草部

草類

【薬】 やくおうじゅ(薬王樹)、とうそうどうじ(東桑童子)、ひんそう(賓草)、びゃくそう(白草)、じゅんそう(荀草)、えいそう(栄草)、じょうそう(条草)、たく(擇)、むじょう(無条)、しゅくじょう(夙条)、じょうそう(条草)、きそう(鬼草)、こうりょうさんそう(高梁山草)、えんさん(焉酸)、ぎゅうしょう(牛傷)、ちゅうがんぎょく(駐顔玉)、ちゅうがんそう(駐顔草)、れいこうこう(霊香膏)、うまぐすり(馬薬)、きつねのくすり(狐煎薬)、ふたあらのこごめ(蓋新の古米)、おうせいしんさい(殃政新斎)、げどくがん(解毒丸)、わくちんさま(わく狆さま)、わくちんぜとわか(わく狆Z若)、くすえ(薬殪)、せっかちぐすり(悍薬)
【奇薬】 うまひとじゆうのくすり(馬人自由の薬)
【優曇華】 うどんげ(優曇華)
【花】 はなおんな(花女)
【葉】 せいじょ(生如)
【種】 あかて

山草類

【薄茅】 しけつ(矢血)、れいぼう(霊茅)、りょうはのすすき(両葉芒)、すすきおばけ(芒おばけ)
【桔梗】
【竜胆】
【独活】 あきうど(あき独活)
【石蒜】
【水仙】
【紫陽花】
【舞草】 ぶそう(舞草)

芳草類

【芍薬】 あせにらべ(畔にらべ)
【牡丹】 てんりゅうのぼたん(天竜の牡丹)、ぼたんのはなぶさ(牡丹英)
【鬱金】
【蘭】 たいじょこう(待女香)、ふうぞくかいらん(封俗貝蘭)
【薄荷】
【紫蘇】 ていねい(亭甯)

毒草類

【蒟蒻】 こんにゃくゆうれい(こんにゃく幽霊)
【海芋】 かいう(海芋)
【躑躅】
【万年青】

湿草類

【菊】 にっしょう(日精)、しきく(紫菊)、きっかせん(菊花仙)、がにぎく(がに菊)
【艾】 よもぎのつゆ(蓬の露)
【藍】
【葵】
【植楮】 しょくちょ(植楮)
【菫】
【鶏冠】
【鷺草】 さぎそう(鷺草)
【紅花】
【牛蒡】
【葦】 みっかびのかたばのあし(三ヶ日の片葉葦)、かっぱのてあみ(河童の手網)
【菅】
【酸漿】 ほおずきのせい(酸漿精)、びんぼうほおずき(貧乏酸漿)、ほおずきさん
【蘘荷】 みょうがのことり(茗荷の子取)
【芭蕉】
【景天】 まんねんぐさ(万年草)
【蝴蝶草】 ぎょくこちょう(玉蝴蝶)

蔓草類

【烏蘞莓】 ごしきづたのせい(五色蔦の精)
【紫藤】 かしわっぐるまのふじ(樫車の藤)、なぎれのふじ(縄切藤)、かげのぶふじ(景信藤)、ふじぎゃう
【甘蔓】 あまづらおばけ(甘葛お化け)、
【苺】
【葛】 かつだいか(葛大哥)
【葎】
【木通】
【牽牛花】
【落花生】

葷草類

【葷草】 しゅくよ(祝余)、うにぬはあとぅぎ(鬼刷牙)、こしゅん(胡葰)
【葱】 ねぶかだゆう(葱太夫)、うねぎさねぎ(右葱左葱)
【水昌葱】
【生薑】 しょうがのによいごえ(生姜の呻声)
【蘿蔔】 らふくせい(蘿蔔精)、てんせいらふく(転生蘿蔔)、だいこむしゃ(大根武者)、だいこげいしゃ(大根芸者)、りゅうぐうだいこん(竜宮大根)、あかだいこ(赤大根)、またばな(俣花)、だいこみそ(大根みそ)、くるまだいこ(車大根)、すずしろぐも(蘿蜘)、
【胡蔔】 にんじん(仁心)、にんじんむぐり(人参むぐり)、しあわせのにんじん(幸せの人参)
【蕪菁】 アタネかぶらつづみ(蕪鼓)、こかぶのないし(小蕪菁内侍)
【山葵】
【煙草】 たばこおくり(莨草贈)、まごえもんのおばけ(孫右衛門のお化け)、きせるやのようかい(煙管屋の妖怪)、パイプモンスター(Pipe Monster)、ごないこくぶ(御内国分)

水草類

【菖蒲】
【香蒲】
【浮草】
【莎】 くぐのだいじゃ(莎大蛇)

藻類

【昆布】 ごつごつごぶ
【若布】 なないろのわかめ(七色の若布)
【紫菜】 のりつま(海苔端)
【寒天】 じんたかんてんてんま(寒天伝馬)

苔類

【地衣】 やめいたい(夜明苔)
【苔】 ニャニャブレムブ

石草類

【絡石】

仙草類

【玉蔬】 ぎょくそ(玉蔬)、せんとうそう(仙桃草)、むそう(夢草)、もうじょさい(毛女菜)
【木威喜】 もくいき(木威喜)
【不死草】 ようしんし(養神芝)
【夜夢草】 かいむそう(懐夢草)
【護門】 ごもんそう(護門草)
【畜草】 ろうしゅよう(瓏種羊)
【戦草】 どさくさ(どさ草)、ていせんばな(てい仙花)、じゅうがつのざくろ(十月の柘榴)、ちゅうりっぽ(中立鳩)
【色種】 はなげ(花毛)