ファイブキング

超合体怪獣 ファイブキング


備考

TV『新ウルトラマン列伝』作中作品、「ウルトラマンギンガS」第7話、第8話に登場。
チブル星人エクセラーが、強奪に成功したビクトリウム鉱石のエネルギーを使い、ファイヤーゴルザ、メルバ、レイキュバス、スーパーコッヴ、ガンQの五体のスパークドールズと同時にモンスライブして誕生した。
各部の怪獣の能力を自在に使いこなすことで、凄まじい戦闘能力を誇る。
左腕の盾状のガンQの眼で敵の光線技を吸収、反射でき、超コッヴの胴体からの無数の連続光弾を発射し、右腕のレイキュバスのハサミから発射する冷気と火炎の同時光線発射、ファイヤーゴルザの頭部とメルバの目から同時に光線を放つ等。
戦闘後の消耗した状態とは言え、ウルトラマンギンガストリウムウルトラマンビクトリー、星獣シェパードンを同時に戦闘不能に追い込み、礼堂ヒカルがライブしたEXレッドキングや、エレキング、キングジョーカスタムを正面から撃破している。
その後、シェパードンのビクトリウム鉱石の力で復活したギンガストリウムとビクトリーの連係攻撃に徐々に追い込まれ、最後はギンガストリウムのストリウム光線の直撃を受けて爆散している。
『劇場版 ウルトラマンギンガS 決戦!ウルトラ10勇士!!』にもエタルガーの生み出したエタルダミーとして再び登場、母体となった五匹の怪獣と因縁の深いティガダイナガイアと激突する。

ウルトラ大集結!後編から登場したボス怪獣。二つの属性のプラズマソウルを宿している。
戦闘中盤から終盤にかけて一定の確率で作中同様、ハンター達の攻撃を吸収+反射してくる能力を有している。
この攻撃の発動中は通常攻撃だけでなく、必殺技、トクギ、ハンターアイテム、通常のショップアイテム、ありとあらゆるものを吸収してしまう。(チームヒッサツは例外的にダメージを与え、吸収を中断させることも可能である)
ファイブキングが左手を向けて、周囲の空気を吸うような行動を初めたら吸収開始の合図となり、十数秒後、4人のプレイヤーの誰かに大ダメージを反射してくる。
一番有効な中断方法はカネゴンショップで戦闘直前に購入できる『フラッシュライト』を使用することで吸収を即座に中断、混乱状態にすることが出来る(ダメージは与えられないので、ミニゲームを手早く終わらせて必殺技ゲージやチーム必殺ゲージをチャージすることに専念するのが良いだろう)
また、吸収行動から反射行動に移行する一瞬に行動阻害のハンターアイテムや必殺技を命中させることで反射を中断、必殺技ならばダメージを与えることも可能。タイミングが非常にシビアだが、実行可能であれば非常に有効な手段である。

必殺技

「ゴルメルバキャノン」(全員で息を合わせてボタン押し(盾)タイプ、ラッシュチャンス有り)
「ローリングメルバテイル」(全員に前後予想タイプ、ガード失敗時に必殺技ゲージ-3のペナルティ有)
「ガンQビーム」(怒り時、全員に前後タイプ)
「コッヴビーム」(順番に高速前後タイプ、ラッシュチャンス有り)

弱点武器