※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

(/・ω・)/□
「次は【占い師】についてだよー。別名、【予言者】ともいうね。所属陣営は【村人陣営】だよ」

能力
​毎夜、生存者の中から誰か1人を選び、人狼か否かを知ることが可能です。ただし、占い先が【村人】【霊能者】【狩人】【共有者】【猫又】【狂人】【狂信者】などの「村人系」「狂人系」の場合は「○(村人)」判定となり、「人狼系」なら「●(人狼)」判定となります。


(*'ω'*)
「あれ?占い先が【妖狐】だったときはどうなるんですか?」

(/・ω・)/□
「​その場合は「○(村人)」判定になるけど、妖狐は死んじゃうよ。所謂「呪殺」だね。その朝に死体が2つあって、片方が自分がその夜占った人なら、呪殺が起きた可能性が非常に高いよ。
​あと、【背徳者】がその時にいた場合は後追い死亡が発生するね」


​(*'ω'*)
「動画で見たのであったんですが、占った理由とか言った方がいいんですか?」

(/・ω・)/□
​「占い文のことだね?占い師って人外の騙りはないときはほぼないっていうほど騙りが出やすい役職だから、騙りが出た時には次の役職持ちが騙ってる可能性濃厚だよ。逆に騙りが無い時はいっそ不気味なんだよねぇ

  • 「狂人」などの狂人系役職
  • ​人狼系役職
  • ​妖狐など第3陣営に属する役職

勿論あくまでこの可能性が濃厚ってだけで、例えば狩人が騙ってたり共有者がアーマーとかしてたりする場合もあるから注意してね。
その人を占った理由を占い結果と一緒に言うことで、村の人たちは納得できるからね。6人以下の村の場合は言う必要はほぼないけど、それ以上なら絶対必要だね。
​でも初日は理由なんぞあってないようなモノなんだけども」

(*'ω'*)
「上手く理由言えるかなー…?」

(/・ω・)/□
「占い文書くのに不安なら、占い先についていくつかアドバイスしてあげるよ。

占うといい人
​・多弁。ただし中身の中で考察が少ないorほとんどない。
・白確定ではないが、村を仕切っている。
​・発言の中に村を誘導しようとするような発言が混ざっている。

(*'ω'*)
「発言をあまりしない人って占わなくていいんですか?」

​(/・ω・)/□
「そういう人って「目立たないようにしてる人外」とみられて進行役の指定位置とかグレランの吊り位置になりやすいから、占っちゃうと印象ダウンかな」

(*'ω'*)
「成程…そういえば、占い師が確実に真証明できる方法って、妖狐呪殺しかないですよね」

​(/・ω・)/□
「その通りだよ。妖狐呪殺は、たとえ妖狐が狩人に護衛されていようとも護衛を貫通してできるし、何より猫又系の役職がない村なら狐が死んだことが一目瞭然だもんね。でも、騙りたちも呪殺対応っていって、きちんと対応してくるから、やっぱり占い文で判断されやすいよ。」

(*'ω'*)
「あ、あと初日ってどうすればいいですか?適当でいいんですか?」

​(/・ω・)/□
「まーね。大体でいうと、隣占いなどの《位置占い派》、whoシステムなどを使ってランダムに選択する《who実行派》なんかがいるよ。初日犠牲者も占えたりする卓ってあるけど、尻尾付き人外、要するに人狼や妖狐は絶対に欠けないから、占っても無駄だね」

(*'ω'*)
「ありがとうございます!」

​(/・ω・)/□
「あとはまあ、自分が発言を見て率直に怪しいと思った、まだ騙りにも自分にも色を付けられていない(=まだ占われていない)人から占っていけば大丈夫。
​ まああまりにも白連発してたら残念真<騙りとみられやすくなっちゃうの。頑張ってね。まとめ貼っておくよー」

※補足
​【妖狐】だけでなく【狐憑き】も呪殺対象です。また、呪殺+狩人のGJが同時に発生したり、レアケだと呪殺+背徳者の後追い自殺+猫噛みが同時発生して死体が4体、なんてこともありますので十分ご注意ください。



まとめ
​毎夜1人ずつ選んで、人狼か否かを知ることができます。妖狐をわかり易い形で殺害できるのも占い師です。人狼などの人外の騙りがないときはほぼあり得ません。故に占い先理由の説得力が真だとみてもらえる最も大きな要因となりえます。
​占いの能力を使って人狼を暴き出し、村の手助けをする重要な役職者です。