L

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「そして私の掌の上で踊れ」


                       ,ィ
                     /  ,// _、-
                 , '/ /‐'::::,、ン'/
              , ./:::レ:::::::::::::´::::::ー--...、.._
              _iV::::::::::::::::_::_::_::::::::::::::::::::::::::::::::::=-
           r::'::::::::::::`ヽ三ニー-::::ニ:::::::::-=ニ´
          /::/三:::\\ヽ:::::::::ミ、::::::::::::::_:::=≧ー
         /:::::/:::::ンヘ\\ ヽ:::::::::::`ヽ:::::::::::::ニ三三ェ-
         //i:/://:::,'i::::ヽ\\',、::::ヽ:::::::::::::::::::::<'´
          !' /::;:':::/:::,'::i i:::ヽ:::::::ヽ:ミミ:::::ヽ、:::::::::::k-ニヽ、
          /::i::::l:i:::i、::',. ',::::::ヽ::::::::ヽ::::::::::::`::::::::::ミヽ、
         /:::ii:::l::i:::L::::':,::i:::::::\、 _:::ヽ::::::::::、::::::::::ヾ、
         /::/i:i::l::i::i f:::j、:;::::',ヾ:::,rt:::j、\:::::::::::::::::i、\
      _,rーァ'/'´ i:ハ:l::lリ`=‐ヾ'、::、゙ヾ、ニノヽ::::::::::::::ヾヽ、.
   ,r''"     i.リ/リ::',゙     ゙ヽ     .,!::;:::::iヾ::',ヽ、``ー-
  / ',  -、    i//::l:l゙、     、 ..    ..:':l::i!ヾl:::l lヽi ', `ヽ
  ∧  ',   i i   i i: リ ヽ. ‐-- 、   / /リ / !/./ ' '  ゙ヽ
  ,' ヽ  ', i 〈   ,i i::.、 \\   ..::'::: / !   , ', ' .i
  、 ヽ  i     'ヽゞミヽ、ゞ: `ニ:´:::::'' _,. -//  i
.  ヽ、ヽヽ  i    ',ヽ、`ヽミヽ、    ,.:-'´,. '´/   ノ     /
.   iヽ \i .i!ヽ     ` 、`'-、、、、、- ',ン''           /〃
   i  ヽ.\ !        ` ー-ー '´          , ' //
.   i   ヽ、ヾ                       , ' / '
    ',、   ゙゙'i\ヽ                   , ir' ヽ=

【名前】 L
【読み方】 える
【種別】 悪魔/魔王
【名称】 ロキ
【Lv.】
【現状】 生存
【初登場】 2ndday
【AA出典】 DEATH NOTE

【人物】

遊び人風の格好をした優男。
やる夫達の前に幾度となく現れヤドリギを渡したり助言をしたりと様々な手段で関わる。

正体はウソ付きで有名な北欧神話の魔王ロキ。有名なトリックスターで、他の神族達からは嫌われているらしく、唯一の親友が『妖精王』であるブーンだった。
だが彼が『王の中の王』に殺されたため、ティターニアの助言もあり彼の死のたむけとして王位簒奪戦の内部で様々な工作を施す。
表向きやる夫達の誰かが運命の女王の関係者だと言っていたが、実際は翠星石が女王本人だと最初から知っていた。
「神」が「悪魔」に勝つという概念を運命の女王の力で組み替えることを目的としている。
工作をやりつくした後は自分の出番は終えたと姿を消したらしい。

その後傍観を決め込もうとしたが神霊バアルとなった翠星石につかまりヨーロッパの統治をまかされている。
彼は天使達による融通の利かない法を一蹴し、己が思いつく限りの邪悪な試みを封じる方法を提案。
無理なく、風通しの良い法案を作り上げた。

しかし、彼自身はもっと無茶や無理をして、混乱を楽しみたかったらしく、ストレス発散のために東京は銀座のバーへ赴き、思うがままにスイーツを胃袋に詰め込む姿が幾度となく見かけられたという。

最終更新:2010年03月31日 14:33
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。