ズガン


元ネタとなったSSはかの悪名高き葉鍵ロワイアルII(未完)
一レス作品で殺害方法は一切不明、殺害描写も擬音「ズガンッ!」のみだった事から。
(かろうじて殺害者が拳銃を所持していることから銃声だったのではないかと推察できる)
後に転じて『参加者が殺害描写すらおざなりな非常に短いレス・SS、稚拙な作品で何の脈絡もなく殺害される事。またはそのような行為』 全般を「ズガン」と呼ぶようになった。

当然の如く、ズガンされたキャラは突発死となるので、多くの場合、非難の対象となる。
しかし、参加者数が原作(42人)を大幅に超える傾向のあるパロロワでは、人員整理の必要悪としてごくごく序盤に使われる場合は通ることもある。
ACキャラバトルロワイアル葉鍵ロワイアルの最序盤における、キャラがゴミのように殺されていく展開は、ある意味で何かの参考になるかもしれない。

とは言え、流石に殺害方法一切不明が通った試しは、前述した葉鍵ロワイアルII以外にはあまりなく、昨今ではまず通らない。
しかし単一作品ロワの場合、原作に詳細な設定や描写が存在しないモブキャラに対し、放置のリスクを減少させる予防処置としてのズガン=登場即死亡が行われることもままある。また、そもそもキャラ数無制限のカオスロワも例外で、前述した放置のリスク回避を応用した数十人単位のズガンが当たり前のように起こっており、ズガンなしではカオスロワが成り立たないとされるほど。

用語の独り歩き

なおそれなりに描写があっても、かませ犬のごとく殺されたり、初登場話で殺されているというだけで、この言葉が使われることがある。
むしろ昨今では、そちらの意味で使われることの方が多く、「早期退場者はすべてズガンである」と思い込んでいる人さえ現れてしまっているようである。

たとえ作者が愛を持って殺していても、上記のような理由でズガン扱いを受けるようになってきているために、参加者を序盤で減らすことすら、最近では困難になってきている。
新規ロワが第一回放送も乗り越えられず過疎・消滅する原因の一端が、ここにあると考えているパロロワ住民も多い。



外部リンク:


|