負のユナ量問題

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

負のユナ量問題(理:Ny morni'd fafsirl)とは、S.H.K WP理論におけるフォースに対する反論である。スカースナ・ハルトシェアフィス・クランが提議した。




概要

負のユナ問題はフォースWP理論における矛盾点を言っている。クランはユナ量が十属元素の左に行くとどんどんマイナスになることに着目し、マイナスのユナ量物質の挙動は不明であるとしてこの理論上の定義を否定した。S.H.K WP理論では、これが絶対数となっているためマイナスのユナ量物質は存在しない事になっている。
最終更新:2015年04月13日 01:41