※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【用語名】 Top-G
【読み方】 トップギア
【母体概念】 -
【原型】 -
【神州世界対応論】 -
【Low-G対応国】 -

【詳細】

10のGの持つプラス概念全てを持った最高のG
母たる混沌の生まれ変わりともいえるGであるとされる。

歴史や住人など、あらゆる面でLow-Gにそっくりな世界であり、Low-Gと位置的に近いこともあって、Low-Gと混同されていて、長らくその存在を知られていなかった。
全てのプラス概念をもつにも関わらず、なぜか概念技術は長らく未発達であった。

その正体はLow-Gの複製世界である。Low-Gのマイナス概念から対生成したプラス概念から生まれたGである。
概念技術が未発達だったのも、概念技術を持たないLow-Gの複製だったからだと推測される。

概念技術の未発達さ故か、10のGとの概念戦争には参加していなかったらしく、
またLow-Gが10のGを滅ぼしてしまったため、結果としてさしたる損害を被ることなく概念戦争を生き残ることとなる。
そして自分のGの概念的性質を理解した後は、総てのプラス概念を持つ最高の世界として、
他Gからの移民を受け入れる計画であったらしい。
その際、機竜や自動人形など、他Gの概念技術を開発していたようだ。
また、Low-Gからの移民も受け入れるつもりだったようで、Top-Gの中にLow-Gの居場所を作るためにマイナス概念の創造も行った。しかし後述ののように、これがTop-Gの滅亡の原因となる。

Low-Gの複製ではあったが、しかしオリジナルと違って矛盾許容概念を持たないために概念創造を行えなかった。
それでも、最高の世界として、10のGだけでなく、Low-Gの居場所も自Gの中に作ろうとし、無理やりマイナス概念の概念創造を行った。
その結果、創造したマイナス概念が暴走し、滅びることとなった。

この際、Low-Gがマイナス概念の逆封印を行い、マイナス概念は原初の無へと落ちた。
原初の無において、マイナス概念への反発生成から10のGとTop-Gの概念核が生まれ、マイナス概念からLow-Gが生まれた。
つまり、Low-Gこそが全てのGの母であり、しかしLow-Gを生み出したのはTOP-Gに他ならない。
このニワトリと卵のような関係から、Low-GとTop-Gは等しく全Gの母とされる。

1st~10thの10のGは概念核がLow-Gに持ち込まれているが、TOP-Gの概念核は逆封印時にマイナス概念に喰われて消滅している。
故に唯一、概念核が残存しない世界である。

最終更新:2014年03月10日 07:16