スタートアップ・ラグナログ > 03.各シナリオまとめ > 01.第一話 > 07.クライマックス

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GM : いざクライマックスへ

GM : 休憩入れましょう

レイヤ・プルガトーリオ : では二番手を

コトワリさま : 3番で

東雲 芹香 : 4ばーん

藤原コウ : 3番?

藤原コウ : ごめんやっぱ初手行きます

GM : いざ、クライマックス

GM : 三冊の魔導書を束ねる時です

開闢 : 「さて、残りは、統合だけだ」

開闢 : 「統合後にどうするかは、あなたに任せるよ。」とレイヤに

レイヤ・プルガトーリオ : 「ふふふ、よろしいので? まあ、わたくしも悲しき勤め人。どうなるかは主の御心のままに」

開闢 : 統合が始まる

GM : 魔法使いたちは、三つの断章を囲む

GM : それらは、一つになり。その姿を現す

GM : その名は、開闢を定めし覚者

GM : 神の力を持つ、魔導書の再誕である。

開闢を定めし覚者 : 「これより、次代の開闢を行う。」

藤原コウ : 「おいおい、こいつは・・・」

東雲 芹香 : 「ええ。間違いありません。止めないと」

東雲 芹香 : 「魔法使いの定義が、崩れる可能性があります」

レイヤ・プルガトーリオ : 「………………」

コトワリさま : 「やることはいつもと変わってない。断章を回収して、魔導書を封印する。」

コトワリさま : 「気ぃ張りすぎてると飲まれるぞ」

藤原コウ : 「まったく冗談じゃない」

藤原コウ : 「異界法則どころの話じゃないぞ」

藤原コウ : 「異界そのもののテクスチャを持ち込むなんて」

藤原コウ : 「お前さんらもしかして世界そのものを魔導書って嘯いているのか」

異聞録 : 「えぇ、一つの物語・・・いえ世界そのもの」

異聞録 : 「魔導書に定義しないと、危険だから魔導書と呼んでいる」

異聞録 : 「あなた達は、好きでしょう?、怖い物には名前を付けて怖く無くすって」

藤原コウ : 「あぁ、纏ろうもの。名づけは重要だ」

藤原コウ : 「あー。くそ、こんなの第四階梯案件じゃないぞ絶対」

藤原コウ : 「円卓め、とうとう耄碌したか」

東雲 芹香 : 「名づけによる修正力。なるほど、再定義することで抑えている」

東雲 芹香 : 「しかし、かの断章の名前は定義」

東雲 芹香 : 「どう思いますナナシ。あれはもしかしたらあなたもできるのですよ?」

ナナシ : 「さすが、お嬢。この空気でも冗談を言えるとはね」

ナナシ : 「いやー、神とか」

ナナシ : 「最高に、滾ってきますわ。 こいつらは俺が殺さないとね」

ナナシ : 「本当に、なんで記憶がない俺が神にこんな気持ちを抱くんだが」

東雲 芹香 : 「ふふっ。案外、あなたが神の一人だからじゃないですか?」

東雲 芹香 : 「他の神が許せないとかそういう感情をお持ちになってしまったり」

ナナシ : 「ご冗談を」

ナナシ : 「俺は、ただのお嬢の魔導書で十分」

ナナシ : 「道理で、記憶が戻らないわけだ。神の力がないと、ふさわしくないわけだ。」

ナナシ : 「まぁ、今回も死なないように戦いましょうや?、お嬢」

東雲 芹香 : 「(・・・今回、”も”?)」

悪意 : 「●●・・・、お前はその力を手に入れたのか」

悪意 : 「だが、それでも押し通す。」

悪意 : 「コトワリ様、頼むぜ。 あいつを止めてくれ」

コトワリさま : 「あったりまえだろ、今更何いってんだ」

コトワリさま : 「しかし、一度世界救ってると、なんつうか変に慣れちまうな」

コトワリさま : 「全盛期のようには行かねぇけどさ、その分フォロー頼んだぜ?タツミ」

悪意 : 「任せておけ」

悪意 : 「いつもみたいに、ポカするなよ」

開闢を定めし覚者 : 「人よ、星よ」

開闢を定めし覚者 : 「目覚めの時だ」

GM : 最後にレイヤがなければ、戦闘を始めます

レイヤ・プルガトーリオ : 「開闢……とりあえず終わらせましょうか」

レイヤ・プルガトーリオ : 「洒落た事の言えない女でごめんあそばせ」

レイヤ・プルガトーリオ : 「その代わり、必ず仕事は完遂しましょう」

GM : 始まります。

GM : 魔力の最低値は9です。開闢のデータは抜けていないので

GM : 魔力がさらにあります。

GM : それ以外は、特には必要ないですね。

GM : 初手は誰にしますか?

藤原コウ : 「では初手行こうかな」

藤原コウ : 「露払いはお任せあれってね」

藤原コウ : 「魔法名"エゴ・アドボカトス"がお前を今一度鎮めよう」

GM : 1ラウンド目開始

GM : 魔素から召喚までどうぞ

藤原コウ : 精霊召喚にチャージ

東雲 芹香 : 戦闘開始時、??? ブロック3 ダメージⅢ

藤原コウ : そこから精霊召喚

藤原コウ : 2d6>=5 MagicaLogia : (2D6>=5) > 4[2,2] > 4 > 失敗 > 獣の魔素2が発生

東雲 芹香 : カノンにちゃーじ(マナ)

system : [ 藤原コウ ] 魔導書カウンター : 1 → 2

system : [ 藤原コウ ] 魔導書カウンター : 2 → 1

藤原コウ : 2を3に

藤原コウ : 成功

藤原コウ : 円環の精霊を召喚

藤原コウ : 以上

GM : 忘れてたけど

開闢を定めし覚者 : 再生を起動してた

開闢を定めし覚者 : 3B6 MagicaLogia : (3B6) > 3,3,4

開闢を定めし覚者 : 3,4で成功

開闢を定めし覚者 : リジェネ付与

開闢を定めし覚者 : 召喚

開闢を定めし覚者 : 「星よ」

開闢を定めし覚者 : 星座召喚:天空

開闢を定めし覚者 : 3B6 判定 MagicaLogia : (3B6) > 1,2,5

開闢を定めし覚者 : 7で成功

開闢を定めし覚者 : 《星図》

開闢を定めし覚者 : 3B6 判定 MagicaLogia : (3B6) > 5,6,6

開闢を定めし覚者 : 6,6

開闢を定めし覚者 : 3B6 判定 MagicaLogia : (3B6) > 2,5,6

開闢を定めし覚者 : 5,6

開闢を定めし覚者 : 天空、翼、絶望降臨

GM : 攻撃どうぞ

藤原コウ : プロット

system : [ 東雲 芹香 ] 呪砲:夢 : 0 → 1

開闢を定めし覚者 : OK

藤原コウ : では公開

藤原コウ : 1,2,3,4

system : [ 開闢を定めし覚者 ] がダイスシンボルを公開。出目は 3 です。

system : [ 開闢を定めし覚者 ] がダイスシンボルを公開。出目は 3 です。

system : [ 開闢を定めし覚者 ] がダイスシンボルを公開。出目は 1 です。

system : [ 開闢を定めし覚者 ] がダイスシンボルを公開。出目は 2 です。

system : [ 開闢を定めし覚者 ] がダイスシンボルを公開。出目は 4 です。

藤原コウ : ではブースト

藤原コウ : ブーストは無いので契約ブースト

藤原コウ : まずは異聞録

藤原コウ : 「君の"願い"を聞こう」

異聞録 : 「螺旋の少女の魔導書達と会いたい」

藤原コウ : 「了解した。ならばこれを払って外へと、彼らを見つけに行こう」

藤原コウ : 「願いを以て力の降臨を成す」

藤原コウ : 4b6 MagicaLogia : (4B6) > 1,3,3,5

GM : 3点貫通

藤原コウ : 如月ついなと契約

藤原コウ : wit MagicaLogia : 願い表(2) > 自分の大切な人や憧れの人に会わせて欲しい。

藤原コウ : 「その願いを以て貫く意思と成す」

藤原コウ : 4b6 MagicaLogia : (4B6) > 1,3,3,5

GM : 7点貫通予定

藤原コウ : 音街ウナと契約

藤原コウ : wit MagicaLogia : 願い表(5) > 特定の誰かを罰して欲しい。

藤原コウ : 「ヨシ任せろ。東北きりたんを必ず罰する」

藤原コウ : 「その願いを以て裁きの一手とする」

藤原コウ : 4b6 MagicaLogia : (4B6) > 1,2,3,3

GM : 11点貫通ですね

藤原コウ : 以上

system : [ 開闢を定めし覚者 ] 魔力 : 9 → -2

GM : 見えてない値に突入

GM : なぐるーぞ

system : [ コトワリさま ] がダイスシンボルを 5 に変更しました。

GM : レイヤ:4

藤原コウ : 1,3,4,6

system : [ GM ] がダイスシンボルを公開。出目は 6 です。

system : [ GM ] がダイスシンボルを公開。出目は 6 です。

system : [ GM ] がダイスシンボルを公開。出目は 4 です。

system : [ GM ] がダイスシンボルを公開。出目は 3 です。

system : [ GM ] がダイスシンボルを公開。出目は 1 です。

system : [ 東雲 芹香 ] がダイスシンボルを公開。出目は 4 です。

system : [ コトワリさま ] がダイスシンボルを公開。出目は 5 です。

GM : 2点貫通

藤原コウ : 円環の精霊で全部受ける

藤原コウ : これで終了

開闢を定めし覚者 : 《吸精》血

開闢を定めし覚者 : 3B6 判定 MagicaLogia : (3B6) > 1,3,6

開闢を定めし覚者 : 3,6で成功

藤原コウ : では捕縛

東雲 芹香 : 支援+1

system : [ 東雲 芹香 ] 支援:全 : 3 → 2

藤原コウ : 流れから7

藤原コウ : 2d6+1>=7 MagicaLogia : (2D6+1>=7) > 5[1,4]+1 > 6 > 失敗

レイヤ・プルガトーリオ : 魔法使いますか?

system : [ 藤原コウ ] 魔導書カウンター : 1 → 2

藤原コウ : お願いします

レイヤ・プルガトーリオ : 2D6 MagicaLogia : (2D6) > 5[2,3] > 5

藤原コウ : 11で成功

開闢を定めし覚者 : 「裁いたか」

レイヤ・プルガトーリオ : 「開闢、借りますよ」

藤原コウ : 魔力回復

system : [ 藤原コウ ] 魔力 : 5 → 6

開闢を定めし覚者 : 詠唱

開闢を定めし覚者 : 「死よ 死の幕引きこそ唯一の救い 」

開闢を定めし覚者 : リアクションの達成値-1で

開闢を定めし覚者 : 《入滅》死 3点ダメージ

開闢を定めし覚者 : 3B6 判定 MagicaLogia : (3B6) > 2,6,6

開闢を定めし覚者 : 6,6

藤原コウ : げぇ

開闢を定めし覚者 : 出目操作なければ、スペシャルで魔力回復

藤原コウ : 魔導書カウンター!

藤原コウ : 6の出目を5に変更

開闢を定めし覚者 : 11で、通常成功

藤原コウ : 「それでもデスはきつい!」

藤原コウ : 円環から11

東雲 芹香 : プラス+2

藤原コウ : 目標値11

system : [ 東雲 芹香 ] 魔力 : 8 → 7

藤原コウ : これで10(リアクションマイナス忘れてた

藤原コウ : 2d6>=10 MagicaLogia : (2D6>=10) > 10[4,6] > 10 > 成功

藤原コウ : おぉ

東雲 芹香 : やればできる子

藤原コウ : 「魔導書のちからってすげー」

GM : 攻撃終了して、1ラウンド終了

GM : 2ラウンド目、次の方

藤原コウ : 仕事はした

レイヤ・プルガトーリオ : 「次鋒レイヤ・プルガトーリオ行きます!」

レイヤ・プルガトーリオ : 「わたくしはこんなこと言わない」

system : [ レイヤ・プルガトーリオ ] 魔刃 : 2 → 3

東雲 芹香 : カノンにちゃーじ(まな)

system : [ 東雲 芹香 ] 呪砲:夢 : 1 → 2

レイヤ・プルガトーリオ : 血の魔剣を召喚

レイヤ・プルガトーリオ : 2D6 MagicaLogia : (2D6) > 5[2,3] > 5

レイヤ・プルガトーリオ : 双剣でさらに

レイヤ・プルガトーリオ : RTP MagicaLogia : 指定特技(歌)(7) > 想い

レイヤ・プルガトーリオ : 血と想いの二刀流です

開闢を定めし覚者 : 召喚

開闢を定めし覚者 : 《星図》

開闢を定めし覚者 : 絶望を指定して

開闢を定めし覚者 : 希望だけ

開闢を定めし覚者 : 3B6 判定 MagicaLogia : (3B6) > 2,3,3

開闢を定めし覚者 : 3,3,で6

開闢を定めし覚者 : 丁度

レイヤ・プルガトーリオ : では先に攻撃します

GM : 一応、前のラウンド終了時に魔力が1点回復してましたp

system : [ 開闢を定めし覚者 ] 魔力 : -2 → -1

GM : どうぞ

GM : OK

レイヤ・プルガトーリオ : 3333

system : [ GM ] がダイスシンボルを公開。出目は 1 です。

system : [ GM ] がダイスシンボルを公開。出目は 1 です。

system : [ GM ] がダイスシンボルを公開。出目は 4 です。

system : [ GM ] がダイスシンボルを公開。出目は 2 です。

system : [ GM ] がダイスシンボルを公開。出目は 1 です。

GM : 全貫通

system : [ 開闢を定めし覚者 ] 魔力 : -1 → -8

レイヤ・プルガトーリオ : 追加3点で合計7ですね

GM : 倒れますよ

GM : 契約したければ、どうぞ

レイヤ・プルガトーリオ : 「開闢君、何したい?」(キャラ崩壊)

開闢 : 「私でいいのかな?」

開闢 : 「私を止めて・・・いるか」

開闢 : 「ならば、永劫と夢神が起こす事件を止めたい」

レイヤ・プルガトーリオ : 「ええ、それはわたくしの仕事でもあります」

レイヤ・プルガトーリオ : 3B6 MagicaLogia : (3B6) > 2,3,5

レイヤ・プルガトーリオ : 「堕ち行く先はプルガトーリオ……その、原罪を浄火なさいませ」

GM : あなたの攻撃によって、開闢を定めし覚者は魔導書の姿に戻っていく

GM : これにて、クライマックス終了


最終更新:2020年08月15日 21:25