WP学年表

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Mp.1799 ADLPがWP主任研究員にAles.lanermeを任命。
ADLPの研究機関で呪術としての宗教的WP実践学が発達する。
Mp.598 ADLPから「魔法研究白書」が各地方政権に配られる。魔法の存在が確実に認識される。
Mp.294 「魔法は神の力でも神秘的な何かでもなくそこには法則性がある」と発言したAles.lanermeが処刑される。
0 魔法生神論の議論が活発化、各地でWP学の実験が行われさまざまなデータが出てくる。その中で魔法生神論の否定が高まる
Phil.23 ウェールフープ学政治戦争
Phil.44 魔法生神論がFAFS.sashimiによって否定され唯物論的WP学の成立が注目された。
ADLPがAflicazan.leviaにWP主任研究員を任命。
Phil.45 Aflicazan.leviaが「ウェールフープ医学研究報告」をFAFS.sashimiに提出。WP医学に注目が集まる。
~Phil.800 戦争によってWP学は各地で禁止される。「古代WP学の死亡」とも。
Phil.998 Xelken.skarsnaが生まれる。
Phil.1066 Xelken.skarnaが「ウェールフーポの存在」を出版。
Phil.1577 WPer殺害減滅計画によって大量のケートニアーがクワイエ国で殺害される。
「ウェールフーポの存在」が焚書される。
Phil.1622 Xelken.skarnaがモーニ理論を発見
Phil.1650 旧クワイエに魔法安全保障庁魔法研究安全機構が設立、以後魔法研究機関を各国が競って立てる「近代WP学の誕生」が始まる。
Phil.1655 リパラオネ国がリパラオネ連邦魔法研究局が成立
ラネーメ国がラネーメ魔法公安局を設立
レアディオ国がレアディエン魔法大学院・保安研究所を設立
クレオス国が国家魔法研究所を設立
Phil.1680 Skarsna.ivaneがメタニュイ問題WP圧理論を提唱。
~Phil.1992 戦争の機運が高まりWP学が禁止させられる。「近代WP学の死亡」
Phil.2002 フェーユ・シェユがWP発電実験に成功
Phil.2003 ユエスレオネ連邦WP安全保障庁-WP研究機構、国公警研、ユエスレオネ中央大学-ウェールフープ研究室が設立。ウェル式が体系化する。
Phil.2004 Xelken.skarnaがWP可能化剤を開発。
Ales lanerme lipakorlがユエスレオネ中央大学-ウェールフープ研究室の主任研究員として着任する。
Phil.2007 全連邦電源がWP発電所になる
Phil.2009 連邦政府、NZWP爆弾の実験に成功
Phil.2010 Ales lanerme lipakorlがイールドを開発。
最終更新:2015年04月14日 14:10