暁工務店

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

部品構造


  • 大部品: 暁工務店 RD:44 評価値:9
    • 大部品: 仕事の流れ RD:5 評価値:3
      • 部品: 営業
      • 部品: 設計
      • 部品: 資材調達
      • 部品: 施工管理
      • 部品: 完成と引き渡し
    • 大部品: 組織 RD:39 評価値:9
      • 部品: 社長と暁工務店の想い
      • 大部品: 大工 RD:14 評価値:6
        • 部品: 大工の雇用
        • 部品: 必要な道具の支給
        • 大部品: 大工道具セット RD:12 評価値:6
          • 部品: 釿
          • 部品: 鉋
          • 部品: 鋸
          • 部品: 鑿
          • 部品: 錐
          • 部品: 墨壺
          • 部品: 曲尺
          • 大部品: 槌 RD:2 評価値:1
            • 部品: 木槌
            • 部品: 金鎚
          • 部品: 大工道具について
          • 部品: 砥石
          • 部品: 安全帽
      • 大部品: 人事 RD:2 評価値:1
        • 部品: 労務管理
        • 部品: 面接と採用
      • 部品: 総務
      • 部品: 経理
      • 大部品: 従業員の給与と休日 RD:20 評価値:7
        • 大部品: 給与支払いのルール RD:5 評価値:3
          • 部品: 通貨払いの原則
          • 部品: 直接払いの原則
          • 部品: 全額払いの原則
          • 部品: 毎月一回以上の原則
          • 部品: 一定期払いの原則
        • 大部品: 給与項目 RD:8 評価値:5
          • 部品: 基本給
          • 部品: 手当
          • 部品: 残業代
          • 部品: 時間外労働に伴う割増賃金の対象外となる項目
          • 部品: 月60時間を超えた時間外労働の割増率
          • 部品: 深夜残業手当
          • 部品: 休日勤務手当
          • 部品: 賞与
        • 大部品: 休憩 RD:3 評価値:2
          • 部品: 休憩時間
          • 部品: 休憩時間付与の原則
          • 部品: 手待ち時間
        • 大部品: 休日 RD:4 評価値:3
          • 部品: 休日の原則
          • 部品: 代休
          • 部品: 振替休日
          • 部品: 有給休暇



部品定義


部品: 営業

営業は、工務店と建て主のパイプ役をする。建て主の希望や立地条件を考慮して、建て主が喜ぶような建物を提案する。建設中も建て主に代わって役所との交渉をしたり、進行状況を報告したり、完成時に建て主にキーを渡すのも大切な仕事だ。

部品: 設計

設計の仕事には、デザイン設計と構造設計、そして設備設計に大きく分かれている。デザイン設計は建物の外観、間取り、フロアの高さ、配管など、建物の機能に合せた基本的な部分を計画する。構造設計とは、丈夫な建物を作るための骨組みを設計する。建物の大きさに合せて工法や資材を決定する仕事。設備設計は、建物を使う人の立場に立って、使いやすい建物にするために防音などの各種設備を設計する。

部品: 資材調達

設計書に描かれている建物を作るために、その材料や道具を手配する仕事。品質の良い材料を安く入手するというだけではなく、資材を現場に運ぶタイミングを計画するのも大事な仕事。膨大な材料を一度に現場に持ち込んでしまったら、現場は身動きできなくなってしまう。


部品: 施工管理

建物の建設スケジュールを決定し、スケジュールに合せて作業が進むように管理する仕事。設計図を元に建設作業の順序や工法を決め、資材調達部門と連携しながら、作業する人に指示を出していく。協力してくれている外注先との交渉や、働く人たちの管理もする。

部品: 完成と引き渡し

建物が完成したら、建て主に建物の説明をし、工事で使っていた鍵から建て主が使用する鍵に付け替える作業をし、引き渡し終了となる。

部品: 社長と暁工務店の想い

暁工務店の初代社長は、現場で大工仕事から始め、工務店を起業し、暁の円卓の住民によりよい家をというスローガンのもと優秀な大工を雇い働いてきた。その後もその意志を受け継ぎ、暁の円卓の住宅事情を支えている。

部品: 大工の雇用

暁工務店では経験ある大工を雇用している。また、未経験の若者なども雇用し、雑用を任せながら一人前の大工になれるよう現場で修行させている。

部品: 必要な道具の支給

大工へは木槌や鉋、安全帽など、必要な道具の支給がされている。その他の消耗品については別途申請してもらう。

部品: 釿

大工道具としては現在は鉋があるため、使用する機会は大幅に減っています。しかし、釿始めといって大きな建築や新年の仕事始めの時に行う儀式で用いられるなど今なお特別な道具です。

部品: 鉋

材木の表面を仕上げる時に使う道具。釿では荒削りだったのがより美しく仕上げられるようになった。なお鉋も種類が多く、どの大工も一人前と呼ばれる者ならばその時々で何種類かの鉋を使い分けている。

部品: 鋸

木材を切断する道具。繊維に対してどう切るのに適しているかによって縦挽鋸、横挽鋸がある。また斜め方向に切るのに適した茨目と呼ばれる刃の形もある。その他にも用途に応じていくつもの鋸がある。それらの中には特殊なものもあり、職人であっても知識でしか知らないものすらあるほどです。

部品: 鑿

穴や溝を掘るのに使う道具。ほぞ穴を掘ったり、凸凹を作るなど、直接目にしない部分で特に重要な役割を負っています。

部品: 錐

穴をあける道具。行える作業は穴をあける事しか出来ないものの、最適な穴の位置、大きさ、深さ、方向を見極め、その通りの穴を作るというのは地味ではある者のとても難しい作業です。

部品: 墨壺

材木に直線を引く道具。古くから道具ではあるものの今だ乾燥には弱く、手入れをしないとすぐに使えなくなります。

部品: 曲尺

さしがねとも呼ばれる材木の長さを測ったり、直角を測るのに使う道具。これで勾配を測ることも出来、大工道具で計測に使うと言えばこれと言える存在。

部品: 木槌

金属製の釘を使うのには向かないものの、鑿や鉋の刃の調整に用いられる。その他打撃力を抑えたい時にも使われる。

部品: 金鎚

他国では玄翁とも呼ばれるが、殺生石を壊したという和尚の名前から取られていると言われるため使われていない。

部品: 大工道具について

より高水準の建築を行うために国より提供されるアイテムです。ある程度数を揃える事が出来、性能もよいものになるよう日々研究と開発が進められています。

部品: 砥石

刃物を研磨するための道具。鋸や鉋など刃の手入れに使われています。砥石も用途に応じて種類がありますが、この道具を使うようなものであるならば仕上げ用だけで大丈夫と思われます。ただし、世界が予想を超える可能性を考慮して荒砥と中砥も用意されています。

部品: 安全帽

頭部の傷害を防ぐための作業帽。高物理国で使われていたものを元に自国でも使えるように改良したもの。高物理国で作業をする場合はその地の安全帽を使えばいいと自国向けに最適化されている。

部品: 労務管理

従業員の給与、有給休暇、その他、適切に休憩をとっているかなど、労務関係の管理を行う。問題があれば上長に報告し、適切な処理を行う。

部品: 面接と採用

人事は従業員の採用を行う。応募者の書類選考をし、合格した者と面接をし、人格的、能力的に問題ないか判断して採用を行う。

部品: 総務

総務は文書の管理、消耗品の購入、社内行事の開催、その他の雑務など、幅広く業務を行い暁工務店を支えている。

部品: 経理

経理の仕事は、会社や組織の営業活動や財務状況を把握、記録し、数字で管理することおよび現預金の出し入れ、管理をすることである。日々のお金の動きを管理し、帳簿への記入、仕訳、現金の管理等を行っている。

部品: 通貨払いの原則

賃金は通貨によって支払う。小切手や現物(商品など)で支払うことはできない。現物支給だとその現物がはたして本当に賃金に見合った価値のあるものなのかどうかが不明確であるためである。

部品: 直接払いの原則

ピンハネ防止のため、仕事の仲介人や代理人に支払ってはならず、必ず賃金は直接本人に支払わなければいけない。

部品: 全額払いの原則

給与からは労働者への貸付金その他のものを控除してはならず、必ず定められた賃金の全額を支払わなければいけない。ただし定められた税金、社会保険料、労使協定で定められたものについては例外とする。

部品: 毎月一回以上の原則

毎月一回以上支払わなければならない。毎月とは暦月を指し、年俸制であっても毎月一回以上支払う必要がある。

部品: 一定期払いの原則

一定の期日に支払わなけれなければならない。一定期といっても、必ずしも日付を指定する必要はなく、月給における末月払い、週給における月曜日支払いのようにその日が特定される方式で良い。

部品: 基本給

文字通り基本となる固定給のことで、勤続年数や年齢で決まる属人休と従業員の能力や仕事内容で決まる仕事給の2種類を合わせたものが一般的である。

部品: 手当

基本給のほかに諸費用として支払われる賃金。扶養手当、地域手当、住居手当、通勤手当、資格手当、役職手当、時間外手当などがある。

部品: 残業代

一日8時間を超えて労働させた場合は通常の労働時間または労働日に対して支払う賃金に加えて一定の割増率に基づいた割増賃金を支払わなけれなならない。

部品: 時間外労働に伴う割増賃金の対象外となる項目

家族手当、通勤手当、別居手当、子女教育手当、住宅手当、臨時に支払われた賃金、1ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金については割増賃金の基礎となる賃金には算入しない。

部品: 月60時間を超えた時間外労働の割増率

一か月に60時間を超えて時間外労働をさせた場合は、その超えた時間の労働について通常の賃金の計算額の5割以上の率で計算した割増賃金を支払わなえればならない。

部品: 深夜残業手当

22:00から翌日5:00までの深夜時間帯に残業することがある場合はその時間を把握し、通常の時間給の25%で計算した深夜割増手当を支給しなければならない。

部品: 休日勤務手当

法定休日に労働させた場合は35%の割増賃金を支払わなければならない。なお、「休暇」の場合は時間外割増はつかない。

部品: 賞与

定期給の労働者に対し定期給とは別に支払われる、特別な給料のこと。各企業によって算定の基準は異なり、企業または部署・従業員の実績などによることが多い。なお、賞与からも額面に料率を掛けて求めた社会保険料等が徴収される。

部品: 休憩時間

一日の労働時間が6時間を超える場合は少なくとも45分、8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩時間を与えなければならない。

部品: 休憩時間付与の原則

休憩時間は労働時間の途中に与えること。すべての労働者に一斉に与えること、休憩時間は自由にりようさせること。ただし一定の事業には一斉休憩の原則が適用されない(運送、販売、理容、病院、旅館等接客娯楽等)

部品: 手待ち時間

仕事と仕事の合間の待機時間、休憩しているようでも拘束されている時間は労働時間(実労働時間)とされる。

部品: 休日の原則

使用者は労働者に対して毎週少なくとも1日の休日を与えなければならない。ただし繁忙期は4週間を通して4日の休日を与えればよい。

部品: 代休

休日に労働させ、事後代わりの休日を与えること。休日労働の事実は変わらず、休日に対する割増賃金の支払いが必要。

部品: 振替休日

あらかじめ定めてある休日を、事前に手続をして他の労働日と交換すること。この場合は休日労働にはならない。

部品: 有給休暇

6ヶ月以上継続して勤務し、その間の出勤率が所定労働日数の8割以上である人に10日の休暇を取る権利が発生する。この日は出勤したものとみなされる。その後、勤務日数に応じて増えていくが有効期限は2年となっている。



提出書式


 大部品: 暁工務店 RD:44 評価値:9
 -大部品: 仕事の流れ RD:5 評価値:3
 --部品: 営業
 --部品: 設計
 --部品: 資材調達
 --部品: 施工管理
 --部品: 完成と引き渡し
 -大部品: 組織 RD:39 評価値:9
 --部品: 社長と暁工務店の想い
 --大部品: 大工 RD:14 評価値:6
 ---部品: 大工の雇用
 ---部品: 必要な道具の支給
 ---大部品: 大工道具セット RD:12 評価値:6
 ----部品: 釿
 ----部品: 鉋
 ----部品: 鋸
 ----部品: 鑿
 ----部品: 錐
 ----部品: 墨壺
 ----部品: 曲尺
 ----大部品: 槌 RD:2 評価値:1
 -----部品: 木槌
 -----部品: 金鎚
 ----部品: 大工道具について
 ----部品: 砥石
 ----部品: 安全帽
 --大部品: 人事 RD:2 評価値:1
 ---部品: 労務管理
 ---部品: 面接と採用
 --部品: 総務
 --部品: 経理
 --大部品: 従業員の給与と休日 RD:20 評価値:7
 ---大部品: 給与支払いのルール RD:5 評価値:3
 ----部品: 通貨払いの原則
 ----部品: 直接払いの原則
 ----部品:  全額払いの原則
 ----部品:  毎月一回以上の原則
 ----部品: 一定期払いの原則
 ---大部品: 給与項目 RD:8 評価値:5
 ----部品: 基本給
 ----部品:  手当
 ----部品: 残業代
 ----部品: 時間外労働に伴う割増賃金の対象外となる項目
 ----部品:  月60時間を超えた時間外労働の割増率
 ----部品: 深夜残業手当
 ----部品: 休日勤務手当
 ----部品: 賞与
 ---大部品: 休憩 RD:3 評価値:2
 ----部品: 休憩時間
 ----部品: 休憩時間付与の原則
 ----部品: 手待ち時間
 ---大部品: 休日 RD:4 評価値:3
 ----部品: 休日の原則
 ----部品: 代休
 ----部品: 振替休日
 ----部品: 有給休暇
 
 
 部品: 営業
 営業は、工務店と建て主のパイプ役をする。建て主の希望や立地条件を考慮して、建て主が喜ぶような建物を提案する。建設中も建て主に代わって役所との交渉をしたり、進行状況を報告したり、完成時に建て主にキーを渡すのも大切な仕事だ。
 
 部品: 設計
 設計の仕事には、デザイン設計と構造設計、そして設備設計に大きく分かれている。デザイン設計は建物の外観、間取り、フロアの高さ、配管など、建物の機能に合せた基本的な部分を計画する。構造設計とは、丈夫な建物を作るための骨組みを設計する。建物の大きさに合せて工法や資材を決定する仕事。設備設計は、建物を使う人の立場に立って、使いやすい建物にするために防音などの各種設備を設計する。
 
 部品: 資材調達
 設計書に描かれている建物を作るために、その材料や道具を手配する仕事。品質の良い材料を安く入手するというだけではなく、資材を現場に運ぶタイミングを計画するのも大事な仕事。膨大な材料を一度に現場に持ち込んでしまったら、現場は身動きできなくなってしまう。
 
 
 部品: 施工管理
 建物の建設スケジュールを決定し、スケジュールに合せて作業が進むように管理する仕事。設計図を元に建設作業の順序や工法を決め、資材調達部門と連携しながら、作業する人に指示を出していく。協力してくれている外注先との交渉や、働く人たちの管理もする。
 
 部品: 完成と引き渡し
 建物が完成したら、建て主に建物の説明をし、工事で使っていた鍵から建て主が使用する鍵に付け替える作業をし、引き渡し終了となる。
 
 部品: 社長と暁工務店の想い
 暁工務店の初代社長は、現場で大工仕事から始め、工務店を起業し、暁の円卓の住民によりよい家をというスローガンのもと優秀な大工を雇い働いてきた。その後もその意志を受け継ぎ、暁の円卓の住宅事情を支えている。
 
 部品: 大工の雇用
 暁工務店では経験ある大工を雇用している。また、未経験の若者なども雇用し、雑用を任せながら一人前の大工になれるよう現場で修行させている。
 
 部品: 必要な道具の支給
 大工へは木槌や鉋、安全帽など、必要な道具の支給がされている。その他の消耗品については別途申請してもらう。
 
 部品: 釿
 大工道具としては現在は鉋があるため、使用する機会は大幅に減っています。しかし、釿始めといって大きな建築や新年の仕事始めの時に行う儀式で用いられるなど今なお特別な道具です。
 
 部品: 鉋
 材木の表面を仕上げる時に使う道具。釿では荒削りだったのがより美しく仕上げられるようになった。なお鉋も種類が多く、どの大工も一人前と呼ばれる者ならばその時々で何種類かの鉋を使い分けている。
 
 部品: 鋸
 木材を切断する道具。繊維に対してどう切るのに適しているかによって縦挽鋸、横挽鋸がある。また斜め方向に切るのに適した茨目と呼ばれる刃の形もある。その他にも用途に応じていくつもの鋸がある。それらの中には特殊なものもあり、職人であっても知識でしか知らないものすらあるほどです。
 
 部品: 鑿
 穴や溝を掘るのに使う道具。ほぞ穴を掘ったり、凸凹を作るなど、直接目にしない部分で特に重要な役割を負っています。
 
 部品: 錐
 穴をあける道具。行える作業は穴をあける事しか出来ないものの、最適な穴の位置、大きさ、深さ、方向を見極め、その通りの穴を作るというのは地味ではある者のとても難しい作業です。
 
 部品: 墨壺
 材木に直線を引く道具。古くから道具ではあるものの今だ乾燥には弱く、手入れをしないとすぐに使えなくなります。
 
 部品: 曲尺
 さしがねとも呼ばれる材木の長さを測ったり、直角を測るのに使う道具。これで勾配を測ることも出来、大工道具で計測に使うと言えばこれと言える存在。
 
 部品: 木槌
 金属製の釘を使うのには向かないものの、鑿や鉋の刃の調整に用いられる。その他打撃力を抑えたい時にも使われる。
 
 部品: 金鎚
 他国では玄翁とも呼ばれるが、殺生石を壊したという和尚の名前から取られていると言われるため使われていない。
 
 部品: 大工道具について
 より高水準の建築を行うために国より提供されるアイテムです。ある程度数を揃える事が出来、性能もよいものになるよう日々研究と開発が進められています。
 
 部品: 砥石
 刃物を研磨するための道具。鋸や鉋など刃の手入れに使われています。砥石も用途に応じて種類がありますが、この道具を使うようなものであるならば仕上げ用だけで大丈夫と思われます。ただし、世界が予想を超える可能性を考慮して荒砥と中砥も用意されています。
 
 部品: 安全帽
 頭部の傷害を防ぐための作業帽。高物理国で使われていたものを元に自国でも使えるように改良したもの。高物理国で作業をする場合はその地の安全帽を使えばいいと自国向けに最適化されている。
 
 部品: 労務管理
 従業員の給与、有給休暇、その他、適切に休憩をとっているかなど、労務関係の管理を行う。問題があれば上長に報告し、適切な処理を行う。
 
 部品: 面接と採用
 人事は従業員の採用を行う。応募者の書類選考をし、合格した者と面接をし、人格的、能力的に問題ないか判断して採用を行う。
 
 部品: 総務
 総務は文書の管理、消耗品の購入、社内行事の開催、その他の雑務など、幅広く業務を行い暁工務店を支えている。
 
 部品: 経理
 経理の仕事は、会社や組織の営業活動や財務状況を把握、記録し、数字で管理することおよび現預金の出し入れ、管理をすることである。日々のお金の動きを管理し、帳簿への記入、仕訳、現金の管理等を行っている。
 
 部品: 通貨払いの原則
 賃金は通貨によって支払う。小切手や現物(商品など)で支払うことはできない。現物支給だとその現物がはたして本当に賃金に見合った価値のあるものなのかどうかが不明確であるためである。
 
 部品: 直接払いの原則
 ピンハネ防止のため、仕事の仲介人や代理人に支払ってはならず、必ず賃金は直接本人に支払わなければいけない。
 
 部品:  全額払いの原則
 給与からは労働者への貸付金その他のものを控除してはならず、必ず定められた賃金の全額を支払わなければいけない。ただし定められた税金、社会保険料、労使協定で定められたものについては例外とする。
 
 部品:  毎月一回以上の原則
 毎月一回以上支払わなければならない。毎月とは暦月を指し、年俸制であっても毎月一回以上支払う必要がある。
 
 部品: 一定期払いの原則
 一定の期日に支払わなけれなければならない。一定期といっても、必ずしも日付を指定する必要はなく、月給における末月払い、週給における月曜日支払いのようにその日が特定される方式で良い。
 
 部品: 基本給
 文字通り基本となる固定給のことで、勤続年数や年齢で決まる属人休と従業員の能力や仕事内容で決まる仕事給の2種類を合わせたものが一般的である。
 
 部品:  手当
 基本給のほかに諸費用として支払われる賃金。扶養手当、地域手当、住居手当、通勤手当、資格手当、役職手当、時間外手当などがある。
 
 部品: 残業代
 一日8時間を超えて労働させた場合は通常の労働時間または労働日に対して支払う賃金に加えて一定の割増率に基づいた割増賃金を支払わなけれなならない。
 
 部品: 時間外労働に伴う割増賃金の対象外となる項目
 家族手当、通勤手当、別居手当、子女教育手当、住宅手当、臨時に支払われた賃金、1ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金については割増賃金の基礎となる賃金には算入しない。
 
 部品:  月60時間を超えた時間外労働の割増率
 一か月に60時間を超えて時間外労働をさせた場合は、その超えた時間の労働について通常の賃金の計算額の5割以上の率で計算した割増賃金を支払わなえればならない。
 
 部品: 深夜残業手当
 22:00から翌日5:00までの深夜時間帯に残業することがある場合はその時間を把握し、通常の時間給の25%で計算した深夜割増手当を支給しなければならない。
 
 部品: 休日勤務手当
 法定休日に労働させた場合は35%の割増賃金を支払わなければならない。なお、「休暇」の場合は時間外割増はつかない。
 
 部品: 賞与
 定期給の労働者に対し定期給とは別に支払われる、特別な給料のこと。各企業によって算定の基準は異なり、企業または部署・従業員の実績などによることが多い。なお、賞与からも額面に料率を掛けて求めた社会保険料等が徴収される。
 
 部品: 休憩時間
 一日の労働時間が6時間を超える場合は少なくとも45分、8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩時間を与えなければならない。
 
 部品: 休憩時間付与の原則
 休憩時間は労働時間の途中に与えること。すべての労働者に一斉に与えること、休憩時間は自由にりようさせること。ただし一定の事業には一斉休憩の原則が適用されない(運送、販売、理容、病院、旅館等接客娯楽等)
 
 部品: 手待ち時間
 仕事と仕事の合間の待機時間、休憩しているようでも拘束されている時間は労働時間(実労働時間)とされる。
 
 部品: 休日の原則
 使用者は労働者に対して毎週少なくとも1日の休日を与えなければならない。ただし繁忙期は4週間を通して4日の休日を与えればよい。
 
 部品: 代休
 休日に労働させ、事後代わりの休日を与えること。休日労働の事実は変わらず、休日に対する割増賃金の支払いが必要。
 
 部品: 振替休日
 あらかじめ定めてある休日を、事前に手続をして他の労働日と交換すること。この場合は休日労働にはならない。
 
 部品: 有給休暇
 6ヶ月以上継続して勤務し、その間の出勤率が所定労働日数の8割以上である人に10日の休暇を取る権利が発生する。この日は出勤したものとみなされる。その後、勤務日数に応じて増えていくが有効期限は2年となっている。
 
 


インポート用定義データ


 [
   {
     "id": 76531,
     "title": "暁工務店",
     "description": null,
     "part_type": "group",
     "created_at": "2017-08-26 10:38:05.842918",
     "updated_at": "2017-08-26 10:38:05.842918",
     "children": [
       {
         "id": 76532,
         "title": "仕事の流れ",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "id": 76533,
             "title": "営業",
             "description": "営業は、工務店と建て主のパイプ役をする。建て主の希望や立地条件を考慮して、建て主が喜ぶような建物を提案する。建設中も建て主に代わって役所との交渉をしたり、進行状況を報告したり、完成時に建て主にキーを渡すのも大切な仕事だ。",
             "part_type": "part",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1969,
               "name": "八猫 キルケ"
             }
           },
           {
             "id": 76534,
             "title": "設計",
             "description": "設計の仕事には、デザイン設計と構造設計、そして設備設計に大きく分かれている。デザイン設計は建物の外観、間取り、フロアの高さ、配管など、建物の機能に合せた基本的な部分を計画する。構造設計とは、丈夫な建物を作るための骨組みを設計する。建物の大きさに合せて工法や資材を決定する仕事。設備設計は、建物を使う人の立場に立って、使いやすい建物にするために防音などの各種設備を設計する。",
             "part_type": "part",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1969,
               "name": "八猫 キルケ"
             }
           },
           {
             "id": 76535,
             "title": "資材調達",
             "description": "設計書に描かれている建物を作るために、その材料や道具を手配する仕事。品質の良い材料を安く入手するというだけではなく、資材を現場に運ぶタイミングを計画するのも大事な仕事。膨大な材料を一度に現場に持ち込んでしまったら、現場は身動きできなくなってしまう。\n",
             "part_type": "part",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1969,
               "name": "八猫 キルケ"
             }
           },
           {
             "id": 76536,
             "title": "施工管理",
             "description": "建物の建設スケジュールを決定し、スケジュールに合せて作業が進むように管理する仕事。設計図を元に建設作業の順序や工法を決め、資材調達部門と連携しながら、作業する人に指示を出していく。協力してくれている外注先との交渉や、働く人たちの管理もする。",
             "part_type": "part",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1969,
               "name": "八猫 キルケ"
             }
           },
           {
             "id": 76537,
             "title": "完成と引き渡し",
             "description": "建物が完成したら、建て主に建物の説明をし、工事で使っていた鍵から建て主が使用する鍵に付け替える作業をし、引き渡し終了となる。",
             "part_type": "part",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1969,
               "name": "八猫 キルケ"
             }
           }
         ],
         "character": {
           "id": 1969,
           "name": "八猫 キルケ"
         }
       },
       {
         "id": 76538,
         "title": "組織",
         "description": null,
         "part_type": "group",
         "children": [
           {
             "id": 76539,
             "title": "社長と暁工務店の想い",
             "description": "暁工務店の初代社長は、現場で大工仕事から始め、工務店を起業し、暁の円卓の住民によりよい家をというスローガンのもと優秀な大工を雇い働いてきた。その後もその意志を受け継ぎ、暁の円卓の住宅事情を支えている。",
             "part_type": "part",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1969,
               "name": "八猫 キルケ"
             }
           },
           {
             "id": 76540,
             "title": "大工",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "id": 76541,
                 "title": "大工の雇用",
                 "description": "暁工務店では経験ある大工を雇用している。また、未経験の若者なども雇用し、雑用を任せながら一人前の大工になれるよう現場で修行させている。",
                 "part_type": "part",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1969,
                   "name": "八猫 キルケ"
                 }
               },
               {
                 "id": 76542,
                 "title": "必要な道具の支給",
                 "description": "大工へは木槌や鉋、安全帽など、必要な道具の支給がされている。その他の消耗品については別途申請してもらう。",
                 "part_type": "part",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1969,
                   "name": "八猫 キルケ"
                 }
               },
               {
                 "id": 4120,
                 "title": "大工道具セット",
                 "description": null,
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "id": 4121,
                     "title": "釿",
                     "description": "大工道具としては現在は鉋があるため、使用する機会は大幅に減っています。しかし、釿始めといって大きな建築や新年の仕事始めの時に行う儀式で用いられるなど今なお特別な道具です。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 594,
                       "name": "藻女"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 4122,
                     "title": "鉋",
                     "description": "材木の表面を仕上げる時に使う道具。釿では荒削りだったのがより美しく仕上げられるようになった。なお鉋も種類が多く、どの大工も一人前と呼ばれる者ならばその時々で何種類かの鉋を使い分けている。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 594,
                       "name": "藻女"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 4123,
                     "title": "鋸",
                     "description": "木材を切断する道具。繊維に対してどう切るのに適しているかによって縦挽鋸、横挽鋸がある。また斜め方向に切るのに適した茨目と呼ばれる刃の形もある。その他にも用途に応じていくつもの鋸がある。それらの中には特殊なものもあり、職人であっても知識でしか知らないものすらあるほどです。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 594,
                       "name": "藻女"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 4124,
                     "title": "鑿",
                     "description": "穴や溝を掘るのに使う道具。ほぞ穴を掘ったり、凸凹を作るなど、直接目にしない部分で特に重要な役割を負っています。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 594,
                       "name": "藻女"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 4125,
                     "title": "錐",
                     "description": "穴をあける道具。行える作業は穴をあける事しか出来ないものの、最適な穴の位置、大きさ、深さ、方向を見極め、その通りの穴を作るというのは地味ではある者のとても難しい作業です。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 594,
                       "name": "藻女"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 4126,
                     "title": "墨壺",
                     "description": "材木に直線を引く道具。古くから道具ではあるものの今だ乾燥には弱く、手入れをしないとすぐに使えなくなります。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 594,
                       "name": "藻女"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 4127,
                     "title": "曲尺",
                     "description": "さしがねとも呼ばれる材木の長さを測ったり、直角を測るのに使う道具。これで勾配を測ることも出来、大工道具で計測に使うと言えばこれと言える存在。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 594,
                       "name": "藻女"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 4128,
                     "title": "槌",
                     "description": null,
                     "part_type": "group",
                     "children": [
                       {
                         "id": 4129,
                         "title": "木槌",
                         "description": "金属製の釘を使うのには向かないものの、鑿や鉋の刃の調整に用いられる。その他打撃力を抑えたい時にも使われる。",
                         "part_type": "part",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 594,
                           "name": "藻女"
                         }
                       },
                       {
                         "id": 4130,
                         "title": "金鎚",
                         "description": "他国では玄翁とも呼ばれるが、殺生石を壊したという和尚の名前から取られていると言われるため使われていない。",
                         "part_type": "part",
                         "children": [],
                         "character": {
                           "id": 594,
                           "name": "藻女"
                         }
                       }
                     ],
                     "character": {
                       "id": 594,
                       "name": "藻女"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 4131,
                     "title": "大工道具について",
                     "description": "より高水準の建築を行うために国より提供されるアイテムです。ある程度数を揃える事が出来、性能もよいものになるよう日々研究と開発が進められています。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 594,
                       "name": "藻女"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 4132,
                     "title": "砥石",
                     "description": "刃物を研磨するための道具。鋸や鉋など刃の手入れに使われています。砥石も用途に応じて種類がありますが、この道具を使うようなものであるならば仕上げ用だけで大丈夫と思われます。ただし、世界が予想を超える可能性を考慮して荒砥と中砥も用意されています。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 594,
                       "name": "藻女"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 4133,
                     "title": "安全帽",
                     "description": "頭部の傷害を防ぐための作業帽。高物理国で使われていたものを元に自国でも使えるように改良したもの。高物理国で作業をする場合はその地の安全帽を使えばいいと自国向けに最適化されている。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 594,
                       "name": "藻女"
                     }
                   }
                 ],
                 "character": {
                   "id": 594,
                   "name": "藻女"
                 }
               }
             ],
             "character": {
               "id": 1969,
               "name": "八猫 キルケ"
             }
           },
           {
             "id": 76543,
             "title": "人事",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "id": 76544,
                 "title": "労務管理",
                 "description": "従業員の給与、有給休暇、その他、適切に休憩をとっているかなど、労務関係の管理を行う。問題があれば上長に報告し、適切な処理を行う。",
                 "part_type": "part",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1969,
                   "name": "八猫 キルケ"
                 }
               },
               {
                 "id": 76545,
                 "title": "面接と採用",
                 "description": "人事は従業員の採用を行う。応募者の書類選考をし、合格した者と面接をし、人格的、能力的に問題ないか判断して採用を行う。",
                 "part_type": "part",
                 "children": [],
                 "character": {
                   "id": 1969,
                   "name": "八猫 キルケ"
                 }
               }
             ],
             "character": {
               "id": 1969,
               "name": "八猫 キルケ"
             }
           },
           {
             "id": 76546,
             "title": "総務",
             "description": "総務は文書の管理、消耗品の購入、社内行事の開催、その他の雑務など、幅広く業務を行い暁工務店を支えている。",
             "part_type": "part",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1969,
               "name": "八猫 キルケ"
             }
           },
           {
             "id": 76547,
             "title": "経理",
             "description": "経理の仕事は、会社や組織の営業活動や財務状況を把握、記録し、数字で管理することおよび現預金の出し入れ、管理をすることである。日々のお金の動きを管理し、帳簿への記入、仕訳、現金の管理等を行っている。",
             "part_type": "part",
             "children": [],
             "character": {
               "id": 1969,
               "name": "八猫 キルケ"
             }
           },
           {
             "id": 16071,
             "title": "従業員の給与と休日",
             "description": null,
             "part_type": "group",
             "children": [
               {
                 "id": 16072,
                 "title": "給与支払いのルール",
                 "description": null,
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "id": 16073,
                     "title": "通貨払いの原則",
                     "description": "賃金は通貨によって支払う。小切手や現物(商品など)で支払うことはできない。現物支給だとその現物がはたして本当に賃金に見合った価値のあるものなのかどうかが不明確であるためである。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1969,
                       "name": "八猫 キルケ"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 16074,
                     "title": "直接払いの原則",
                     "description": "ピンハネ防止のため、仕事の仲介人や代理人に支払ってはならず、必ず賃金は直接本人に支払わなければいけない。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1969,
                       "name": "八猫 キルケ"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 16075,
                     "title": " 全額払いの原則",
                     "description": "給与からは労働者への貸付金その他のものを控除してはならず、必ず定められた賃金の全額を支払わなければいけない。ただし定められた税金、社会保険料、労使協定で定められたものについては例外とする。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1969,
                       "name": "八猫 キルケ"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 16076,
                     "title": " 毎月一回以上の原則",
                     "description": "毎月一回以上支払わなければならない。毎月とは暦月を指し、年俸制であっても毎月一回以上支払う必要がある。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1969,
                       "name": "八猫 キルケ"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 16077,
                     "title": "一定期払いの原則",
                     "description": "一定の期日に支払わなけれなければならない。一定期といっても、必ずしも日付を指定する必要はなく、月給における末月払い、週給における月曜日支払いのようにその日が特定される方式で良い。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1969,
                       "name": "八猫 キルケ"
                     }
                   }
                 ],
                 "character": {
                   "id": 1969,
                   "name": "八猫 キルケ"
                 }
               },
               {
                 "id": 16078,
                 "title": "給与項目",
                 "description": null,
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "id": 16079,
                     "title": "基本給",
                     "description": "文字通り基本となる固定給のことで、勤続年数や年齢で決まる属人休と従業員の能力や仕事内容で決まる仕事給の2種類を合わせたものが一般的である。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1969,
                       "name": "八猫 キルケ"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 16080,
                     "title": " 手当",
                     "description": "基本給のほかに諸費用として支払われる賃金。扶養手当、地域手当、住居手当、通勤手当、資格手当、役職手当、時間外手当などがある。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1969,
                       "name": "八猫 キルケ"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 16081,
                     "title": "残業代",
                     "description": "一日8時間を超えて労働させた場合は通常の労働時間または労働日に対して支払う賃金に加えて一定の割増率に基づいた割増賃金を支払わなけれなならない。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1969,
                       "name": "八猫 キルケ"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 16082,
                     "title": "時間外労働に伴う割増賃金の対象外となる項目",
                     "description": "家族手当、通勤手当、別居手当、子女教育手当、住宅手当、臨時に支払われた賃金、1ヶ月を超える期間ごとに支払われる賃金については割増賃金の基礎となる賃金には算入しない。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1969,
                       "name": "八猫 キルケ"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 16083,
                     "title": " 月60時間を超えた時間外労働の割増率",
                     "description": "一か月に60時間を超えて時間外労働をさせた場合は、その超えた時間の労働について通常の賃金の計算額の5割以上の率で計算した割増賃金を支払わなえればならない。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1969,
                       "name": "八猫 キルケ"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 16084,
                     "title": "深夜残業手当",
                     "description": "22:00から翌日5:00までの深夜時間帯に残業することがある場合はその時間を把握し、通常の時間給の25%で計算した深夜割増手当を支給しなければならない。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1969,
                       "name": "八猫 キルケ"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 16085,
                     "title": "休日勤務手当",
                     "description": "法定休日に労働させた場合は35%の割増賃金を支払わなければならない。なお、「休暇」の場合は時間外割増はつかない。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1969,
                       "name": "八猫 キルケ"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 16086,
                     "title": "賞与",
                     "description": "定期給の労働者に対し定期給とは別に支払われる、特別な給料のこと。各企業によって算定の基準は異なり、企業または部署・従業員の実績などによることが多い。なお、賞与からも額面に料率を掛けて求めた社会保険料等が徴収される。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1969,
                       "name": "八猫 キルケ"
                     }
                   }
                 ],
                 "character": {
                   "id": 1969,
                   "name": "八猫 キルケ"
                 }
               },
               {
                 "id": 16087,
                 "title": "休憩",
                 "description": null,
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "id": 16088,
                     "title": "休憩時間",
                     "description": "一日の労働時間が6時間を超える場合は少なくとも45分、8時間を超える場合は少なくとも1時間の休憩時間を与えなければならない。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1969,
                       "name": "八猫 キルケ"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 16089,
                     "title": "休憩時間付与の原則",
                     "description": "休憩時間は労働時間の途中に与えること。すべての労働者に一斉に与えること、休憩時間は自由にりようさせること。ただし一定の事業には一斉休憩の原則が適用されない(運送、販売、理容、病院、旅館等接客娯楽等)",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1969,
                       "name": "八猫 キルケ"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 16090,
                     "title": "手待ち時間",
                     "description": "仕事と仕事の合間の待機時間、休憩しているようでも拘束されている時間は労働時間(実労働時間)とされる。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1969,
                       "name": "八猫 キルケ"
                     }
                   }
                 ],
                 "character": {
                   "id": 1969,
                   "name": "八猫 キルケ"
                 }
               },
               {
                 "id": 16091,
                 "title": "休日",
                 "description": null,
                 "part_type": "group",
                 "children": [
                   {
                     "id": 16092,
                     "title": "休日の原則",
                     "description": "使用者は労働者に対して毎週少なくとも1日の休日を与えなければならない。ただし繁忙期は4週間を通して4日の休日を与えればよい。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1969,
                       "name": "八猫 キルケ"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 16093,
                     "title": "代休",
                     "description": "休日に労働させ、事後代わりの休日を与えること。休日労働の事実は変わらず、休日に対する割増賃金の支払いが必要。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1969,
                       "name": "八猫 キルケ"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 16094,
                     "title": "振替休日",
                     "description": "あらかじめ定めてある休日を、事前に手続をして他の労働日と交換すること。この場合は休日労働にはならない。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1969,
                       "name": "八猫 キルケ"
                     }
                   },
                   {
                     "id": 16095,
                     "title": "有給休暇",
                     "description": "6ヶ月以上継続して勤務し、その間の出勤率が所定労働日数の8割以上である人に10日の休暇を取る権利が発生する。この日は出勤したものとみなされる。その後、勤務日数に応じて増えていくが有効期限は2年となっている。",
                     "part_type": "part",
                     "children": [],
                     "character": {
                       "id": 1969,
                       "name": "八猫 キルケ"
                     }
                   }
                 ],
                 "character": {
                   "id": 1969,
                   "name": "八猫 キルケ"
                 }
               }
             ],
             "character": {
               "id": 1969,
               "name": "八猫 キルケ"
             }
           }
         ],
         "character": {
           "id": 1969,
           "name": "八猫 キルケ"
         }
       }
     ],
     "character": {
       "id": 1969,
       "name": "八猫 キルケ"
     },
     "expanded": true
   }
 ]