男の娘(趣味)

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

うぬ作成

部品構造


  • 大部品: 男の娘(趣味) RD:15 評価値:6
    • 大部品: 着用制限 RD:4 評価値:3
      • 部品: 男女問わず「可愛い」とよく言われた覚えのあるあなたに
      • 部品: どこか女性っぽさがある
      • 部品: 可憐さ
      • 部品: あなたは男の子ですか?
    • 部品: 決意
    • 大部品: まず初めに RD:3 評価値:2
      • 部品: 男の娘とは?
      • 部品: 女装との違い
      • 部品: 自由
    • 大部品: 中性的な魅力 RD:5 評価値:3
      • 部品: 天性
      • 部品: 偶然
      • 部品: 努力
      • 部品: 柔らかそうな体つき
      • 部品: 長い睫毛、ピンクの唇etc
    • 大部品: それはただ愛らしく、何の力も持たない。 RD:2 評価値:1
      • 部品: 可愛い
      • 部品: 「それだけ」ではあるが



部品定義


部品: 男女問わず「可愛い」とよく言われた覚えのあるあなたに

あなたに自覚があってもなかろうと。思い返せば「可愛い」と頻繁に言われることがあったりしませんか?そして「女の子みたい」と付け加えられていたらなお良しでしょう。

部品: どこか女性っぽさがある

オネエとかではなく何となく動作などに女性らしさがあり、そこに誰かが違和感を持つ事もなく、あなたも無意識でやってしまっているのなら素質があるでしょう。

部品: 可憐さ

可憐、とはいじらしく、可愛いことを言います。思わずあなたの立ち振る舞いを見て「可憐だ」と言葉を漏らしてしまう人がいたら……言うことはないです。

部品: あなたは男の子ですか?

これが一番大切である。実年齢は問わないが、性別が「男」であり、なおかつ「男の子」と言っても差し支えのない外見ならば認めましょう。

部品: 決意

このアイドレスの着用制限を超えれた選ばれたものに告げる。何も恥じらうことはないし、隠すに必要もない。なぜならこのアイドレスは男性にしか着用の許されないものだからだ。男にしか許されぬ聖域なのだ。言ってしまえば、最高に男らしいアイドレスだと言っても過言ではない。いまあなたは、男として輝いている。

部品: 男の娘とは?

人々の願いに対応し、ただの男から現れる、倫理の破壊者。性別を超えるほどの可能性を持った魅了的な存在。美の規格外。……ではなく、少女のような愛らしさを持った可愛い男の子のことである。それ以上でもそれ以下でもない。

部品: 女装との違い

男の娘というのを単なる女装と思っている人は多い。しかし、厳密にいうと異なる。女装とは「女を装う」と書く。女の格好をした男、つまりこれは男の娘とは似て非なるものだ。男の娘は「女を装う」のではない。男の子であるにもかかわらず「娘」と呼べるに等しいほどの可愛らしさを持っていることを指す。そのため、必ず女装をする必要はない。※しかし男の娘にも「女装をすることで男の娘になれる者」と「女装をせずとも男の娘になる者」が存在し、前者の場合は女装が必須となる。

部品: 自由

男の娘だからといって少女趣味を持たねばならないというわけではない。恋愛対象の性は問わないし、「男なのに」という葛藤も抱かなくていい。(その葛藤を背負うのは「女装少年」の役目である)あなたは男の娘なのだ。あなたは性に縛られなくていい。その可愛らしさだけを、持っていればいい。男の娘とは、ひたすらに可愛く、人々を癒し、惑わす自由な存在である。

部品: 天性

幼少期から「あら〜可愛いわね、女の子?」と聞かれるような“素質”を持った者が稀に存在する。これは人類最強の魅了スキルの一つと言ってもいいだろう。周りに「可愛い」と言われ続け、挙げ句の果てに少年期を経ても性別不詳の危なっかしい愛らしさと美しさを損なわず、意図せず周りを魅了しているような存在だ。彼らは“美少年”と同一視されやすく、美少年と男の娘の関係は確かに根深い。

部品: 偶然

(こいつ女みたいな顔してるなぁ)なんて思っていた同級生が文化祭などで女装してみると男の娘が爆誕する事も稀にある。中性的な男という人生を歩んでいた者に現れる男の娘の分岐点を「男の娘ース」と業界では呼ぶ。嘘だ。今考えた。

部品: 努力

男の娘という存在は、努力から生まれる事もある。きっかけは何だろうと構わない、そうなろうと決意した者が、血を吐くような努力をして勝ち取れる美でもある。そうした努力の上で成り立つ美は天性のものとは形が違えど、人を魅了する美しさであることには違いないだろう。

部品: 柔らかそうな体つき

男であるはずなのに、どうしてこんなに肌がきめ細やかで柔らかく、いい匂いがしているのだろう。男の娘の体とは総じてそういうものである。

部品: 長い睫毛、ピンクの唇etc

頰に影を落とすような長い睫毛はつい指先で触れたくなる。特別なケアをしている様子は見られないのに、不思議とピンクで柔らかそうな唇も。パーツの一つ一つを取っても、それは少女のように見えた。

部品: 可愛い

「男なのに可愛い」ではない。「男の娘だから可愛い」のでもない。「可愛いから可愛い」のだ。それを、間違ってはいけない。

部品: 「それだけ」ではあるが

「可愛い」とは何の力も持たず、あったところで無意味な存在なのかもしれない。しかし、息を吸って吐いて、生きているという最低条件だけで誰かを癒せる愛らしさを持った存在というのは、それこそが強さに値する。



提出書式


 大部品: 男の娘(趣味) RD:15 評価値:6
 -大部品: 着用制限 RD:4 評価値:3
 --部品: 男女問わず「可愛い」とよく言われた覚えのあるあなたに
 --部品: どこか女性っぽさがある
 --部品: 可憐さ
 --部品: あなたは男の子ですか?
 -部品: 決意
 -大部品: まず初めに RD:3 評価値:2
 --部品: 男の娘とは?
 --部品: 女装との違い
 --部品: 自由
 -大部品: 中性的な魅力 RD:5 評価値:3
 --部品: 天性
 --部品: 偶然
 --部品: 努力
 --部品: 柔らかそうな体つき
 --部品: 長い睫毛、ピンクの唇etc
 -大部品: それはただ愛らしく、何の力も持たない。 RD:2 評価値:1
 --部品: 可愛い
 --部品: 「それだけ」ではあるが
 
 
 部品: 男女問わず「可愛い」とよく言われた覚えのあるあなたに
 あなたに自覚があってもなかろうと。思い返せば「可愛い」と頻繁に言われることがあったりしませんか?そして「女の子みたい」と付け加えられていたらなお良しでしょう。
 
 部品: どこか女性っぽさがある
 オネエとかではなく何となく動作などに女性らしさがあり、そこに誰かが違和感を持つ事もなく、あなたも無意識でやってしまっているのなら素質があるでしょう。
 
 部品: 可憐さ
 可憐、とはいじらしく、可愛いことを言います。思わずあなたの立ち振る舞いを見て「可憐だ」と言葉を漏らしてしまう人がいたら……言うことはないです。
 
 部品: あなたは男の子ですか?
 これが一番大切である。実年齢は問わないが、性別が「男」であり、なおかつ「男の子」と言っても差し支えのない外見ならば認めましょう。
 
 部品: 決意
 このアイドレスの着用制限を超えれた選ばれたものに告げる。何も恥じらうことはないし、隠すに必要もない。なぜならこのアイドレスは男性にしか着用の許されないものだからだ。男にしか許されぬ聖域なのだ。言ってしまえば、最高に男らしいアイドレスだと言っても過言ではない。いまあなたは、男として輝いている。
 
 部品: 男の娘とは?
 人々の願いに対応し、ただの男から現れる、倫理の破壊者。性別を超えるほどの可能性を持った魅了的な存在。美の規格外。……ではなく、少女のような愛らしさを持った可愛い男の子のことである。それ以上でもそれ以下でもない。
 
 部品: 女装との違い
 男の娘というのを単なる女装と思っている人は多い。しかし、厳密にいうと異なる。女装とは「女を装う」と書く。女の格好をした男、つまりこれは男の娘とは似て非なるものだ。男の娘は「女を装う」のではない。男の子であるにもかかわらず「娘」と呼べるに等しいほどの可愛らしさを持っていることを指す。そのため、必ず女装をする必要はない。※しかし男の娘にも「女装をすることで男の娘になれる者」と「女装をせずとも男の娘になる者」が存在し、前者の場合は女装が必須となる。
 
 部品: 自由
 男の娘だからといって少女趣味を持たねばならないというわけではない。恋愛対象の性は問わないし、「男なのに」という葛藤も抱かなくていい。(その葛藤を背負うのは「女装少年」の役目である)あなたは男の娘なのだ。あなたは性に縛られなくていい。その可愛らしさだけを、持っていればいい。男の娘とは、ひたすらに可愛く、人々を癒し、惑わす自由な存在である。
 
 部品: 天性
 幼少期から「あら〜可愛いわね、女の子?」と聞かれるような“素質”を持った者が稀に存在する。これは人類最強の魅了スキルの一つと言ってもいいだろう。周りに「可愛い」と言われ続け、挙げ句の果てに少年期を経ても性別不詳の危なっかしい愛らしさと美しさを損なわず、意図せず周りを魅了しているような存在だ。彼らは“美少年”と同一視されやすく、美少年と男の娘の関係は確かに根深い。
 
 部品: 偶然
 (こいつ女みたいな顔してるなぁ)なんて思っていた同級生が文化祭などで女装してみると男の娘が爆誕する事も稀にある。中性的な男という人生を歩んでいた者に現れる男の娘の分岐点を「男の娘ース」と業界では呼ぶ。嘘だ。今考えた。
 
 部品: 努力
 男の娘という存在は、努力から生まれる事もある。きっかけは何だろうと構わない、そうなろうと決意した者が、血を吐くような努力をして勝ち取れる美でもある。そうした努力の上で成り立つ美は天性のものとは形が違えど、人を魅了する美しさであることには違いないだろう。
 
 部品: 柔らかそうな体つき
 男であるはずなのに、どうしてこんなに肌がきめ細やかで柔らかく、いい匂いがしているのだろう。男の娘の体とは総じてそういうものである。
 
 部品: 長い睫毛、ピンクの唇etc
 頰に影を落とすような長い睫毛はつい指先で触れたくなる。特別なケアをしている様子は見られないのに、不思議とピンクで柔らかそうな唇も。パーツの一つ一つを取っても、それは少女のように見えた。
 
 部品: 可愛い
 「男なのに可愛い」ではない。「男の娘だから可愛い」のでもない。「可愛いから可愛い」のだ。それを、間違ってはいけない。
 
 部品: 「それだけ」ではあるが
 「可愛い」とは何の力も持たず、あったところで無意味な存在なのかもしれない。しかし、息を吸って吐いて、生きているという最低条件だけで誰かを癒せる愛らしさを持った存在というのは、それこそが強さに値する。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "title": "男の娘(趣味)",
     "part_type": "group",
     "children": [
       {
         "title": "着用制限",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "男女問わず「可愛い」とよく言われた覚えのあるあなたに",
             "description": "あなたに自覚があってもなかろうと。思い返せば「可愛い」と頻繁に言われることがあったりしませんか?そして「女の子みたい」と付け加えられていたらなお良しでしょう。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "どこか女性っぽさがある",
             "description": "オネエとかではなく何となく動作などに女性らしさがあり、そこに誰かが違和感を持つ事もなく、あなたも無意識でやってしまっているのなら素質があるでしょう。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "可憐さ",
             "description": "可憐、とはいじらしく、可愛いことを言います。思わずあなたの立ち振る舞いを見て「可憐だ」と言葉を漏らしてしまう人がいたら……言うことはないです。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "あなたは男の子ですか?",
             "description": "これが一番大切である。実年齢は問わないが、性別が「男」であり、なおかつ「男の子」と言っても差し支えのない外見ならば認めましょう。",
             "part_type": "part"
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "決意",
         "description": "このアイドレスの着用制限を超えれた選ばれたものに告げる。何も恥じらうことはないし、隠すに必要もない。なぜならこのアイドレスは男性にしか着用の許されないものだからだ。男にしか許されぬ聖域なのだ。言ってしまえば、最高に男らしいアイドレスだと言っても過言ではない。いまあなたは、男として輝いている。",
         "part_type": "part",
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "まず初めに",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "男の娘とは?",
             "description": "人々の願いに対応し、ただの男から現れる、倫理の破壊者。性別を超えるほどの可能性を持った魅了的な存在。美の規格外。……ではなく、少女のような愛らしさを持った可愛い男の子のことである。それ以上でもそれ以下でもない。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "女装との違い",
             "description": "男の娘というのを単なる女装と思っている人は多い。しかし、厳密にいうと異なる。女装とは「女を装う」と書く。女の格好をした男、つまりこれは男の娘とは似て非なるものだ。男の娘は「女を装う」のではない。男の子であるにもかかわらず「娘」と呼べるに等しいほどの可愛らしさを持っていることを指す。そのため、必ず女装をする必要はない。※しかし男の娘にも「女装をすることで男の娘になれる者」と「女装をせずとも男の娘になる者」が存在し、前者の場合は女装が必須となる。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "自由",
             "description": "男の娘だからといって少女趣味を持たねばならないというわけではない。恋愛対象の性は問わないし、「男なのに」という葛藤も抱かなくていい。(その葛藤を背負うのは「女装少年」の役目である)あなたは男の娘なのだ。あなたは性に縛られなくていい。その可愛らしさだけを、持っていればいい。男の娘とは、ひたすらに可愛く、人々を癒し、惑わす自由な存在である。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": false
       },
       {
         "title": "中性的な魅力",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "天性",
             "description": "幼少期から「あら〜可愛いわね、女の子?」と聞かれるような“素質”を持った者が稀に存在する。これは人類最強の魅了スキルの一つと言ってもいいだろう。周りに「可愛い」と言われ続け、挙げ句の果てに少年期を経ても性別不詳の危なっかしい愛らしさと美しさを損なわず、意図せず周りを魅了しているような存在だ。彼らは“美少年”と同一視されやすく、美少年と男の娘の関係は確かに根深い。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "偶然",
             "description": "(こいつ女みたいな顔してるなぁ)なんて思っていた同級生が文化祭などで女装してみると男の娘が爆誕する事も稀にある。中性的な男という人生を歩んでいた者に現れる男の娘の分岐点を「男の娘ース」と業界では呼ぶ。嘘だ。今考えた。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "努力",
             "description": "男の娘という存在は、努力から生まれる事もある。きっかけは何だろうと構わない、そうなろうと決意した者が、血を吐くような努力をして勝ち取れる美でもある。そうした努力の上で成り立つ美は天性のものとは形が違えど、人を魅了する美しさであることには違いないだろう。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "柔らかそうな体つき",
             "description": "男であるはずなのに、どうしてこんなに肌がきめ細やかで柔らかく、いい匂いがしているのだろう。男の娘の体とは総じてそういうものである。",
             "part_type": "part"
           },
           {
             "title": "長い睫毛、ピンクの唇etc",
             "description": "頰に影を落とすような長い睫毛はつい指先で触れたくなる。特別なケアをしている様子は見られないのに、不思議とピンクで柔らかそうな唇も。パーツの一つ一つを取っても、それは少女のように見えた。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": true
       },
       {
         "title": "それはただ愛らしく、何の力も持たない。",
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "title": "可愛い",
             "description": "「男なのに可愛い」ではない。「男の娘だから可愛い」のでもない。「可愛いから可愛い」のだ。それを、間違ってはいけない。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           },
           {
             "title": "「それだけ」ではあるが",
             "description": "「可愛い」とは何の力も持たず、あったところで無意味な存在なのかもしれない。しかし、息を吸って吐いて、生きているという最低条件だけで誰かを癒せる愛らしさを持った存在というのは、それこそが強さに値する。",
             "part_type": "part",
             "expanded": true
           }
         ],
         "expanded": false
       }
     ],
     "expanded": true
   }
 ]