テラカオスバトルロワイアル



2006年12月頃より開始。
当初は2chサブカル板にて進行し、一時なんでもあり板に移行したがすぐに戻り、現在はスレッドレイプの形態をとっている。
進まなくなったロワスレを無断で乗っ取り、時にはキャプテンさえも利用してしまう。現在は創作発表板に存在。
他ロワとは一線を画する特殊なロワで、「死者の復活」「描写なしの大量虐殺」という常識はずれの行動を何のためらいもなく行なう。
一度死んだ人物でも、次のSSで何事も無かったかの如く蘇っているのは日常茶飯事。
時としてあり得ないパワーアップを遂げたり、人間ですらない姿になって蘇ったりもする。
それゆえ参加者の数は二期ロウルートを除いては基本的に定められてはおらず、
誰でも好きなキャラを好きなタイミングで無制限に出せる手頃感がウリ(ただし、同時に殺され放題なのは言うまでも無い)。
しかしそれゆえに荒らしも多く、「出場→ズガン」の連鎖を多発し、
あげく見せしめとしてその荒らしをロワ自体に出場させるという、カオスロワらしい報復が行われることも多々ある。
投稿SS数は現行パロロワとしてはダントツの通算4000超えを成し遂げており、死亡者も軽く四桁を超すなど桁違い。
数あるパロロワの中でも、ひときわ異彩を放つロワであることは間違いないだろう。

最近、そのカオスロワで活躍するか出番が多かったキャラクター達によるロワ、
カオスロワ外伝が同時進行されている。
こちらはこれまでのカオスロワで活躍したキャラによる普通のロワがコンセプトであるため、
カオス定番の死者復活や大量虐殺は禁止……というか当たり前のルールとなっている。
オールロワなどに近いが、そこはカオスロワ。
参加者には当然統一性がないどころか、どうみても主催者陣営だろと突っ込みたくなるキャラまでいたり、
一部のキャラクターはカオスロワ補正により化け物じみたことになっている。
ちなみに、一応制限はかかっているが、ジャンル問わず普通にラスボス勢まで参加者に溢れている。がんばれ一般人。
支給品なども過去のカオスロワで出たことのあるものがメインとなっているため、
懐かしい思い出がよみがえる人もいることだろう。


外部リンク


■支援サイト


■スレッド

  1. アニメ&ギャルゲー&コミック&ラノベバトロワ
  2. TCBR~テラカオスバトルロワイアル~
  3. TCBR~テラカオスバトルロワイアル~
  4. TCBR~テラカオスバトルロワイアル~2
  5. TCBR~テラカオスバトルロワイアル~3
  6. TCBR~新生テラカオスバトルロワイアル~4
  7. 二次創作リレーでバトルロワイアル
  8. 全ジャンルバトルロワイアルスレ
  9. 本家アニメキャラバトルロワイアル
  10. 学生ロワ オルタナティブ(仮)
  11. 1スレ毎にテ-マを変えるロワ開催議論スレ【機械知性体】
  12. ドラえもんのび太のバトルロワイアル 
  13. 剣と魔法とバトルロワイアル 
  14. 既出完全フリーでのギャルゲロワセカンド 
  15. ジャンプキャラ・バトルロワイアル PART.14
  16. 教祖様バトルロワイヤル
  17. NHK教育の番組のキャラでバイトロワイアル
  18. 【型】TYPE-MOONキャラでパロロワ【月】
  19. 軍人キャラ・バトルロワイアル
  20. 私の好きな作品でバトルロワイアル
  21. 懐かしアニメキャラでバトルロワイアル
  22. オリキャラバトルロワイヤル2
  23. 映像化したライトノベルでロワ
  24. ニコニコ動画バトルロワイアルβ sm20

1期~5期までについてはこちら




テラカオスバトルロワイアル第六期


テラカオスバトルロワイアル第七期


テラカオスバトルロワイアル第八期


テラカオスバトルロワイアル第九期


テラカオスバトルロワイアル第十期




テラカオスバトルロワイアル第六期

【概要】

投稿形態: 一応リレー。予約不要。トリップの有無は自由。
登場人物: カオス(なんでもあり)
主催者?: ハインリヒ・ヒムラー→赤木しげる→木原マサキ
優勝賞品: ?
舞台会場: 世界全体
作中時間: 二日目
参加人数: 不明(千以上とも、万以上とも、それ以上とも)
残り人数: -
マーダー数: -
進行状況: 完結

【特色】


 「1週目→のび太生還で2週目を望む→2週目カオス←」―微妙に関係あり→2週目ロウ 3週目 】
 ↓  ↓
 ↓  →色々なルート分岐でそれぞれEDへ
 ↓
カオスパワーで全部融合
 ↓
4週目→学園長の暇つぶしでセプテントリオン編+宝探し編→さらに暇つぶしで無人島編+サバイバル編
 ↓
 ↓→→→色々なルート分岐でそれぞれEDへ
 ↓
6/優勝で5週目を望む(ED1)→5週目→6週目(今ここ)
               ↓
               ↓
           Tルートエンディング(1年後)


575 :カオスロワ6thオープニング ~悪夢再び~ :08/11/02 23:06 ID:whG2bdTA
五回目を数えたテラカオスバトルロワイアルも、数多の悲劇と禍根を残しながらも、6/らの活躍で収束の時を迎えた。
人々は、もう二度とこのような悪夢を繰り返さない事を誓い、来る日も来る日も神に祈った。
その甲斐あってか、その願いは叶うこととなる。

このロワのほとんどは関東というごく狭い範囲で起こっていた出来事のため、
関東以外の区域では、被害は奇跡的にも皆無に等しかった。
そして、関東以外の区域では大方の復興は既に終えつつあった。
再び崩壊した関東を救おうと、各地からボランティアが殺到し、復興にあたった。
復興を支援する募金も、億単位の額が集まった。
その結果、元の国力を取り戻すためには十年かかるという試算も出ていたのに、
半年も経たないくらいのハイペースで、彼らは復興を成し遂げたのである。
人々はもとの暮らしを取り戻し、今まで以上の繁栄を勝ち得た。
この驚くべきペースの国力回復は、戦後復興のモデルとして世界中から高い評価を受けた。
失われた時間は、完全に取り戻されたのだ。

我々がこの偉業を成し遂げられた理由は、二つ。
長かった地獄が終わるという開放感、
悲劇と禍根を未来永劫繰り返すまいとする、強き使命である。

そしていつしか、人々の心からはテラカオスバトルロワイアルは消えていた。
誰一人として、テラカオスバトルロワイアルの存在など、忘れていたのである。
かつてテラカオスバトルロワイアルを戦い抜き、生き抜いた勇者達を除いては。

だが、この皆で勝ち得た平和さえも、長く続きはしないものだった。

576 :カオスロワ6thオープニング ~悪夢再び~ :08/11/02 23:07 ID:whG2bdTA
半年前の第五回テラカオスバトルロワイアルの最中、ある書類が作成されていた。
その名も、『全世界カオスロワ化計画』。
作成者は喜緑江美里。そのロワで絶対的な主催の権利を持っていた女である。
彼女は日本を壊滅させた後、全世界全てを巻き込んだカオスロワを展開するために、
第五回が始まるよりも以前から、この極秘の資料を秘密裏に作成し続けていたのである。
だが、彼女は死に絶え、カオスロワは止められた。
紙切れ同然になり、本来の役目を果たさなくなったこの書類は、邪な者の目に触れぬよう、
何者かによってカオスロワと共に闇の奥底へと葬られた。
だが、この書類を発見し、手にしてしまった者がいたのだ………。

何 で も 有 り … … !
時間軸は5thから半年後。
今回は舞台が日本列島から世界全体に広げられ、
かつてないスケールのデカさを誇っている。行動範囲の広さは全ロワ中髄一ではなかろうか。
途中、空気を読まない展開によってフラグがぶち壊されたりトラブルもあったが、なんだかんだ言って立ち直って5月の3,4日に2種類のEDが投下され、完結した。

テラカオスバトルロワイアル第七期

【概要】

投稿形態: 一応リレー。予約不要。トリップの有無は自由。
登場人物: カオス(なんでもあり)
主催者?: 織田信長&ギム・ギンガナム
優勝賞品: ?
舞台会場: 世界全体
作中時間: 四日目
参加人数: 不明(千以上とも、万以上とも、それ以上とも)
残り人数: -
マーダー数: -
進行状況: 完結

【特色】


 「1週目→のび太生還で2週目を望む→2週目カオス←」―微妙に関係あり→2週目ロウ 3週目 】
 ↓  ↓
 ↓  →色々なルート分岐でそれぞれEDへ
 ↓
カオスパワーで全部融合
 ↓
4週目→学園長の暇つぶしでセプテントリオン編+宝探し編→さらに暇つぶしで無人島編+サバイバル編
 ↓
 ↓→→→色々なルート分岐でそれぞれEDへ
 ↓
6/優勝で5週目を望む(ED1)→5週目→6週目→→T'ルートエンディングorBルートエンディング
               ↓
               ↓
           Tルートエンディング(1年後)

7週目(今ここ)

今までのカオスロワから一新され、新たな世界観(舞台は変わらないが)で開始されることになった。舞台は6期と同じように世界全体だが、6期までの設定を引き継いでいない。
そのため、ここで出てくる人物達は従来のカオスロワに出てきた彼らとは違うこともある。
ただし、一部の方々はなんらかの手段で前期からやってきていることもあるので気が抜けない
一期以来の四日目にまで戦いは続き、話数はカオスロワ史上最大のものとなった。
また聖杯戦争が再び勃発し、出てくるキャラクター達もさらにカオスな連中。
これまでに比べるとカオスロワオリジナルキャラクターも非常に多く出場している。

しかし主催者以外の第三勢力、カオスが生み出した化物参加者の戦闘力が尋常ではないのも特徴であり
後半はそんなのが4、5体同時に出現し、どうなることかと思われたが2011年1月15日に無事エンディングを迎えた。
一部の参加者を引き継ぎ8期に突入する模様。

なお、主催者であるギム・ギンガナムはパロロワ史上ありえない死因で退場している。

テラカオスバトルロワイアル第八期

【概要】

投稿形態: 一応リレー。予約不要。トリップの有無は自由。
登場人物: カオス(なんでもあり)
主催者?: ???
優勝賞品: ?
舞台会場: 世界全体
作中時間: 一日目
参加人数: 不明(千以上とも、万以上とも、それ以上とも)
残り人数: -
マーダー数: -
進行状況: 完結


【特色】

 「1週目→のび太生還で2週目を望む→2週目カオス←」―微妙に関係あり→2週目ロウ 3週目】
 ↓  ↓
 ↓  →色々なルート分岐でそれぞれEDへ
 ↓
カオスパワーで全部融合
 ↓
4週目→学園長の暇つぶしでセプテントリオン編+宝探し編→さらに暇つぶしで無人島編+サバイバル編
  ↓
  ↓→→→色々なルート分岐でそれぞれEDへ
  ↓
6/優勝で5週目を望む(ED1)→5週目→6週目→→T'ルートエンディングorBルートエンディング
               ↓
               ↓
           Tルートエンディング(1年後)

7週目
  ↓
  ↓
  ↓
8週目(今ここ)

一年八ヶ月ぶり二回目の前期と同じ設定を引き継いででのテラカオスバトルロワイアル。
ただし時間軸では繋がりはない(八期の舞台は七期の平行世界)。
また、七期最終話の時点で、七期参加者の一部が八期に飛ばされているため、
これから設定を引き継いでいるキャラクターも多々登場してもおかしくはないと思われる。
七期に引き続きシリアスな話が多いが、それに比例して変態も増えてきてさらにカオスなことになっている。
おかげで今はシリアスな変態なんて輩も。

途中過疎ったが、EDが投下されて完結。
カオスロワにしては1日目で終了は初めてではあるが、
話の量自体なら前期までとそれほど見劣りしなかった。


テラカオスバトルロワイアル第九期

【概要】

投稿形態: 一応リレー。予約不要。トリップの有無は自由。
登場人物: カオス(なんでもあり)
主催者?: 現在は兵藤和尊→真の主催者はゼロ
優勝賞品: ?
舞台会場: 世界全体
作中時間: 三日目
参加人数: 不明(千以上とも、万以上とも、それ以上とも)
残り人数: -
マーダー数: -
進行状況: 完結

【特色】

 「1週目→のび太生還で2週目を望む→2週目カオス←」―微妙に関係あり→2週目ロウ 3週目】
 ↓  ↓
 ↓  →色々なルート分岐でそれぞれEDへ
 ↓
カオスパワーで全部融合
 ↓
4週目→学園長の暇つぶしでセプテントリオン編+宝探し編→さらに暇つぶしで無人島編+サバイバル編
  ↓
  ↓→→→色々なルート分岐でそれぞれEDへ
  ↓
6/優勝で5週目を望む(ED1)→5週目→6週目→→T'ルートエンディングorBルートエンディング
               ↓
               ↓
           Tルートエンディング(1年後)

7週目
  ↓
  ↓
  ↓
8週目

9週目(今ここ)

八期が過疎ったため、ED直後すぐに開始された。
前期までとは違い、以前の設定を引き継いでいるということはない・・・・・・が、
一部のVOCALOID等を見る限り、前期までの性格はある程度流用(?)されている模様。
スタートダッシュは八期程ではないが、それなりに話が投下されて盛り上がり始めている。
2012年7月11日にエンディングを迎えた。

テラカオスバトルロワイアル第十期

【概要】

投稿形態: 一応リレー。予約不要。トリップの有無は自由。
登場人物: カオス(なんでもあり)
主催者?: 五大幹部(プロジェクトテラカオス)
優勝賞品: ?
舞台会場: 日本全土
作中時間: 二日目
参加人数: 不明(千以上とも、万以上とも、それ以上とも)
残り人数: -
マーダー数: -
進行状況: 開始

【特色】

 「1週目→のび太生還で2週目を望む→2週目カオス←」―微妙に関係あり→2週目ロウ 3週目】
 ↓  ↓
 ↓  →色々なルート分岐でそれぞれEDへ
 ↓
カオスパワーで全部融合
 ↓
4週目→学園長の暇つぶしでセプテントリオン編+宝探し編→さらに暇つぶしで無人島編+サバイバル編
  ↓
  ↓→→→色々なルート分岐でそれぞれEDへ
  ↓
6/優勝で5週目を望む(ED1)→5週目→6週目→→T'ルートエンディングorBルートエンディング
               ↓
               ↓
           Tルートエンディング(1年後)

7週目
  ↓
  ↓
  ↓
8週目

9週目

10週目(今ここ)

2012年7月21日に開始。
新たな世界観で開始されることになった。舞台は日本全土だが、途中で九州がロボになった。
ここで出てくる人物達は従来のカオスロワに出てきた彼らとは違うが、7期のノトーリアスDECOが例外的に復活していた。
それなりに話が投下されて盛り上がっている。
主催の作ったナノマシンが生み出したテラカオス候補者が強力であり、その末にテラカオスが誕生した。

|