田淵幸一


  • 1946年9月24日生 東京都豊島区出身 右投右打

  • 貧打に泣き、最下位に沈んだイーグルスを救うため、ヘッド兼打撃コーチに就任した男。

  • 法政大学時代は山本浩二・富田勝とともに法大3羽ガラスとして騒がれ、六大学リーグ通算22本塁打の記録を作る。
    この記録は1997年に高橋由伸(現G)が23本を打つまで破られることがなかった。
  • 同期の山本、星野仙一とは大学のころからの親友。
  • そして、大豊作ドラフトとして有名な1968年ドラフトで阪神に1位指名されプロ入り。
  • 現役時代は強肩強打の捕手としてHRを量産。
    美しい放物線(アーチ)を描く、滞空時間の長いHRから「ホームランアーチスト」と呼ばれた。
  • 1975年にはHR王を獲得している。ちなみに王貞治の14年連続HR王を阻止するものだった。
  • 人によっては「三代目ミスタータイガース」と称されることも。
  • プロ2年目、左こめかみへの死球で生死の境をさまよった経験がある。
    現在耳つきヘルメットが導入されているのは、田淵の死球禍が理由のひとつ。
  • 死球の影響で左耳が難聴。またこれ以降体質が変わったのかメタボになってしまう。
    ルーキーのころは「もやし」「キリン」と呼ばれるほど痩せていたが見る影もない。
  • 肥満のため守備は緩慢だったという。お人よしかつ大雑把な性格も手伝って、捕手としては大成できなかった。
    • ノムさん曰く、「打たれたら自分のせいでなく、投手のせいにする」とのこと。
    • 江夏豊は「ブチほど純粋で裏表のない人間はいない」と語る。
  • 1978年オフ、西武ライオンズにトレード移籍。一塁手、DHとしても活躍、西武優勝に貢献した。
    • 余談だが、このときのトレード相手の1人は元・阪神監督の真弓明信である。
  • 1984年限りで現役引退。

  • 1990年、福岡ダイエーホークスの監督に就任するも、1992年に解任。
  • その後しばらく解説者として活動し、2002年に阪神打撃コーチに。もちろん呼んだのは監督に就任した星野である。
    翌年チームを優勝に導くと、勇退する星野と一緒にコーチを退任した。
  • 2008年の北京五輪でも、星野のもとでヘッド兼打撃コーチを務めている。結果は(ry
  • 星野が楽天イーグルス監督に就任すると、またもや一緒にやってきてヘッドコーチに。
    ↑のような経緯もあり、「またお友達内閣か」と揶揄される。
    • 本人いわく「俺は監督に向いてない」……ヘッドコーチには向いてるのか?
    • 就任早々の12月、仁村徹2軍監督が1軍作戦コーチに配置転換された。これも「知ってた」と言うべきだろうか。
  • 阪神コーチ時代の「うねり打法」「血液型指導」に加え「骨盤打法」を提唱。
    …とにかく覚醒させてくれたらなんでもいいのである。
  • 大廣翔治のロマンに魅せられたようで、秋季キャンプで熱心に指導していた。
  • 一応阪神では実績があるのでかばう声もあったが、開幕前からさっそく叩かれる。そして開幕すると(ry
  • 6月5日に打撃コーチを外れ、ヘッド専任になる。住民からは歓喜と「やめないのかよ」という声が入り混じった。
  • とはいえ、元々非力な選手が多いところへ統一球の導入である。
    なんでもかんでも田淵のせいにはできないのではないだろうか。
  • シーズンオフのトークショー、監督に冗談交じりとはいえ「戦犯は田淵」と言われてしまう。
  • 2012年も何をしたのかよくわからない状態のまま退団が発表された。
    • とはいうものの、子供へのプレゼントを買ってあげるなど、家族を含めた助っ人のケアを務めたそうだ。
  • がんばれ!!タブチくん!!
最終更新:2013年01月20日 17:38