東方同人CDwiki

彼岸花葬 ~the view of spiral riverside~

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集

彼岸花葬 ~the view of spiral riverside~

サークル:UI-70 / Demetori

Number Track Name Arranger Original Works Original Tune Length
01 此岸の塚 (Introduction) 如日 (UI-70) 東方花映塚 此岸の塚 [01:47]
02 花映塚 ~ Higan Retour 徳南・九宝時 (Demetori) 花映塚 ~ Higan Retour [07:06]
03 おてんば恋娘の冒険 徳南・九宝時 (Demetori) おてんば恋娘の冒険 [05:29]
04 幽霊楽団 ~ Phantom Ensemble 徳南・九宝時 (Demetori) 幽霊楽団 ~ Phantom Ensemble [04:45]
05 フラワリングナイト 如日 (UI-70) フラワリングナイト [04:49]
06 ポイズンボディ ~ Forsaken Doll 徳南・九宝時 (Demetori) ポイズンボディ ~ Forsaken Doll [05:44]
07 六十年目の東方裁判 ~ Fate of Sixty Years 徳南・九宝時 (Demetori) 六十年目の東方裁判 ~ Fate of Sixty Years [10:10]
08 花は幻想のままに 徳南 (Demetori) 花は幻想のままに [03:03]
09 春色小径 ~ Colorful Path 如日 (UI-70) 春色小径 ~ Colorful Path [10:12]
10 彼岸帰航 ~ Riverside View 如日 (UI-70) 彼岸帰航 ~ Riverside View [06:03]

詳細

東方花映塚10曲入りアレンジアルバム
UI-70とDemetoriとの共同制作で、打ち込みを使わずちょっと変わった変則HR/HMアルバム
コミックマーケット69(2005/12/30)にて初頒布
イベント価格:1,000円
ショップ価格:1,260円(税込)

Credit

如日(E.Gt、B、Synth)、徳南(A.Gt、E.Gt、B、Synth、Banjo[Tr.3])、九宝時(Dr、Perc、Key)
カバーデザイン: 藤原々々、Mixing/Mastering: majinn

レビュー


  •  「東方花映塚」のプログレッシヴ・テクニカルHR/HMアレンジ。その性質上、原曲から発展・飛躍している部分が多い。
    関西の様式派メタラーUI-70と技巧派プログレッシャーDemetoriがタッグを組んで放つ渾身の一撃。そもそも東方アレンジの生演奏もの自体希少だろうが、これはギター・ベースはおろかドラムまで生演奏(しかも安定感抜群で巧い)。10分越えの曲が2曲も配され、テクニカルなキメや変拍子のズラリと居並ぶ内容に「本当に同人CDなのか?」と疑いたくなる。サウンドはメタリックでありながらも重過ぎず、圧迫感や陰鬱感というよりは案外メロディアスで聴きやすい。とにかく充実の一枚だから、よくあるロック系アレンジに食傷気味の人には特にお勧めできる。
    不穏な空気立ち込めるTr.1で幕開け、続くTr.2で容赦なき11/8拍子に突入(そもそも原曲も変拍子だが)。DREAM THEATER的構築美とKING CRIMSON的暗黒ヘヴィネスが幻想郷の花の異変を妖しく情景描写する。引っかかるようなリフが特徴的なTr.3はバンジョーも飛び出して時折チルノらしさを表しつつ、中間部ギターソロのデイヴ・ギルモアかアンドリュー・ラティマーかという泣きっぷりに思わず顔が歪む。Tr.4は疾走感のあるプログレハードフュージョンな趣で、たまにDEEP PURPLE風味になるドラムも小気味よい。Tr.5は10/8と9/8の複合拍子という意外なアレンジ。中間部に「月時計 ~ ルナダイヤル」や瀟洒なアコースティックパートが挿入されたり、ブレイクしたり(時間停止?)で咲夜さん全部入り。Demetori色出まくりのTr.6は、原曲の6拍子を発展させた変則リフ、変幻自在の手数で迫る九宝時のドラム、アラン・ホールズワース風タッピングや激速スウィープを弾けさす徳南のギター、変態なキメ、ポリリズムにメトリック・モジュレーション他なんでもござれの猛毒アレンジだ。この後のTr.7とTr.9は、サイケデリックな小曲Tr.8を挟んで展開する各10分オーバーの大曲。メロトロンの醸す寂れた風情、ナイーブな叙情とメタルエッジの交錯、泣きのギターのインプロヴィゼーションが鬩ぎあい、なかなか見事な展開を見せる。最後のTr.10はUI-70面目躍如な様式寄りストレートメタルサウンドなので、アルバム通しでも爽やかな聴後感を齎しており、さり気ない配慮を感じる。
    ちなみに、CDケースが反対開きで、五人一首のような天の邪鬼っぷり(?)がどこまでも変則的。 -- 蝦夷の人 (2006-10-18 07:30:42)
  • プログレッシヴサイケデスメタル
    キングクリムゾンのようなチェンバーな空気もたまらない -- 実は東方に興味ない (2009-09-18 17:23:20)
  • 意外にもDemetoriの東方アレンジはこのアルバムが最初。
    2005年当時はただでさえ生演奏アレンジが少なかったのだが、とてもじゃないがその時に作られたとは思えない程の完成度の高さ。
    徳南・如日両氏のハイレベルなギターはもちろん、九宝時氏の超精密なドラミングは聞いていて心地がいい。


    生演奏HR/HMアレンジの先駆者とも言えるサークルUI-70、今やHR/HMアレンジの定番となったサークルDemetori。
    この両サークルがいかに高度な技術を持っているか、がよくわかる超傑作。
    高いお金出して買った価値は十分すぎるほどありましたので、墓場まで持って行きます。 -- 名無し (2010-04-28 22:48:48)
  • 私はこれを聞いてプログレの世界に入りました。少数かもしれませんが、私は後のdemetoriより
    このアルバムこそが最高傑作だと今でも思っています。ところどころ今のと比べると技術として劣るところもありますが
    このコンセプト、曲の長さ、独特の雰囲気、あげればきりがないほど私は好きです。
    キングクリムゾンを聞いた後でもよいですが、まだプログレを聞いたことがない人、今までにない匂いに拒絶してしまうかも
    れませんが、ぜひ、ぜひ聞いてみてください!!もしかしたらあなたに新しい扉が開くかもしれません。 -- 名無しさん (2010-05-18 23:54:59)
  • Tr.7の最後、Another Dayにしか聞こえない!! -- 名無しさん (2011-07-27 01:51:48)
  • 中古で5.3k。高い。でも2005とは思えないサウンド。
    DemeらしさもUIらしさも両方あります(如日氏と徳南氏のサウンドはきっちり分かれています)
    反対開きって仕様だったのですかw -- 名無しさん (2011-08-28 16:43:05)
  • ブログに書かれてた「Area」の「1978」収録の
    「Il Bandito Del Deserto」と
    「ポイズンボディ ~ Forsaken Doll」が似ているような…? -- 名無しさん (2011-11-08 01:24:29)
  • Demetoriの楽曲を一周してきてこのアルバムに戻ると、2005年当時のDemetoriが如何にプログレ寄りだったかがわかる。
    近年の洗練されたメタル寄りなDemetoriサウンドに食傷気味な人はこのアルバムを引っ張り出してみると良いかもしれない。


    個人的にはTr.7を推したい。
    原曲を発展飛躍させてなおSTAIRWAY TO HEVENを彷彿とさせる構成美は勿論、冒頭、静謐を感じさせるメロトロンとナイロン弦に
    始まり、そこから一気にヘヴィリフで盛り上がる様、情感たっぷりのギターソロ、そしてAnother Dayを彷彿とさせるラスト…
    それらが東方花映塚という作品を表現しきった名曲だと思う。
    私の短い人生の中でも五指に入る曲だ。
    -- 名無し (2012-03-03 00:59:15)
名前:
コメント: