汐凪駅

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

汐凪駅(しおなぎ-えき)は・中部鉄道の鉄道駅である。また、同一駅構内である荻沢電鉄汐凪市(しおなぎ-し)駅も当欄に記載する。


中部鉄道汐凪市駅
荻沢電鉄汐凪市駅
ローマ字 Shionagi-Shi
電報略号(中鉄) ユウ
電報略号(荻鉄) シシ
所属事業者 中部鉄道
所属路線 金汐線
隣の駅 汐凪→大汐凪
キロ程 48.9km
所属路線(バス) 北浜拓殖交通中鉄バス
バスの主な行先 母子里・那賀・古口・大嶽谷温泉・護屋バスターミナル
中鉄駅区分 管理委託駅
所属事業者 荻沢電鉄
所属路線 雲原線
隣の駅 汐凪市→西蒲生
キロ程 72.8km
所属路線 乗合自動車事業部
バスの主な行先 皆見市駅・三谷原・山邑・護屋バスターミナル
荻鉄所属支社・駅区分 安嘉比支社・旅客駅および自動車駅・汐凪営業所直轄
駅構造 複合駅
ホーム 高架1面1線、地上2面3線
開業年月日 1971年4月6日
乗車人員(中鉄汐凪市駅) 1,194人/日
統計年度 2013年度上半期
乗車人員(荻鉄電車汐凪市駅) 2,312人/日
統計年度 2013年8月
備考 共同使用駅。駅業務は荻鉄が一括して実施

UB25 汐凪市
しおなぎし
Shionagi-shi(Shionagi)
中部鉄道
荻沢電鉄
皆見県汐凪市 おおゆうなぎ
にしかまい

概略


汐凪市駅

汐凪市駅は、中部鉄道金汐線、および荻沢電鉄雲原線の終着駅として建設された。2013年の中鉄駅ビル改装に併せ、荻鉄雲原線が移転し、乗換駅となった。新しい駅ビルには中鉄ストアが入居している。
また荻鉄の駅は開業時から自動車駅としても指定されており、荻鉄電車・バスの乗車券を販売している。なお2013年7月に600mほど移設し、中鉄汐凪駅と同一駅舎となった。これに伴う改キロは行われない。
同じく地上ホームであり、中鉄コンコースとは改札外連絡となる。なお、連絡運輸範囲外であるため、荻鉄電車雲原線⇔中鉄電車金汐線との乗継は切符を買いなおす必要がある。
夜間帯泊設定駅。

駅利用時の注意

2013年8月から、荻沢電鉄が一括して駅業務を受け持つことになったことにより、乗降車時に以下の取り扱いを行う事となった。

中部鉄道金汐線利用時

乗車
中鉄または荻鉄券売機のいずれか、または荻鉄『たびの案内人』窓口にて切符を購入(定期の場合はそのまま改札へ)し、共通改札口を通過、中間改札を通らずそのまま中鉄ホームへ行き乗車。
降車
現金の場合、乗務員へ一旦支払い、出場用の清算券を受け取り、それを改札機に通して出場。切符および回数券、定期券の場合、そのまま改札機へ通し出場。
荻鉄電車への乗継
通常の降車時同様に列車を降り(汐凪〈市〉までの運賃を一旦支払い)、構内に設置している券売機にて荻鉄電車乗車券を購入の上、中間改札に二枚とも投入し、荻鉄電車ホームへ行き乗車。

荻鉄電車雲原線利用時

乗車
荻鉄券売機、または荻鉄『たびの案内人』窓口で切符を購入し(定期券およびMinacaは直接改札口へ)、共通改札口を通過後、中間改札を通過し荻鉄ホームへ行き乗車。または荻鉄東口より直接入場。なおいずれの改札でも切符が出るため、取り忘れに注意すること。Minacaはどちらにもタッチ。
降車
列車を降りた後中間改札を通過後、共通改札口から出場。なお中間改札では切符が出るため、取り忘れに注意すること。Minacaはどちらにもタッチ。または荻鉄東口より直接出場。
中部鉄道への乗継
中間改札通過後、券売機に切符を投入してから券売機で切符を購入、共通改札口および中間改札のいずれも通らずに中鉄ホームへ行き乗車。なお、Minacaで乗車した場合、一旦出場したのち切符を購入する必要がある。また、中部鉄道金汐線ではMinacaは使用不可。(SFを使用しての切符購入は荻鉄券売機・窓口で可能)荻鉄東口より出場した場合、改札の外へ出ることになるため注意。

ホーム(鉄道・軌道線)



高架ホーム(中鉄汐凪駅)


ホーム番号 使用路線 行先 停車種別 始発の有無 発車メロディ 備考
1 金汐線 金島 普通 ベル 備考

地上ホーム(荻鉄汐凪市駅)

なお慣習的に、終電車の発車メロディは蛍の光となっている。
ホーム番号 使用路線・行先 停車種別 始発の有無 発車メロディ 備考
2 荻沢電鉄雲原線 三谷原・雲原・皆見市方面 特急みなみ 故郷の空
3 荻沢電鉄雲原線・箕島支線 三谷原・雲原・皆見市・雲原学研都市方面 普通 Sing,Sing,Sing
4 荻沢電鉄雲原線・箕島支線 三谷原・雲原・皆見市・雲原学研都市方面 普通 Take the "A" train

駅構内の設備


中鉄汐凪駅

特記無き場合、改札外。
  • 中鉄各方面券売機(二階)
  • 中鉄バス案内所
  • トイレ(一階)
  • 中鉄ストア
  • 五十六銀行ATM

荻鉄汐凪市駅

特記無き場合、改札外。
  • 荻鉄各方面券売機(電車・バス)
  • オスメイト対応トイレ(両方)
  • たびの案内人窓口(遠距離切符、旅行代理店)
  • Minacaチャージ機(改札内、改札外は券売機対応)
  • 五十六銀行ATM(汐凪駅構内)
  • AED(両方)
    • すたじおみーやサテライトショップ『たニャてばこ』汐凪市駅店(駅ビルのテナントとして)
    • 売店『Minami』(改札内、改札外はおぎてつストアまたは中鉄ストア対応)

バリアフリー情報

改札まで
凡例:○設置済、×未設置、-不要
改札口名 エレベーター エスカレーター(上り) エスカレーター(下り)
中鉄西口 × ×
西口 - - -
荻鉄東口 - - -
中鉄東口 - - -
中鉄ストア口 - - -
駅ビル口
南口 - - -

改札からホームへ
ホーム番号 エレベーター エスカレーター(上り) エスカレーター(下り)
1番線 × ×
2番線〜4番線 - - -

設備・職員配置
  • オスメイト対応トイレ:あり
  • 点字料金表:あり
  • 手話通訳者:常駐
  • サービス介助士:常駐
  • おぎてつステーションコンシェルジュ:なし(多客時は雲原駅より派遣)
  • 外国語対応(For overseas Visitors service)
言語一覧 英語/English 中国語/中文 韓国語/한국인
対応状況
その他対応言語 なし/None

駅構内図



バス


荻沢電鉄が自動車駅として準主要地としている。
中鉄バスおよび北浜拓殖交通は駅前にバスターミナルおよび案内所を設置している。
系統番号 路線名 始発地 終着地 経由地 運行社局 備考
51系統 三谷原汐凪線 三谷原駐車場 汐凪市役所前 要山町・御恋岳 荻沢電鉄
金皆交通
56系統 皆見護屋(雲原廻り)線 皆見市駅 護屋バスターミナル 雲原駅・望坂市駅・綿錦村役場前・ 山邑(やまむら)共同駐車場 荻沢電鉄 全てツーマン運転
58系統 汐凪山邑線 山邑共同駐車場 当駅 綿錦小中学校前・綿錦村役場前・山邑町役場前・山邑下町 荻沢電鉄
59系統 汐凪ニュータウン線 当駅 おぎてつしおなぎニュータウン 汐凪市役所 荻沢電鉄
63系統 国立病院線 当駅 稲坂二丁目 汐凪市役所前・国立汐凪病院 荻沢電鉄
那賀線 当駅 大那賀駅 東三丁目・西那賀駅前 中鉄バス
江田浜線 当駅 江田浜駅 盛町・海岸通り 中鉄バス
大嶽谷温泉線 当駅 大獄谷 東三丁目・坂の下・大獄隧道 中鉄バス
愛石線 当駅 愛石 東三丁目・守田寺・柄ノ本 中鉄バス
急行大獄護屋線 当駅 護屋バスターミナル 東三丁目・坂の下・大獄隧道・西雨竜・江の川 中鉄バス・北浜拓殖交通 季節便
七砂線 当駅 七砂 盛町・海岸通り・尾奈ヶ崎 北浜拓殖交通
系統番号 路線名 始発地 終着地 経由地 運行社局 備考


駅近辺の施設


公共施設

  • 汐凪市役所(徒歩10分)
  • 汐凪市立汐凪小学校・汐凪幼稚園(徒歩15分)
  • 皆見県立汐凪高校(徒歩10分)
  • 汐凪郵便局(東口横)
  • 汐凪市立図書館(徒歩20分)
  • 汐凪市水道局(徒歩10分)

店舗・金融機関

  • おぎてつストア汐凪市駅前店(徒歩1分)
  • ミスターカレー汐凪店(徒歩10分)
  • 五十六銀行汐凪支店(徒歩12分、ATMは駅構内および中鉄ストア内に設置)
  • 皆見信用金庫汐凪支店(徒歩10分)
  • 皆見農業組合汐凪支店(徒歩10分)
  • 汐凪楽器店(徒歩7分)
  • こみやま模型(徒歩7分)

医療機関

  • 久志病院(徒歩6分)
  • 医療法人泉宗会泉宗汐凪病院(徒歩15分)
  • 独立行政法人国立病院機構汐凪病院(おぎてつバス国立病院線10分)

そのほか

  • 荻沢電鉄株式会社安嘉比支社汐凪営業所・自動車営業所
  • おぎてつしおなぎニュータウン(荻鉄が事業主体となって開発を進めているニュータウン、おぎてつバスしおなぎNT線20分)
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。