暁の霊園

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 暁の霊園 RD:19 評価値:7
    • 大部品: 霊園の概要 RD:2 評価値:1
      • 部品: 暁の円卓の葬祭事情
      • 部品: 宗教・国籍による制限はない
    • 大部品: 葬儀と墓地 RD:12 評価値:6
      • 大部品: 葬儀 RD:9 評価値:5
        • 部品: 死者を弔う
        • 部品: お別れを言う
        • 部品: 供え物をする
        • 部品: 葬送
        • 部品: 身元不明遺体の葬儀
        • 大部品: 遺体の処理法 RD:4 評価値:3
          • 部品: 公衆衛生、倫理的な理由から
          • 部品: 火葬(燃やす)
          • 部品: 土葬(埋める)
          • 部品: 水葬(流す)
      • 大部品: 墓地 RD:3 評価値:2
        • 部品: 墓地・霊園とは
        • 部品: 墓とは何か
        • 部品: 墓参りとは
    • 大部品: 霊園内の様子 RD:5 評価値:3
      • 部品: 広い敷地
      • 部品: 公園のような雰囲気
      • 部品: 様々な形・大きさの墓
      • 部品: 墓参りにくる人々
      • 部品: 墓荒らし対策



部品定義


部品: 暁の円卓の葬祭事情

暁には国教という概念はなく、人によって信仰している対象も様々で不可知論者も多い。そのため死者を弔う方法も様々だが、埋葬する場合などは郊外にあるこの暁の霊園を利用することが多い。

部品: 宗教・国籍による制限はない

国教がない暁の円卓の霊園ゆえ、宗教や国籍の制約はなく、家族や生前の本人などが葬式の形式を選ぶことができる。

部品: 死者を弔う

死者を弔い、葬る際の儀式。それを行う人たちの死生観、宗教観が深く反映される。人間社会では非常に古い時代から行われてきた。

部品: お別れを言う

葬儀は残された人々が故人の死を心の中で受け止めるのを援助する儀式でもある。故人に対し各々最後にかけたい言葉、想いなどを口にしたり死後の平穏を祈ったりする。

部品: 供え物をする

花や、故人が生前好きだったもの、思い出の品、手紙などを供え、一緒に埋葬する。文化によっては死後の世界に持って行ってもらいたいものなどを副葬品として供えることもある。

部品: 葬送

死者と最後の別れをし、火葬場、墓地に送り出すこと。民族や宗教ごとに異なるが、会葬者が遺骸を囲み搬送するという方法は多くの民族で共通している。

部品: 身元不明遺体の葬儀

本人の氏名または本籍地・住所などが判明せず、かつ遺体の引き取り手が存在しない身元不明の死者については、死亡推定日時や発見された場所、所持品や外見などの特徴を記録した後、自治体が火葬にして遺骨を保存。数年経っても縁者が現れない場合は合葬墓に葬られる。

部品: 公衆衛生、倫理的な理由から

故人の遺体の処理方法は時代や文化、宗教観によって様々な方法があるが、衛生面や故人の尊厳を保つ目的から遺体が目に触れない状態にするというのは共通している。伝染病などによって死亡した場合は適切に消毒し対処することが必要な場合もある。

部品: 火葬(燃やす)

葬送の一手段として遺体を焼却すること。土葬のように埋葬地には困らないが、温度が上がりにくい水分や分子構造が巨大で複雑なタンパク質を多量に含んだ遺体という物質を焼骨に変えるまで燃やすには、火力と相応の技術が必要になる。

部品: 土葬(埋める)

穴を掘って遺体をそのまま地中に葬る葬送方法。火葬に対して否定的な宗教では土葬が行われることが多い。棺や桶に入れて埋めたり、布でくるんだりする。

部品: 水葬(流す)

遺体を海や川に沈める葬送方法。宗教や文化的な理由以外に、洋上での死者(軍民問わず)や、上陸戦での犠牲者に対して遺体搬送が困難な場合行われることも多い。

部品: 墓地・霊園とは

墓を建てるための区域。人口の密集した都市の城壁の内部に遺体を埋葬することは、伝染病の蔓延につながり公衆衛生上深刻な問題となることもあるため、郊外に作られることが多い。公園のように明るく綺麗に整備された墓地を霊園と呼ぶ。

部品: 墓とは何か

遺体または遺骨、遺品などを収めて故人を弔う構造物。死者の霊を慰めたり祀ったりするために廟、神社、慰霊碑などが建設されることもある。権力者などは巨大な墓を生前から築く場合も多く、故人の為した業績を後世へ伝えるという性格も持つ。

部品: 墓参りとは

故人を忍んで墓を訪れ、供え物をしたり拝んだりすること。故人の命日や、宗教によってはお盆など年中行事として行われることもある。

部品: 広い敷地

郊外の豊富な敷地を利用しており、面積は128万0237平方メートルと、かなりの広さがある。一周するのは大変である。

部品: 公園のような雰囲気

敷地内は綺麗に整備され、花も咲き、墓場独特の薄暗い雰囲気はなく、むしろゆっくり散歩でもしたい気分になる。

部品: 様々な形・大きさの墓

敷地内にある墓石は四角いものから円形、十字型のものまで、形も大きさも様々である。一つの墓の大きさは上限が決められており極端に大きな墓はない。

部品: 墓参りにくる人々

霊園には毎日、命日を迎えた人の家族や知人などが墓参りに訪れている。霊園は広いため、案内人が置かれている。

部品: 墓荒らし対策

供え物や副葬品目当てで墓を荒らす不届き者を防ぐため、霊園は高めの柵で囲まれ、腕っ節のいい案内人が見張りも兼ねている。



提出書式


 大部品: 暁の霊園 RD:19 評価値:7
 -大部品: 霊園の概要 RD:2 評価値:1
 --部品: 暁の円卓の葬祭事情
 --部品: 宗教・国籍による制限はない
 -大部品: 葬儀と墓地 RD:12 評価値:6
 --大部品: 葬儀 RD:9 評価値:5
 ---部品: 死者を弔う
 ---部品: お別れを言う
 ---部品: 供え物をする
 ---部品: 葬送
 ---部品: 身元不明遺体の葬儀
 ---大部品: 遺体の処理法 RD:4 評価値:3
 ----部品: 公衆衛生、倫理的な理由から
 ----部品: 火葬(燃やす)
 ----部品: 土葬(埋める)
 ----部品: 水葬(流す)
 --大部品: 墓地 RD:3 評価値:2
 ---部品: 墓地・霊園とは
 ---部品: 墓とは何か
 ---部品: 墓参りとは
 -大部品: 霊園内の様子 RD:5 評価値:3
 --部品: 広い敷地
 --部品: 公園のような雰囲気
 --部品: 様々な形・大きさの墓
 --部品: 墓参りにくる人々
 --部品: 墓荒らし対策
 
 
 部品: 暁の円卓の葬祭事情
 暁には国教という概念はなく、人によって信仰している対象も様々で不可知論者も多い。そのため死者を弔う方法も様々だが、埋葬する場合などは郊外にあるこの暁の霊園を利用することが多い。
 
 部品: 宗教・国籍による制限はない
 国教がない暁の円卓の霊園ゆえ、宗教や国籍の制約はなく、家族や生前の本人などが葬式の形式を選ぶことができる。
 
 部品: 死者を弔う
 死者を弔い、葬る際の儀式。それを行う人たちの死生観、宗教観が深く反映される。人間社会では非常に古い時代から行われてきた。
 
 部品: お別れを言う
 葬儀は残された人々が故人の死を心の中で受け止めるのを援助する儀式でもある。故人に対し各々最後にかけたい言葉、想いなどを口にしたり死後の平穏を祈ったりする。
 
 部品: 供え物をする
 花や、故人が生前好きだったもの、思い出の品、手紙などを供え、一緒に埋葬する。文化によっては死後の世界に持って行ってもらいたいものなどを副葬品として供えることもある。
 
 部品: 葬送
 死者と最後の別れをし、火葬場、墓地に送り出すこと。民族や宗教ごとに異なるが、会葬者が遺骸を囲み搬送するという方法は多くの民族で共通している。
 
 部品: 身元不明遺体の葬儀
 本人の氏名または本籍地・住所などが判明せず、かつ遺体の引き取り手が存在しない身元不明の死者については、死亡推定日時や発見された場所、所持品や外見などの特徴を記録した後、自治体が火葬にして遺骨を保存。数年経っても縁者が現れない場合は合葬墓に葬られる。
 
 部品: 公衆衛生、倫理的な理由から
 故人の遺体の処理方法は時代や文化、宗教観によって様々な方法があるが、衛生面や故人の尊厳を保つ目的から遺体が目に触れない状態にするというのは共通している。伝染病などによって死亡した場合は適切に消毒し対処することが必要な場合もある。
 
 部品: 火葬(燃やす)
 葬送の一手段として遺体を焼却すること。土葬のように埋葬地には困らないが、温度が上がりにくい水分や分子構造が巨大で複雑なタンパク質を多量に含んだ遺体という物質を焼骨に変えるまで燃やすには、火力と相応の技術が必要になる。
 
 部品: 土葬(埋める)
 穴を掘って遺体をそのまま地中に葬る葬送方法。火葬に対して否定的な宗教では土葬が行われることが多い。棺や桶に入れて埋めたり、布でくるんだりする。
 
 部品: 水葬(流す)
 遺体を海や川に沈める葬送方法。宗教や文化的な理由以外に、洋上での死者(軍民問わず)や、上陸戦での犠牲者に対して遺体搬送が困難な場合行われることも多い。
 
 部品: 墓地・霊園とは
 墓を建てるための区域。人口の密集した都市の城壁の内部に遺体を埋葬することは、伝染病の蔓延につながり公衆衛生上深刻な問題となることもあるため、郊外に作られることが多い。公園のように明るく綺麗に整備された墓地を霊園と呼ぶ。
 
 部品: 墓とは何か
 遺体または遺骨、遺品などを収めて故人を弔う構造物。死者の霊を慰めたり祀ったりするために廟、神社、慰霊碑などが建設されることもある。権力者などは巨大な墓を生前から築く場合も多く、故人の為した業績を後世へ伝えるという性格も持つ。
 
 部品: 墓参りとは
 故人を忍んで墓を訪れ、供え物をしたり拝んだりすること。故人の命日や、宗教によってはお盆など年中行事として行われることもある。
 
 部品: 広い敷地
 郊外の豊富な敷地を利用しており、面積は128万0237平方メートルと、かなりの広さがある。一周するのは大変である。
 
 部品: 公園のような雰囲気
 敷地内は綺麗に整備され、花も咲き、墓場独特の薄暗い雰囲気はなく、むしろゆっくり散歩でもしたい気分になる。
 
 部品: 様々な形・大きさの墓
 敷地内にある墓石は四角いものから円形、十字型のものまで、形も大きさも様々である。一つの墓の大きさは上限が決められており極端に大きな墓はない。
 
 部品: 墓参りにくる人々
 霊園には毎日、命日を迎えた人の家族や知人などが墓参りに訪れている。霊園は広いため、案内人が置かれている。
 
 部品: 墓荒らし対策
 供え物や副葬品目当てで墓を荒らす不届き者を防ぐため、霊園は高めの柵で囲まれ、腕っ節のいい案内人が見張りも兼ねている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "暁の霊園",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "霊園の概要",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "暁の円卓の葬祭事情",
             "description": "暁には国教という概念はなく、人によって信仰している対象も様々で不可知論者も多い。そのため死者を弔う方法も様々だが、埋葬する場合などは郊外にあるこの暁の霊園を利用することが多い。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "宗教・国籍による制限はない",
             "description": "国教がない暁の円卓の霊園ゆえ、宗教や国籍の制約はなく、家族や生前の本人などが葬式の形式を選ぶことができる。",
             "part_type": "part"
           }
         ]
       },
       {
         "title": "葬儀と墓地",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "葬儀",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "死者を弔う",
                 "description": "死者を弔い、葬る際の儀式。それを行う人たちの死生観、宗教観が深く反映される。人間社会では非常に古い時代から行われてきた。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "お別れを言う",
                 "description": "葬儀は残された人々が故人の死を心の中で受け止めるのを援助する儀式でもある。故人に対し各々最後にかけたい言葉、想いなどを口にしたり死後の平穏を祈ったりする。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "供え物をする",
                 "description": "花や、故人が生前好きだったもの、思い出の品、手紙などを供え、一緒に埋葬する。文化によっては死後の世界に持って行ってもらいたいものなどを副葬品として供えることもある。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "葬送",
                 "description": "死者と最後の別れをし、火葬場、墓地に送り出すこと。民族や宗教ごとに異なるが、会葬者が遺骸を囲み搬送するという方法は多くの民族で共通している。",
                 "part_type": "part",
                 "expanded": true
               },
               {
                 "title": "身元不明遺体の葬儀",
                 "description": "本人の氏名または本籍地・住所などが判明せず、かつ遺体の引き取り手が存在しない身元不明の死者については、死亡推定日時や発見された場所、所持品や外見などの特徴を記録した後、自治体が火葬にして遺骨を保存。数年経っても縁者が現れない場合は合葬墓に葬られる。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "遺体の処理法",
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "title": "公衆衛生、倫理的な理由から",
                     "description": "故人の遺体の処理方法は時代や文化、宗教観によって様々な方法があるが、衛生面や故人の尊厳を保つ目的から遺体が目に触れない状態にするというのは共通している。伝染病などによって死亡した場合は適切に消毒し対処することが必要な場合もある。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "火葬(燃やす)",
                     "description": "葬送の一手段として遺体を焼却すること。土葬のように埋葬地には困らないが、温度が上がりにくい水分や分子構造が巨大で複雑なタンパク質を多量に含んだ遺体という物質を焼骨に変えるまで燃やすには、火力と相応の技術が必要になる。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "土葬(埋める)",
                     "description": "穴を掘って遺体をそのまま地中に葬る葬送方法。火葬に対して否定的な宗教では土葬が行われることが多い。棺や桶に入れて埋めたり、布でくるんだりする。",
                     "part_type": "part"
                   },
                   {
                     "title": "水葬(流す)",
                     "description": "遺体を海や川に沈める葬送方法。宗教や文化的な理由以外に、洋上での死者(軍民問わず)や、上陸戦での犠牲者に対して遺体搬送が困難な場合行われることも多い。",
                     "part_type": "part"
                   }
                 ]
               }
             ],
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "墓地",
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "title": "墓地・霊園とは",
                 "description": "墓を建てるための区域。人口の密集した都市の城壁の内部に遺体を埋葬することは、伝染病の蔓延につながり公衆衛生上深刻な問題となることもあるため、郊外に作られることが多い。公園のように明るく綺麗に整備された墓地を霊園と呼ぶ。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "墓とは何か",
                 "description": "遺体または遺骨、遺品などを収めて故人を弔う構造物。死者の霊を慰めたり祀ったりするために廟、神社、慰霊碑などが建設されることもある。権力者などは巨大な墓を生前から築く場合も多く、故人の為した業績を後世へ伝えるという性格も持つ。",
                 "part_type": "part"
               },
               {
                 "title": "墓参りとは",
                 "description": "故人を忍んで墓を訪れ、供え物をしたり拝んだりすること。故人の命日や、宗教によってはお盆など年中行事として行われることもある。",
                 "part_type": "part"
               }
             ],
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "霊園内の様子",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "広い敷地",
             "description": "郊外の豊富な敷地を利用しており、面積は128万0237平方メートルと、かなりの広さがある。一周するのは大変である。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "公園のような雰囲気",
             "description": "敷地内は綺麗に整備され、花も咲き、墓場独特の薄暗い雰囲気はなく、むしろゆっくり散歩でもしたい気分になる。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "様々な形・大きさの墓",
             "description": "敷地内にある墓石は四角いものから円形、十字型のものまで、形も大きさも様々である。一つの墓の大きさは上限が決められており極端に大きな墓はない。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "墓参りにくる人々",
             "description": "霊園には毎日、命日を迎えた人の家族や知人などが墓参りに訪れている。霊園は広いため、案内人が置かれている。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "墓荒らし対策",
             "description": "供え物や副葬品目当てで墓を荒らす不届き者を防ぐため、霊園は高めの柵で囲まれ、腕っ節のいい案内人が見張りも兼ねている。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]