赤80

【赤】系統に戻る.

赤80

起点 経由 終点 新設・変更 廃止・変更 担当営業所 備考
(1) 赤羽駅西口 弁天坂下・西が丘 国立西が丘競技場 1996年4月4日変更 赤羽営業所
(2) 赤羽車庫 HPSC南→西が丘→弁天坂下 赤羽駅西口 1996年4月4日変更 現在運行中 赤羽営業所 赤羽車庫始発へ変更

赤80-1

起点 経由 終点 新設・変更 廃止・変更 担当営業所 備考
(1) 赤羽車庫 HPSC南→西が丘→弁天坂下 赤羽駅西口
(駅前通り降車場)
1996年4月4日新設 現在運行中 赤羽営業所

赤80-2

起点 経由 終点 新設・変更 廃止・変更 担当営業所 備考
(1) 赤羽駅西口 赤羽台トンネル)・赤羽都営住宅・赤羽郷・HPSC南 赤羽車庫 1996年4月4日新設 現在運行中 赤羽営業所

路線解説

国際興業バスで都内最大のバスターミナルを誇るのが赤羽駅だが、その赤羽駅西口からの出入庫を一堂に引き受けるのが赤80。西口発着路線の大半が赤80(赤80-2)で出入庫を行うが、2014年現在では出庫が赤80・80-1・80-2(早朝のみ)の3種類、入庫は赤95赤96などを除くと全てが赤80-2で行われる。

赤羽駅が高架化された現在では、西口‐東口の車両の行き来が容易になったことで東口発着路線も赤80で行われることがある。すなわち、赤80として赤羽駅西口まで出庫したあと、回送で東口へ向かい、東口から西新井駅などへ向かう。東口発着の出入庫としては赤95が存在するが、赤31や東十条四丁目から先で並走する王78(都営バス)の本数を考えると、赤80(赤80-2)のみで十分のようだが…。

赤80-1は赤羽駅西口の駅前通り降車場で運転を打ち切るが、運行時間帯は平日夕方以降と土曜・休日の終日である。

2019年6月16日に国立西が丘競技場周辺で停留所名称変更が実施され、国立西が丘競技場→「HPSC南」となった。長らく赤羽営業所近辺ではお馴染みだった「国立西が丘競技場」の名称は、令和の時代へ突入して間もなく消滅した。

最終更新:2020年06月10日 10:05