メタニュイ問題

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

メタニュイ問題(理:Xeu'd Nyi Fafsirl)はNy管理論の否定論である。ファイクレオネではスカーナ・イヴァネ・フォン・スカーイヴ(Skarna.ivane fon skariv)が提唱した。

概要

空気や土、海などファイクレオネやカラムディア、ウェールフープの適用される場所は様々な物質で出来ているがここで問題が出来てしまう。ウェールフープのNy管理論ではNy管を通る距離が長くなればそのWP波が強くなることとなっている。メタニュイ問題とはこれが前提の問題である。スカーイヴは「もし、Ny管理論が真であればウェールフープ可能界は膨大な熱を発生させそのエネルギーによって自壊していく」と発表した。

理論

メタニュイ理論では、『エメート』という単語を良く利用する。エメートとは、『偶然の物質移動』によって出来るNy管でありどんな物質であっても「ユナ量を持つ物体乃至第十属元素は管状になればNy管となる。」ためにそれが繰り返されエメートにWPoがWP波の影響を外部が受けたまま繰り返し通る(エメーテス)ために宇宙がエネルギー過重となって終焉する(エメーチュム)と仮定した。ここから、Ny管理論は間違っておりNy管現象やその他の現象に関しての理論は別に存在するとしてWP圧理論を提唱した。

早期エンデレメーチュム

宇宙全体に含まれる質量(エネルギー)がある値よりも大きい場合には、自身の持つ重力によっていずれ膨張から収縮に転じ、宇宙にある全ての物質と時空は無次元の特異点に収束すると考えられる。これをエンデレメーチュムと呼ぶがこれがエメーテスの発生でエネルギーが量産され早期に達するという理論。
最終更新:2014年11月12日 00:18