1200番台

1200番台

1200番台(SKG-LR290J2)は、2017年から導入された中型ノンステップバス。

車両

2015年にいすゞ自動車の看板車種「エルガ」がモデルチェンジして「新型エルガ」となり、国際興業バスでは新3000番台から新型エルガでの導入が始まった。これにより代替時期を迎えた6000番台2000番台(後期)は次々に運用を離脱したが、中型車の「エルガミオ」は2017年夏にようやくモデルチェンジとして「新型エルガミオ」が登場し、新番台として1200番台が設定された。

2017年7月にまず1202~1205が川口・鳩ヶ谷へ納車された。従来はトップナンバーからある程度まとまって都内(池袋→練馬→志村→赤羽、の順)から配置されていく傾向だったが、新3000番台からは1台ずつが各営業所へ納車されて運行を開始し、年を跨ぐなどしてから増備車として急速に増備されていく傾向となっている。その後、空き番だったトップナンバーは練馬に配置され、6600番台以来のトップナンバー配置となった。

外観

全国の各事業者に導入されている新型エルガミオで、国際興業では当然ながら新型式となる。長きにわたっていすゞユーザーである国際興業は「新型エルガ」が2015年に登場しているが、新型エルガミオは2017年7月になってようやく登場した。

行先表示は従来の3色LED表示機に代わり、白色LED表示機が採用されている。

内装

運用

従来から中型車が充当されていた狭隘路線や、閑散時間帯の一般路線を中心に運行される。

平成29年度 SKG-LR290J2

社番 所属 登録番号 転属履歴
最終配置
摘要 出入口表示 車検月
1201 練馬 練馬230あ1201 FPG 7
1202 川口 川口200か・・70 FPG 7
1203 鳩ヶ谷 川口200か・・71 FPG 7
1204 鳩ヶ谷 川口200か・・72 FPG 7
1205 鳩ヶ谷 川口200か・・73 FPG 7

FrontPage >> 車両配置状況 >> 1200番台