ウェールフープ式

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ウェールフープ式はサードとフォースにおけるWPを文章で表現するための言語である。
ここではフォースにおけるWP式(Ulèsair vaiufalfeit/ウルセアル・ヴェーイユファルファイト/Uv)を表記する。
フォースウェールフープ学の知識が在ることを前提とする。

目次

定義構文

WPの名前、クラスを設定する。

1.<クラス名_名前>~内容~</クラス名_名前>

クラスの下にWPの名前がある形。
クラスはパソコンのフォルダのようなものでWP名を整理するために付けられまとめられる名前。

2.<クラス名.子クラス名_名前>~内容~</クラス名.子クラス名_名前>

クラスの下に子クラスがあるとき.で分けて表記する。

3.<Al_.A>~内容~<Al_.A>

ラベル、.の後のAに任意の名前が入りその間に内容を間接的に示すことが出来る。

4.A = B;

Aという名前の変数に値Bを代入。
?は不定値の変数である。

性質(Ms)構文

1.<Ms Wpn=A>(rG)</Ms>

Aに直接Wpn単位量を表記する。
rGは任意で表記。

2.<Ms Wpo%=A>rG</Ms>

rGを指定して、それのAパーセントのウェールフープ量が存在していることを指す。
ウェールフープ量は以下の計算でWpn単位量に変換することが出来る。

rG*0.08*A/100
例として<Ms Wpo%=45>8</Ms>という式があったら
8*12.5*45/100=なので45WpnのWP量を持つことになる。

3.<Ms Mon=></Ms>

Aには+,-が入るモーニ成分が-か+なのかを表すため、上記の1か2の中に入る。

例として、
<Ms Wpo%=45>8
<Ms Mon=-></Ms>
</Ms>
という式では、<Ms Wpo%=A></Ms>構文に-モーニを明示している。

4.<Ms Sws=A></Ms>

成長速度(Ny管にWPoをもつ物体を通したときのAsw値の増える速度)を表す。
A Asw/sになる。

位置(Sn)構文

1.->A

Aに向かっている様子を表す。

2.-> A ->

Aを通過している意。

3.A+B

AとBが加わる様子。変数代入では足し算。

4.A(+)B

AとBがすでに加わっている状態。

5.!-->,!+->

生理学モーニの発射
!-->が-モーニ、!+->は+モーニ

ループ(St)構文

.1<St Ly=A>~内容~</St>

A回内容をループする。
Aが?なら不定回数。
最終更新:2014年09月25日 23:19