築山出張 @ ウィキ

0728小笠原ゲームp.1

最終更新:

tsukyama

- view
管理者のみ編集可

「舞さんと見る小笠原の雪」 07/28小笠原ゲーム


p.2

つきやままつり@ヲチ藩国:
こんばんは
小笠原ゲームをお願いにまいりました

芝村:
はい。どうぞ。
まず記事をくださいな。

つきやままつり@ヲチ藩国:
はい

現在取得申請中(提出済み)のACE一名を呼んで小笠原分校でのミニイベントを申請します。
2700526:
つきやま まつり
使用するのはミニイベント:
個人マイル10
よろしくお願いします。
(本日投稿分です)
舞さんをお願いします

芝村:
はい。
舞はマイルがいらないね。OK

つきやままつり@ヲチ藩国:
ありがとうございます
(ジェントルラットのみなさんありがとうございます)

芝村:
はい。
イベントは何を?

つきやままつり@ヲチ藩国:
はい
昼休みでお願いします

芝村:
はい。
では2分お待ちください。

つきやままつり@ヲチ藩国:
はい

芝村:
/*/

光の雪が降っています。

つきやままつり:
「わあ、やっぱり…」(窓の外を眺める)

芝村:
舞も見ているね。

つきやままつり:
「屋外は怖いなあ」

舞:
「ひさしぶりだな。これを見るのは」

つきやままつり:
「前にも見たことあるんですか?」

舞:
「ああ」
「熊本で、見た」

芝村:
舞は目を細めている。

つきやままつり:
「え、そうなんですか …知りませんでした」
(熊本……)

つきやままつり:
「そのときは誰か具合が悪くなったりしませんでした?」

つきやままつり:
「舞さんは…大丈夫ですか? 今」

舞:
「私は大丈夫だ。まだ」

つきやままつり:
「よかった」
(笑います)

舞:
「瀬戸口や田辺、田代だな。影響を受けるのは」

つきやままつり:
「具合が悪くなったりしたら、青… 厚志さんにも申し訳ないから」

舞:
「青は……まあ、どうにかするだろう。あれはそういうものだ」

つきやままつり:
「瀬戸口君… 田辺さんもですか」

つきやままつり:
「あ、いや お呼びして舞さんがどうかなったら私がこ……」

舞:
「私が影響を受ける時は、おそらく全員がひどいことになっているだろう」

つきやままつり:
「そうですか…… ここまで来るのが遅かったなあ」

舞:
「私は、ただの人間だ。それがいいときもあるというだけだ」

つきやままつり:
「そうですねー 肉体的には、かなあ」

つきやままつり:
「私ね、舞さんと普通におしゃべりしてみたかったんです ずっと」

芝村:
舞は笑った。

つきやままつり:
(ちょっと照れます)

舞:
「私も猫も、そうかわらないと思うぞ」

つきやままつり:
「猫? 猫ってにゃ~んていうあの猫?」

舞:
「とはいえ、それと私が私を特別に思うのは別だ。世界は特別でなくても特別になれる」

つきやままつり:
「はい」

芝村:
舞は猫語でブータを呼んだ。抱き上げた。

つきやままつり:
(猫語?!)
わあ ブータ…さん ここでははじめまして!」

ブータ:
「にゃ」

つきやままつり:
「わあい、背中撫でてもいいですか?」
「ほっぺおかきしましょうか」

芝村:
ブータは特にさしゆるすとうなずいた。

つきやままつり:
「ありがとうございます!」
背中を撫でてからほほを指でごしごしかきました。

芝村:
ブータは目を細めている。
ご満悦だ。

つきやままつり:
「5121に参加したときはお世話になりました」

芝村:
ブータはうなずいた。

つきやままつり:
「舞さん ブータさんと仲良くなったんですねえ」

舞:
「猫とでもしゃべれるのだ。人間同士ならなおさらだろう。何を悩んでるかは、知らぬが」

つきやままつり:
「…はははは やだなあ 顔に出てます?」

舞:
「いや。勘だ」

つきやままつり:
「そうですか」
(窓の外に目をやりながら)
「--終わりが近いんですって」

舞:
「どんなものにも終わりがあるが、それは今ではあるまい」

つきやままつり:
「んー。そうですねえ、終わらないものはないんですけど」
「空回りしたのかなあ、とか」

舞:
「良くわからぬが、空回りしても回転はしているのだろう。回転力を生かせばよいだけの話だ」
「あまり、思いつめないことだ」

つきやままつり:
「はい… ありがとうございます」
(ブータのお顔マッサージをつづけます)

芝村:
ブータはいい気持ちのようだ。

つきやままつり:
「ブータさんも大丈夫そうですね 雪、まだ」

舞:
「能力を引き下げればいい。」
次のページへ