を理解し真っ向から立ち向かうための武器や戦士を生み出すことを目的として、キャノピー王国の政府が資金を提供している。残念ながら、この研究所における実験の過程で多くの専門家が命を落としている。
スカルハート偉大戦争によって妻を失ったルノアール王は、大きな罪悪感に苛まれていた。スカルガールとの戦いにおいてこの研究所は必要不可欠であるのにも関わらず、王はここでの実験をすべて停止するよう命じてしまう。しかし王が姿を消してしまうと研究所の活動は密かに再開され、政府の監視がなくなったことから、科学者たちが行う実験はますます怪しさを増していった。
ASGラボは元々9つあったが、現在ではラボ8ラボ0を除いて、全て閉鎖されてしまった。

ラボ一覧(専門分野)

ラボ1&ラボ2(テクノロジーを発展させたラボの研究)
ラボ3(超軍人計画)
ラボ4(携帯式の重火器と乗り物の開発)
ラボ5(特殊な武器の開発)
ラボ6(セオナイト研究)
ラボ7(薬物)
ラボ8(合成パラサイト)
ラボ0(スカルガールの血液の研究)

トリビア

ラボ3とラボ4は研究資源と引き替えに、キャノピー政府のために兵士と武器の開発をかつて担当していた。
ラストホープのメンバーは元々ラボ7に所属していた。
ラボ0の存在が秘匿されていたせいで、ラボ0は他のラボよりも人道に反する研究を進めることができた。
それぞれのラボには「メートル法の集団」なる科学者達がいるが、その数は明かされていない。
ピーコックのストーリーにてラボ8が襲撃された際、ビッグバンドと他のメンバーはなんとか脱出した。
ステージラボ8の背景にいる子供達は、ラボ8の手助けがなければ普通の生活をも送れなかったであろう孤児である。
ラボ8が離反した理由のひとつは、武器の製造がなければ、人々を助けることができたことを証明するためであった。
子供達の世話を正当化するために、ラボ8は彼らは実験体として不適切であるとし、ビッグバンドとピーコックもこのようにして守られた。
主要なASGのメンバーの作られた順番はブラック・ダリアブレイン・ドレインヴィクター・ガイガー博士、ビッグバンド、ハイヴレデュークイリウム、ピーコック、ペインホイールの順である。ブラック・ダリアが最初期だがここでの時系列とは異なり、ビッグバンドとイリウムは戦前の同世代である。
ハイヴとレデュークは同じ時期に紹介され、ピーコックはその少し後にやって来た。
ペインホイールはラボ0でピーコックと同時期に開発された。ピーコックとペインホイールは共に最新のASG兵器である。
添付ファイル