■初見プレイの手探り感

  • 初見プレイで情報が少ない時の手探り感、ありますよね。

  • 採集という概念を知らなかった(3)
  • ハイランダーを後列に下げてロングスラストさせると強いと思っていた時期がありました。(X)
  • 剣・槌・重鎧・盾で行動速度がボロクソになってたソードマン(4)
  • クロスカウンターに突撃、リフレクションに突撃、不死再生に突撃etc (X)
  • ルーンの導きが相手の弱点を知れて便利だっだな。 VとXでは初手アナライズor解析グラス安定だったけど。
  • 前列にサイモン配置したまま(SSQ1)
  • 幽冥さんの瘴気のカラクリ理解するまでに5回hageた。(5)
  • バンカーを置きに行って爆発をモロに食らう(5)
  • カンガルーのカウンターのターンが偶数か奇数かわからなくなって結局間違える(4)
  • はじめて結成したパーティで樹海踏破したいがためにパワーレベリング(全ナンバリング共通)
    なお結局突破できずシナジー高い控えで踏破してしまった模様 まるで成長していないなこの冒険者
  • 「とにかくバフを多めにかけておけば安心」という癖がついてしまい、vs. 雷竜戦で呪われし遠吠えをくらい呆然 (4)
  • ワープポイント多数の迷宮で「ワープ入り口」「ワープ出口」の目印を置き間違えていたことに気づき、深い悲しみを背負う(そして総当たりで再検証する)
  • 最初の階層くらい装備変えなくても行けるだろうと意気揚々と乗り込んでボコボコにされる(シリーズ初挑戦時)
  • パッシブスキルに振りすぎて序盤に使える技がない。マスタリ振れば技も付いてくる新シリーズやパッシブのSP少なめなクロスでは起こりにくいけど
  • 最初が一番の最難関だった。(全作共通。特に旧2)
  • 命からがら入り口に戻ったところで「まだ地図が完成していないようだな?」→精神的Hage(旧Ⅱ)
  • 初見でもとりあえずパラディンとアルケミストとメディックからPT構成に入った。バランスよく組みたくて(旧II)
  • ショートカットは反対側から一方通行だと思ってた
  • 解析グラスで属性攻撃っぽいスキルを確認→三色ガード展開→複 数 ラ ン ダ ム 攻 撃(X)
  • パイレーツの銃が強いと思って終盤まで使い続けていた(3)
  • 王のグリモア? なにそれ?(新1)
  • グリモア厳選の仕方が分からない!→そのまま無為に時間が過ぎていく…→諦める。(新2)
  • ゲーム開始直後の金策(旧1以外全て)
  • TPは温存して進もう→温存してたら死ぬ(温存してなくても死ぬ)(初代)
  • クリアしたぞー、さあ次やろう
    →前作と違いすぎる!(4、新2、X)
  • パラのガードの読みが悉く外れる(属性&物理)
  • 初登場時のオランピアさんの可愛さに騙された。(3)
  • 強いスキルが分からなくて、微妙スキルをラスボスまで使い続ける。
  • 表クリア後までアナザーカラーの存在に気づかなかったという(4)
  • 引退ボーナスが重ねがけされていくと勘違いして、存在しない強化を重ね始めてnage
  • バステや封じといった搦手が、いかに重要か実感した。
    初世界樹の旧Ⅱで、パラブシバドメディアルケの脳筋パーティで何度スキュレーやジャガーさんにhageたことか...
  • 攻撃スキルのダメージ倍率や、バステ、封じスキルの成功率などがわからないので
    半端なレベルで止めたり、逆に振りすぎたりと非効率的なスキル振りになりがち。
  • 初プレイ時どのスキルを取ればいいのか分からずとりあえずマスタリーに全振り(5)
  • 地図を書くのにめちゃくちゃ時間がかかる。そして迷う(全般)
  • エーテル圧縮とダークエーテルを間違える(3、X)
  • 星喰初見ワイ「とりあえず1ターン目はバフデバフ盛って様子見やな!」
  • ↑ 全く同じ死に様で笑ってしまった(フルバーストhage)
  • ↑2 「とりあえず解析グラスだな!」も混ぜて
  • 採取ポイントで偶然レア素材をゲット → お店で換金 → その素材が必要になるクエストが後から出てきて「あっ、さっき売っちゃったやつ…」となる
コメント