青様親衛隊

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大部品: 青様親衛隊(T22) RD:115 評価値:11
  • 大部品: 青様親衛隊(T22) RD:9 評価値:5
    • 部品: 青様親衛隊とはなにか(概要)
    • 部品: 設立の経緯
    • 部品: 青様に対する愛
    • 部品: 親衛隊への入隊理由
    • 部品: 親衛隊の年齢・性別構成
    • 部品: 親衛隊独自の情報網
    • 部品: 親衛隊の普段の活動
    • 部品: 親衛隊への在籍資格
    • 部品: 禁止事項
  • 大部品: 会員証(T22) RD:6 評価値:4
    • 部品: 会員証の概要について
    • 部品: 用途
    • 大部品: 青様親衛隊会員証 RD:4 評価値:3
      • 部品: 会員番号と名前
      • 大部品: 青様親衛隊の隊員とは RD:2 評価値:2
        • 部品: 青様への愛を胸に抱きし者達
        • 部品: 親衛隊員の愛と活動
      • 大部品: 流用実績部品(青様親衛隊会員証) RD:1 評価値:1
        • 部品: 流用実績(青様親衛隊会員証)
  • 大部品: 交流会 RD:4 評価値:3
    • 部品: 交流会の概要
    • 部品: 出品作品について
    • 部品: 使用される独自通貨
    • 部品: アンケートの実施
  • 部品: 歌を歌う
  • 大部品: 愛を込めた踊り RD:7 評価値:5
    • 部品: 団長による踊りの考案
    • 部品: 相談しながら振り付けを作る
    • 部品: 踊りの練習
    • 部品: 統率のとれた動き
    • 部品: 踊りのリズム
    • 部品: みんなの笑顔
    • 部品: 踊りの種類
  • 部品: 青様親衛隊章(シンボルマーク)
  • 大部品: 青様親衛隊規則(隊員は遵守) RD:11 評価値:6
    • 部品: 本規則の目的
    • 部品: 第二条 信念について
    • 部品: 第三条 心得について
    • 部品: 第四条 活動時の周辺美化について
    • 部品: 第五条 反社会的勢力の排除について
    • 部品: 第六条 罰則
    • 部品: 第七条 稟議規定
    • 部品: 規則の遵守の誓い
    • 部品: 違反ポイントと罰則について
    • 部品: 違反をした隊員との面談
    • 部品: 第一条 愛について
  • 大部品: 青い団幕 RD:2 評価値:2
    • 部品: 団幕の大きさ
    • 部品: 団幕に書かれた文字
  • 大部品: 青様親衛隊のシンボルたる旗 RD:3 評価値:3
    • 部品: 旗の大きさと色
    • 部品: 旗に書かれた文字とマ-ク
    • 部品: 旗を振る人間
  • 大部品: 活動資金について RD:2 評価値:2
    • 部品: 活動資金
    • 部品: 他組織からの金銭の受け取り禁止
  • 大部品: 制服 RD:9 評価値:5
    • 大部品: 法被 RD:5 評価値:4
      • 部品: 法被の概要
      • 部品: 真っ青な色
      • 部品: スタイリッシュなデザイン
      • 部品: 背中の文字
      • 部品: 豊富なサイズ展開
    • 部品: ハチマキ
    • 部品: リストバンド
    • 大部品: 青いタオル RD:2 評価値:2
      • 部品: ふかふかの素材
      • 部品: さりげないデザイン
  • 大部品: 青様親衛隊会報(T22) RD:7 評価値:5
    • 大部品: 青様通信 RD:7 評価値:5
      • 大部品: 又の名を「青様会報」 RD:1 評価値:1
        • 部品: 概要
      • 大部品: 内容 RD:4 評価値:3
        • 部品: ファンイラスト
        • 部品: ポエム
        • 部品: リレー小説
        • 部品: 他にもいろいろ
      • 部品: 会報の禁止事項
      • 部品: バックナンバーの保存
  • 大部品: 青様親衛隊本部(暁の円卓)(T22) RD:42 評価値:9
    • 大部品: 本部の立地 RD:1 評価値:1
      • 部品: 本部と雷神神社
    • 大部品: 本部の外観と機能 RD:4 評価値:3
      • 部品: 本部建物
      • 部品: 外の花壇
      • 部品: 清潔な水道水
      • 部品: 青いポスト
    • 大部品: 本部二階 RD:10 評価値:5
      • 大部品: 生活スペース RD:10 評価値:5
        • 部品: 隊員用の宿泊用設備
        • 部品: 和室
        • 部品: 暁流布団干しで干した布団
        • 部品: 掃除道具
        • 大部品: シンプルなキッチン RD:4 評価値:3
          • 部品: 料理道具と食器
          • 部品: かまど
          • 部品: 流し台
          • 部品: キッチンの内装
        • 部品: タライと洗濯板
        • 部品: 個室の清潔な洋式トイレ
    • 大部品: 本部一階(T22) RD:7 評価値:5
      • 大部品: 執務室(T22) RD:2 評価値:2
        • 部品: 執務室の内装
        • 部品: 事務用品の用意
      • 大部品: 応接室 RD:2 評価値:2
        • 部品: くつろげる空間
        • 部品: おもてなし
      • 大部品: 展示室 RD:2 評価値:2
        • 部品: 青様の壁画
        • 部品: 青様グッズ
      • 部品: お風呂
    • 大部品: 猫と暮らす RD:1 評価値:1
      • 部品: 猫が居心地良く暮らせる環境
    • 部品: 地下倉庫
    • 大部品: 安全対策 RD:2 評価値:2
      • 部品: 災害への備え
      • 部品: 吏族による定期査察と、自主的な防犯、管理
    • 部品: 本部維持にかかる費用の支払い
    • 大部品: 親衛隊の馬舎 RD:4 評価値:3
      • 部品: 木製の馬小屋
      • 部品: ばん馬の暮らせる環境
      • 部品: 小屋を清潔に保つ
      • 部品: ばん馬とのコミュニケーション
    • 大部品: 親衛隊本部の小さな電波塔 RD:11 評価値:6
      • 大部品: 無線通信技術 RD:6 評価値:4
        • 部品: 資格
        • 部品: 変調方式
        • 部品: 送信装置
        • 部品: 受信設備
        • 部品: 電波塔
        • 部品: アンテナ
      • 大部品: 無線基地局 RD:1 評価値:1
        • 部品: 宰相府への繋がり
      • 大部品: そのためだけのもの RD:2 評価値:2
        • 部品: 暁では不必要なもの
        • 部品: つまるところ
      • 大部品: 電力 RD:1 評価値:1
        • 部品: 自家発電
      • 大部品: 整備について RD:1 評価値:1
        • 部品: コウくんにお任せ
  • 大部品: 組織(T22) RD:11 評価値:6
    • 部品: 親衛隊の意思決定者としての義務
    • 部品: 隊長 厚母うぬ
    • 部品: 副隊長 八猫キルケ
    • 部品: 総務 エド・戒
    • 部品: 隊長補佐 左良井ありす
    • 部品: 風紀委員 右梨乃コウ
    • 部品: 保険委員 中宇根つぐみ(T22)
    • 部品: 画家 海里
    • 大部品: 親衛隊の猫士(T22) RD:3 評価値:3
      • 部品: らいらい
      • 部品: なごーる
      • 部品: はーにゃ


部品: 青様親衛隊とはなにか(概要)
今代のシオネ・アラダ、青の厚志の親衛隊。その心は厚志様のために、その拳は厚志様のために。厚志様の幸せを願い厚志様の守る世界を愛し、青様を愛する人々も愛す。それが青様親衛隊である。

部品: 設立の経緯
青様をこよなく愛し慕う一人の女、厚母うぬが同じく青様を愛する人々とその気持ちを共有し、その素晴らしさを世に伝えるために八猫キルケを誘い設立した。

部品: 青様に対する愛
ゆるぎない青様への愛を心に抱く。彼の陽の部分も影の部分も等しく愛し、日々祈りを捧げる。それは信仰に近く、その想いが彼らを一つにする。

部品: 親衛隊への入隊理由
親衛隊への入隊理由は実に様々で、昔彼の出ているゲームをプレイしたという者からつい最近存在を知ったという人までいる。しかし、古参も新参も愛の重さには変わりはない。

部品: 親衛隊の年齢・性別構成
親衛隊には老若男女問わず様々な人々が在籍している。下は5歳から、上は60歳までおり、男女比も半々くらいである。青様を愛する気持ちに年齢も性別も関係ないのである。

部品: 親衛隊独自の情報網
隊員は各々が持つ青様に関する情報について、積極的に共有を行い、彼の活躍を追っている。青様の応援が必要な場所に行ける人間は即座に駆けつけられるのもそのおかげである。

部品: 親衛隊の普段の活動
青様の行動を追い、その活躍を見たり伝聞で聞いたりして愛を深め、その愛を語らうことを主な活動内容とする。また、愛を表現するために踊ったり、青様が現れた際には全力で声援を送る。その他には芝村舞の弱者を守る信念に基づいて災害時のボランティア活動等も行っている。

部品: 親衛隊への在籍資格
基本的に、青様への愛があり、親衛隊規則さえ守ればいつまでも在籍可能である。仕事や育児が忙しく活動や交流に参加できなくとも、青様を愛する心さえあれば在籍資格はなくならず、誰も活動に積極的に参加できないことを責めたりはしない。大事なのはあくまで愛である。

部品: 禁止事項
禁止事項については親衛隊規則で定め、全隊員はそれを遵守する。また、当然藩国法や一般的な道徳、倫理に反する行為は禁止されている。

部品: 会員証の概要について
親衛隊に配布される会員証。会員ナンバーと隊員名が記載されており、交流会に参加する際等は提示が必要。偽装防止のためグラデーション印刷がなされており、本人の署名が必要。

部品: 用途
会員証は交流会などへの参加の際に必要になる。ポイントを貯めることもでき、ポイントと特製青様グッズを交換することも可能。

部品: 会員番号と名前
届いた会員証には会員番号が振り分けられている。カードを使用するには所有者のサインが必要であり、サインが書かれていないカードは使用不可となる。なお、デザインはイラスト付きのものや名刺風のものまで5種類のデザインがあり、隊員は入隊時に好きなものを選べる。デザインの変更は手続きが必要となるが、可能。偽造防止としてグラデーション加工などが個別で施されている。

部品: 青様への愛を胸に抱きし者達
今代のシオネ・アラダ、青の厚志の親衛隊に所属する我らは、彼の幸せを心から願い、彼の姿を、心を、生き方を愛し、彼の守る世界を愛し、その気持ちを共有するためにこの親衛隊に集った。我らを繋ぐのは愛であり、好きだという気持ち、ただそれだけである。

部品: 親衛隊員の愛と活動
我らは日々青様への愛を語らい、時には絵や詩や踊りといった形にし、共有し合う。「好き」は損ではないが、得でもない。我らの活動は世の中の何も動かさないが、 だからと言って未来に影響を与えないものでもない。そういうものである。

部品: 流用実績(青様親衛隊会員証)
青様親衛隊会員証は厚母うぬ@暁の円卓が作成した部品です。
頒布させていただいた会員の方
エド・戒さん
猫野和錆さん
九条イズミさん
Doraさん

部品: 交流会の概要
定期的に隊長、副隊長を中心に青様について愛を語り合いながら食事をとったり青様をイメージした創作物を見せ合う交流会が開催されている。金銭のやりとりは基本的に禁止され、代わりに交流用に「Blue」という独自通貨が配布されている。

部品: 出品作品について
交流会では、青様に関する手作りグッズ(イラスト、本、イメージアクセサリー)等を出品することができる。青様はもちろん、誰かの名誉を傷つける作品の出品は禁止されている。

部品: 使用される独自通貨
交流会には「Blue」という独自の通貨が用いられ、これとイラスト等を交換できる。交流会開催ごとに参加者に同額が配布され、イベント終了後、回収される。回収時にためていた額によって特製グッズがプレゼントされる。この独自通貨はその交流会以外では使用できない。現実の通貨と「Blue」を交換した者は違反ポイントが5つき除名される。なお、本人たちの了解のもと作品同士を交換することは可能である。

部品: アンケートの実施
交流会参加者で作品を出品する者は、出品作品数、タイトル、搬入数、作品へ込めた思い等を書く。その他、改善提案、要望等があれば書いてもらう。

部品: 歌を歌う
親衛隊はよく歌を歌う。主にガンパレ-ド・マーチ、SWEET DAYS 、思い出になるよ等である。歌うことによって心を一つにし、より青様や5121小隊への愛を深めるのである。

部品: 団長による踊りの考案
隊長であるうぬが青様への愛を表現するために集団での踊りを考案した。元々アラダとは踊り手、戦士という意味を持ち、踊るように戦う厚志さんへ声援を送るには最適ということで皆で踊りを考えることになった。

部品: 相談しながら振り付けを作る
団長、副団長、そして参加できるメンバーで皆がこなすことができる振り付けを考えた。隊員は子供からお年寄りまで年齢層も幅広いため、簡単にできるシンプルな振り付けが採用された。

部品: 踊りの練習
振り付けはごく単純なものだが、美しく見せるためには練習が必要である。参加できるメンバ-が集まって踊りを覚え、それを他の隊員にも教え、皆で練習をした。

部品: 統率のとれた動き
練習の成果で皆、統率のとれた動きで振ることができるようになった。その様は地上で見ても美しく、空から見ると更に壮観である。全ては青様への愛のため。

部品: 踊りのリズム
皆が覚えやすく踊りやすいリズム。太鼓係と副隊長の吹く笛に合わせて始まり、音楽がかかると少しずつ激しくなり段々とそれは青様への愛を全身で表現する儀式となる。

部品: みんなの笑顔
踊り始めると皆がそれぞれ一生懸命で、そしてはじけるような笑顔を浮かべている。踊りにはそんな効果がある。青様を愛する心を一つにして体を動かしひとつのものを表現した時、そこにあるのは充足感と笑顔である。

部品: 踊りの種類
日本舞踊を元にしたものから、流行りのヒップホップまで、親衛隊設立以来様々な踊りが考案され、受け継がれてきた。

部品: 青様親衛隊章(シンボルマーク)
親衛隊のマーク。愛と正義と青様かわいいをコンセプトにデザインされている。青様のトレードマークであるお玉もデザインに組み込んだ。

部品: 本規則の目的
この規則は、親衛隊としての活動が円滑に安全に楽しく、そして青様に我々の愛を正しく伝えるために作成された。

部品: 第二条 信念について
青様の有り方、生き方を敬い尊敬し、厚志様の心臓たる芝村舞という少女の信念を理想として心に抱く。すなわち、世界を守るのは兄弟を守るものと思い、弱きものを守って戦う。それが親衛隊の義であり信念である。

部品: 第三条 心得について
青様を前にした時はその活躍を目に焼きつけ、精一杯の愛を込めて声援を送る。行動は迅速に、そして厚志様と周囲に迷惑は決してかけず、情熱と節度を持って活動を行うこと。

部品: 第四条 活動時の周辺美化について
親衛隊としての活動を行う際は、活動場所の周辺住民に感謝の意を持ち、ゴミは持ち帰る、困っている人がいれば助けるなど、周辺の美化に勤め青様の英雄としての名に傷をつけない行動を徹底すること。

部品: 第五条 反社会的勢力の排除について
テロ活動、民間人の虐殺、略奪、詐欺行為等、犯罪行為、青様や芝村舞の掲げる正義に反する行いをする者の入隊は許されない。また、そのような行為を行う者の排除と弱きを守る正義の実現を望み行動すること。ただし、過去に犯罪歴があり現在改心し贖罪のために生きている者を除く。

部品: 第六条 罰則
何らかの規則違反、ルール違反をした者には”違反ポイント”がつく。違反内容によって1から5のポイントが加算され、5ポイントたまった時点でその隊員は親衛隊から強制的に除名される。違反の内容、ポイントについては報告を元に隊長、副隊長を交えて客観的に判断し決定される。異議がある場合は異議申立書を提出し再度判断を求めることができる。

部品: 第七条 稟議規定
親衛隊としてイベント開催など、大がかりな活動を行いたい場合は指定の稟議書に開催日、活動目的、参加人数等を記入し稟議に出すこと。稟議書には団長、副団長、総務が印を押し承認されれば活動可能となる。

部品: 規則の遵守の誓い
この親衛隊に入隊した者は皆、今代のシオネ・アラダ青の厚志への愛のもと、親衛隊規則を遵守することを誓う。誓いの印に、隊員は規則にサインを行う。

部品: 違反ポイントと罰則について
違反ポイント例・親衛隊活動にあたり一般の方に迷惑をかけた場合(1~5pt)・他の隊員に対する嫌がらせをした場合(1~5pt)・交流会用独自通貨「Blue」を実際の通貨と交換した場合(5pt除名)・反社会的な行動をした場合(5pt 除名)

部品: 違反をした隊員との面談
違反をした隊員との面談は副隊長キルケと右梨乃コウが行う。場合によっては交流会への参加を数カ月禁止するなどの措置をとることもある。

部品: 第一条 愛について
お互いの愛を決して否定しない。それが一番大事な規定である。愛し方は人それぞれであり、想いもそれぞれ異なる。しかし皆、誰かの愛を否定しない。青を愛する、その一点が繋がっていればよいのである。我等は芝村舞の言うとおり、誰も何も言えない世界よりも誰もが好き勝手なことを言える世界を望む。

部品: 団幕の大きさ
全長10mほどの青い団幕。数名で持って広げると、空からでもよく見ることができる。元はもっと小さいサイズだったのだが、空からでもよく見えるようにという理由で段々巨大化した。

部品: 団幕に書かれた文字
「青の厚志様 LOVE」の文字が流麗な文字で書かれ、横に厚志様のイラストが添えられている。法被と同じくこだわりの青色で染められた中に白や黄色といった目立つ色で描かれている。

部品: 旗の大きさと色
丈夫な銀の持ち手に、真っ青布を掲げた旗。隊員の団結の象徴であり大きさは縦1.5m横2mというサイズ。風になびくと美しくはためく。

部品: 旗に書かれた文字とマ-ク
目立つように中心部に大きく「青様親衛隊」の文字と親衛隊のマ-クが刺繍されている。それはただの文字やマ-クではなく愛の象徴である。

部品: 旗を振る人間
この旗を振るのは伝統的に副団長と決まっており、誇りを持って風を受け、愛を込めて雄雄しく旗を振る。愛がある者が振るといくら振っても疲れを感じないという話である。

部品: 活動資金
親衛隊の活動資金は主に隊員による寄付(下限は0、上限は厳しく決められている)でまかなわれ、会報の発行や交流会等のイベント開催は必要経費を参加人数で割って割り出され、その分だけ負担してもらう。

部品: 他組織からの金銭の受け取り禁止
他の企業や組織から親衛隊として資金を受け取ることは厳しく禁止されている。発覚した場合は即除名される。

部品: 法被の概要
青様親衛隊の正装である真っ青な法被。これを羽織ると日常生活から離れ、ただ青様への愛を語り表現することに専念できる「青様親衛隊員」に変身できる。

部品: 真っ青な色
生地の青は鮮やかで、目に焼きつくようなこだわりの青色で染められている。青色は青様の髪は瞳、そして彼そのものを表す色であり、彼が少女と出会ったことで好きになれたという大事な色である。

部品: スタイリッシュなデザイン
袖と裾口は広がり、腰は少々絞り気味になっており優雅さと法被らしい形を両立させたデザイン。風になびくと非常にかっこいい。

部品: 背中の文字
胸元には「青 LOVE」、背中には「厚志様命」「そこまでだ」などの文字がプリントされている。裾の部分にはひとりひとり名前が刺繍されており、他に好きな青様の台詞なども個々にプリントされている。

部品: 豊富なサイズ展開
XXS~6Lまで取り揃えており、小柄なお子様から大柄なお兄さんまで余裕で羽織ることができる。青様を想う心には性別も種族も関係ないのである。

部品: ハチマキ
親衛隊の熱い愛と汗の染みこんだ青いハチマキ。これを締めると気分が引き締まり、親衛隊としての気合が入る。額にくる部分に「青様LOVE」と書かれている。

部品: リストバンド
青様の美しさに感動して涙が止まらない時や、こぼれた汗を拭うのに使える真っ青なリストバンド。ひとりひとり名前が刺繍されている。皆両手首にひとつづつはめている。

部品: ふかふかの素材
青様への愛を存分に叫んだ後、吹き出た汗もこれで拭ける。吸収性も抜群で肌触りが良く、なによりとてもふかふか。

部品: さりげないデザイン
日常でも使えるように、青様親衛隊のシンボルマ-クがさりげなくデザインされたもの。これでいつでも親衛隊アピ-ルができる!

部品: 概要
青様通信、青様会報とは青様親衛隊の隊員向け雑誌である。配布は希望者のみであり、希望者から定額料金を受け取って申込者分だけ刷られる。印刷は青星印刷所にて。

部品: ファンイラスト
隊員から寄稿される原稿の中で一番多いのがイラスト部門である。カップリングなどを描いたものも含まれるが、ダントツで多い構図は青様一人が描かれたイラスト。かっこいいものから可愛いものまで含まれており、中には漫画などもある。

部品: ポエム
次いで多いのがポエムである。青様に向けた詩が並び、定期的に紙面でイラストコンテストと並んでポエムコンテストなども開催されている。

部品: リレー小説
創刊号から現在までリレー小説が行われており、その内容はファンタジーだったりSFだったり、突然ボーイズラブになったり異性愛になったりするといったカオスっぷり。

部品: 他にもいろいろ
ペンフレンドの募集や青様への愛を綴るコーナー、自作の青様グッズの写真などを掲載するページなども。親衛隊に届く原稿数は莫大な量であり、そこから選別してどれを掲載するかは本部が定める。また、会報に載らずともたまに出される特装号やホームページにて掲載されるチャンスもある。

部品: 会報の禁止事項
青様はもちろん、他の誰かの名誉を傷つける内容の投稿はしてはならない。また、無暗に個人情報を載せることも禁止されている。投稿された内容については左良井ありすや右梨乃コウ等がチェックし、問題がありそうな場合は相談の上掲載を取りやめる。

部品: バックナンバーの保存
青様親衛隊会報は創刊以来、バックナンバー、特に重要な記事などが親衛隊本部の地下に保管されている。その情報量は膨大である。

部品: 本部と雷神神社
青様親衛隊本部は暁の円卓藩国修央地方の中ノ関と天神市の中間にある小高い丘を下ったところにある。近くには藩国内に点在している雷神神社のひとつがあり、雷神と五十土丸が祀られている。本部に電波塔があるせいもあってかたまに近くに雷が落ちる。
この土地に本部があるため、王・厚母うぬが剣である八猫キルケに供給する剣力は雷撃の剣力の一種電気猫である。

部品: 本部建物
親衛隊本部は四角い、二階建ての建物だ。白い壁には海里によって青様の壁画が描かれている。入口に青い看板があり青様親衛隊本部の文字が見える。暁の円卓の気候に合わせて、窓が多く、夏は換気が良く、冬は暖かいように工夫がこらされている。暁の円卓に本部を作った際はもっとこじんまりとした事務所のような建物だったのだが、親衛隊の規模が大きくなり、人も増えて手狭になったため倍程度の面積で二階建ての建物に建て替えた。
T22時ではばん馬を飼うようになったため本部の横に馬小屋が増設されている。

部品: 外の花壇
建物を囲むように花壇があり、赤っぽいレンガでできている。これは隊長副隊長を含む隊員達がレンガを積んで作ったものである。本部の建物を建て替えた際には一旦植えられた植物を別の場所に避難させ、立て替えが終わった後植えなおした。季節ごとに様々な花が植えられ、色とりどりに咲き誇っている。花の水やり等は毎日隊員によって交代で行われている。花壇の傍には緑色のじょうろが置かれており、隊員はこれで水やりをする。熱い日の朝などには忘れずに水をやる。

部品: 清潔な水道水
水道から出る水は、暁の円卓藩国が整備した水道設備から供給されており、清潔で飲み水や料理にも利用できる。おいしい。

部品: 青いポスト
入口には青いポストが置かれている。隊長宛の手紙などはここに届く。ポストには鍵がかかっており、左良井ありすが毎日郵便物の管理を行っている。

部品: 隊員用の宿泊用設備
布団に水道、キッチン、布団が敷ける和室など、10人ほどは十分に寝泊まりできる、宿泊スペースと設備が整っている。その部屋にももちろん青様のタペストリーがかけられている。

部品: 和室
二階には8畳ほどの和室が4部屋ある。親衛隊の隊員たちはここで寝泊りすることができる。押入れには暁流布団干しで干したふかふかの布団が入っている。真中の部屋は居間で、冬にはこたつが置かれる。

部品: 暁流布団干しで干した布団
隊長や副隊長が暁流布団干しで干しているふかふかの布団。これに横になると朝までぐっすり眠ることができ、悪夢を見ない。目覚めはすっきり。

部品: 掃除道具
玄関に置かれたロッカーには箒やチリトリなどの掃除道具が入っており、本部を利用する親衛隊員はこれで毎日掃除をしている。そのため本部はいつも清潔である。

部品: 料理道具と食器
まないた、包丁、おたま、鍋、フライパン、ヤカンなど、基本の料理道具がそろっている。皿やコップもある。もちろん使ったら綺麗に洗う。

部品: かまど
小さなものだがかまどがある。下部で木炭やたきぎをもやし、上部の鉄板で調理し、中間は扉のついたオーブンになっている。ここで煮炊きなどを行うことができる。

部品: 流し台
食材や、使った食器を洗うための四角い流し台がある。隅には三角コーナーが設置されている。ここで手を洗ったりもする。

部品: キッチンの内装
キッチンはレンガ造りで、土間に設けられている。煙突が備えられており、窓もあり換気はばっちり。かまどと、食糧を保存するスペース、流し台が設置されている。

部品: タライと洗濯板
汚れた服はタライに水を張り、洗濯板と石鹸で洗濯する。洗ったらよくすすいで乾かし、外に縄を張って干す。

部品: 個室の清潔な洋式トイレ
よくある単純な作りのもの。水洗式となっており、掃除もしやすい。冬場でも便座が冷たくないようにカバーがかけられている。なお、もちろん鍵付き。トイレ掃除は当番制である。

部品: 執務室の内装
応接室の隣には執務室があり、いくつかの机が並べられている。ここで入隊希望者の書類を整理したり、活動内容の記録をしたりしている。どこかの小隊長室の内装に少し似ている。

部品: 事務用品の用意
ペン、鉛筆、ハサミ、穴あけパンチ、ノリ、ファイルなどの事務で使う道具は一通り用意されている。補充は総務で行っている。

部品: くつろげる空間
玄関を入ると応接室はこちらの文字が見える。矢印通りに進むとふかふかの青いソファが向かい合って置かれた応接室がある。座り心地抜群でリラックスできる空間である。端には観葉植物が置かれている。

部品: おもてなし
応接室には紅茶セットと暁の円卓の和菓子屋で買ったお菓子が用意されており、尋ねてきた人をもてなすことができる。

部品: 青様の壁画
親衛隊隊員、海里が直接壁に描いた青様の絵が神々しく室内を彩っている。この絵を見るために本部を訪れる親衛隊員も多い。

部品: 青様グッズ
これまで記念品等として作成した青様関連のグッズや旗等が展示されている部屋がある。訪ねてきた青様好きの人間は自由に観覧することができる。絵本コーナーには絵本作家である青様親衛隊隊長であるうぬが描いた絵本がおいてあり、自由に読むことができる。色彩豊かで、大人が読んでも十分楽しむことができる。ドラゴンや少年が出てくる本が多い。その隣には副隊長が作成した青様の人形も置かれており、球体間接人形なのでポージングの自由度も高いものが多く、普段は椅子に座っている。

部品: お風呂
使い勝手のよいお風呂が設置されており、身体の清潔を保つことができる。お湯は外で薪を燃やして沸かしている。猫が汚れた際もここで洗ってあげることがある。

部品: 猫が居心地良く暮らせる環境
本部では猫を飼っているため、猫が暮らしやすい環境を整備するのは当然のことである。猫が触れて危ないものなども置かないよう皆注意している。猫の寝床は玄関付近と応接室、人間が寝泊まりしている畳の部屋の3か所に設置されている。ふかふかのクッションが敷かれた籠がお気に入り。玄関の隅に砂が入った猫のトイレが置かれており、猫はここで用をたす。トイレは隊員達が毎日砂をかえて掃除をしている。また、キッチン付近に猫のえさ場が設置されている。餌は基本的に一日二回。水はいつでも飲めるようになっている。

部品: 地下倉庫
階段を下りた先にある地下の倉庫には親衛隊会報のバックナンバーや記念品などが大事に保管されている。今では貴重な資料である。

部品: 災害への備え
火災や災害等に備えて隊員は訓練を行い、すばやく対応できるようにしている。消化用の水も用意されている。

部品: 吏族による定期査察と、自主的な防犯、管理
危険人物が出入りしていないか、怪しい動きはないか等、吏族に定期的に査察してもらうことになっている。何かあればその人物を特定し相応の措置をとる。そして普段から防犯のため、窓には全て鍵がつけられており、夜や外出時には窓にはシャッターが下ろされ簡単に侵入できないよう防犯対策が施されている。また、窓、玄関のカギや火の元、周囲に危険物が置かれていないか等、使用する隊員同士で声をかけあい戸締りを徹底している。そして親衛隊員等の個人情報は金庫に鍵をかけて厳重に保管されている。鍵の番号はごく限られた人間だけが知っているものとなっている。

部品: 本部維持にかかる費用の支払い
水道代等、本部の維持にかかる費用は主にこの本部を利用して寝泊まりしている隊長、副隊長が自分で支払っている。当然のことですね。

部品: 木製の馬小屋
ばん馬が4頭暮らせる木製の馬小屋。親衛隊本部のすぐ横にある。丈夫で風通しが良く、また天候の悪い日は雨戸を下げることもできる。

部品: ばん馬の暮らせる環境
馬小屋には寝わら(馬の布団)、飼葉入れ(うまの食事入れ)、飲み水入れなどの設備があり、外には馬を洗うための洗い場がある。

部品: 小屋を清潔に保つ
親衛隊員が日替わりで馬小屋内を清掃し、ボロ(フン)や尿で汚れた寝わら(馬の布団)を馬房の外に出したり、干したり、新しいきれいな寝わらを入れたりしているため馬小屋内はいつも綺麗に保たれている。

部品: ばん馬とのコミュニケーション
本部の親衛隊員たちは馬小屋の清掃や餌やりなどの世話や、ばん馬に乗っての移動、日向ぼっこなどのコミュニケーションを通して普段からばん馬との絆を深めている。

部品: 資格
無線設備を良好な状態で整備、運用するためにはある程度の専門知識が必要である。この技能を担保するため、さらに公的な無線通信の妨害、混乱を防ぐためにも無線通信の運用は資格制になっている。

部品: 変調方式
電波の位相を変化させて情報を乗せる方法の種類、例えばAM、FMなどである。これを定義し送信側、受信側で同じ方式を用いて変調、復調を行い、無線での通信を行う。

部品: 送信装置
音声などの情報を、変調方式に合わせ発振回路を用いて変調する設備。送信する電波の強度や周波数などのいわゆる「電波の質」が法律で規定されている。

部品: 受信設備
アンテナなどで受信した無線電波を、変調方式に合わせて送信元の状態に復調する設備。
ラジオなどの指定された周波数、変調方式の無線の受信のみを行う設備の場合、運用に資格は不要である。

部品: 電波塔
電波を送信するための大型アンテナを保持する構造物。電波干渉や電波の遮断を避けるため周囲の建造物よりも高く造られる。

部品: アンテナ
電波と高周波エネルギーを相互変換するための設備。送信用と受信用に分けられるが、可逆性があるものならば送受信兼用することも可能。電波の周波数や用途により、形状や大きさは様々である。

部品: 宰相府への繋がり
宰相府にある無線基地局へと、数多ある有線ケーブル及び通信設備を介して繋がっている。これは厚母うぬが実費で用意をしたものであり、藩王と宰相府への許可も得ている。

部品: 暁では不必要なもの
携帯電話などが普及していない暁の円卓では不要なものである。そのため、これを必要とするのは厚母うぬただ一人となっているため彼女が暮らす親衛隊本部にそっと設置された。

部品: つまるところ
夜明けの船にいる青からのメールを受信するためだけに備え付けられたものである。そのためだけに実費を払い、自ら設計し、藩王への許可をとった。それだけのためにここまでする女なのであった。

部品: 自家発電
青様親衛隊本部の屋根に設置されたソーラーパネルから電力をまかなっている。なお、このソーラーパネルは宰相府からいただいてきたものである。

部品: コウくんにお任せ
ソーラーパネル、電波塔の整備は全て整備士の資格を得たコウが行なっている。本人としては人型戦車に乗る青のために……なんて夢見ていたらしいので少し不満げ。けれど頼られるのは好きなこともあり、おまけに終わった後はコウが好きなおやつと夕飯が待っているのでご機嫌だとか

部品: 親衛隊の意思決定者としての義務
隊長および副隊長は常に青様の幸せを願い、また、隊員たちの意見や要望、不満を真摯に受け止め、より良い親衛隊としての活動ができるよう考え行動し実行する義務がある。どちらかが暴走しかけた場合はどちらかが殴ってでも止めさせること。

部品: 隊長 厚母うぬ
親衛隊長はうぬが務めている。毎日飽きることなく青様へ愛を語り、その語彙の豊富さから隊員達にも大きな影響力を持ち、慕われている。彼女に影響されて青様の魅力に気が付き親衛隊に入る者も多い。

部品: 副隊長 八猫キルケ
親衛隊の副隊長を務めている。元々青様の大ファンで、うぬに誘われ親衛隊に入隊した。主に規則作成や入隊希望者対応等を務めている。

部品: 総務 エド・戒
隊長、うぬに青様への愛を買われスカウトされた。親衛隊の資金繰り、意見のとりまとめ、必要物品の購入などをつとめている。

部品: 隊長補佐 左良井ありす
かつて青様とともに戦ったことがある左良井さやかの子孫。イベント企画、隊長補佐、グッズ制作をしている。

部品: 風紀委員 右梨乃コウ
かつて青様と共に戦った右梨乃 はやせの子孫。青様の熱狂的ファンで、内に秘めたる情熱は眼鏡でも隠しきれない。親衛隊の活動におけるマナーの徹底を図る風紀委員をつとめている。靴下を集めるなど言語道断である。

部品: 保険委員 中宇根つぐみ(T22)
かつて青様と一緒に戦った中宇根ゆりなの子孫。医療関係の仕事に就いている女性で、中宇根診療所を営んでいる。親衛隊においてもその技能を生かして踊りの練習中に怪我をしたり、イベント中気分を悪くした人などを看ている。


部品: 画家 海里
その画力を隊長うぬに見初められスカウトされた貧乏画家。親衛隊が組織として十分に動くようになる前からの友人でもある。「ここに名前を書けばいつか三食昼寝付きの生活を送らせてあげましょう」という甘い言葉と軽快な指パッチンとともに出てきた書類にサインをしてからは設立された親衛隊の専属画家として働かされている。会報などの表紙を描いているのも主にこの人。

部品: らいらい
虎柄模様の猫士。大柄な体格で普段はのんびりしているが、いざという時は意外と俊敏。おなかを撫でられるのが好きで好きな人の前ではすぐ仰向けにごろごろする。

部品: なごーる
スマートな体型をした猫士。グレーの毛は短く艶やかで瞳は美しい青色をしている。クールでつんとして見えるが懐いている人には甘えん坊な一面も見せる。ブラッシングが大好き。

部品: はーにゃ
白いふわふわとした毛が自慢の猫士。目が大きく乙女チックな外見をしているがオスである。お風呂が大好きでよく桶にお湯を張ってもらいつかっている。