浦09

【浦】系統に戻る.

浦09

起点 経由 終点 新設・変更 廃止・変更 担当営業所 備考
(1) 浦和駅西口 原山・花月・中尾北・三室 南台 1985年10月1日廃止 浦和営業所
(2-1) 浦和駅西口 原山・花月・尾間木・浅間下・明の星学園 東浦和駅 1996年7月16日新設 2000年10月16日変更 浦和営業所
(2-2) 2000年10月16日変更 2008年3月30日変更 さいたま東営業所 さいたま東へ移管
(3-1) 浦和駅東口 原山・花月・尾間木・浅間下・明の星学園 東浦和駅 2008年3月30日変更 現在運行中 さいたま東営業所 浦和駅東口発着へ変更
(3-2) 2008年3月30日新設 現在運行中 さいたま東営業所 深夜バス、土曜・休日運休

路線解説

浦和駅から国道463号線を経由し、東浦和駅へ向かう路線。比較的短距離ゆえに本数も多く、深夜バスも運行している。浦02などとは浅間下まで同区間を通るため、原山地区では本数が多く設定されている。浦和駅から来た場合、尾間木の先に東浦和駅入口交差点が存在するが、そこでは右折せずに直進して浅間下を経由してから浅間神社近くを右折して東浦和駅へ向かう。やや遠回りの経路だが、尾間木‐東浦和駅間は東浦01などが経由していることと、東浦01の本数がやや多めであることから浦和駅‐浅間下までの本数を維持させることと、沿線にある明の星学園が最寄りである東浦和駅からやや離れているのもあって通学輸送の需要が存在することや、そもそも浦09単独区間でも朝夕においてはかなりの通勤・通学需要があるため、経路変更は実施されていない。さらに武蔵野線が運転見合わせとなった際、この路線が浦04と共に東浦和駅から浦和駅へ移動できる数少ない貴重な手段のため、振替輸送で大変な混雑を見せることもしばしばある。

花月交差点を左折して南台方面へ向かっていた初代は、1985年の再編によって浦08へ代替廃止されたが、それから11年弱が経過した1996年に東浦和駅方面への路線として単独で新設されたのが、現在の浦09である。派生系統として、一部のさいたま東営業所からの出庫は東浦80、東浦和駅からの入庫は東浦80-2として、花月まで運行する。