こんなにロリコンとシスコンで意識の差があるとは思わなかった……! ◆mist32RAEs



海原光貴。
またの名をエツァリ。
とある女子中学生一人のために南米の魔術結社を抜け出し、変装し、学園都市の暗部に入り込んでいる男。
裏切りをうけた魔術結社は、海原を見つければすぐさま粛清にかかるだろう。
そこまでしてその女子中学生を見守る(本人談)とは、まさに命を懸けた大いなるロリコンといえる。
つーか、ある意味ストーキングじゃねーのかにゃー。
今は学校を目指して歩を進める。
黒曜石を探すという名目だが、ブルマやスク水探しに行くの間違いではなかろうか。このロリコンめ。
メイド服があったら是非分けてください海原様。
何ィ? あるわけねえだとォ? 可能性はゼロじゃない限り諦めないのが男ってもんだぜい?
と、突然に彼は歩みを止めた。
そこには破壊され、瓦礫が散らばった線路がある。
それをしばらくじっと見つめていた。

「……」

そいつはつい先刻バーサーカーという名の怪物が過ぎ去った後の、台風のような破壊がもたらした残骸の山だ。
辺り一帯、その怪物が通り過ぎた跡を眺めれば、家は吹き飛び、道路はひび割れ、線路は瓦礫で見えない。
海原は隠れてやり過ごしたおかげでなんとか助かったようだ。
一度見つかってしまえば、それはイコール死あるのみというところだったろう。
そいつは学校のほうへ向かっていった。
目的地は同じ方向だ。
だが海原もさすがにこのまま予定通りに同じく学校へ、という考えは起こさない。
あいつと鉢合わせする危険性を考慮すれば、あるとも限らない黒曜石捜しに向かうのはリスクがでかすぎる。
もうひとつ、東にある学校へさっさと向かうのが得策ってもんだろう。
その考えどおりに向きを変えて歩き始めようとしたところで、なにやら妙なことが起こった。

「学園都市の……作業用ロボット?」

学園都市ではおなじみのドラム缶みたいな形のロボットがどこからともなく一機だけ近づいてきた。
思わず警戒体制をとる海原をスルーして、ロボットは破壊された線路の近くまでやってくると、そこに居座って動かなくなった。

「これは……」

怪訝な顔をしておそるおそるロボットに近づく。


するとなにやら看板らしきものを、サンドイッチマンのように胴体にぶら下げている。
そこにはこう書かれていた。


『線路の破壊に伴い、D-2からF-3間の列車運行はストップします。
 F-3からB-4間はダイヤの調整のため一時列車をストップし、第一放送後から運行を再開します』


海原はそれを確認すると、大きな溜息をついた。
つまりF-3までは列車は来ない。
東に行くには電車を使ったほうが速いのだが、この区間の線路が破壊されたからにはF-3の駅までは、現状徒歩しかないのだ。
しかしただこうしていても無益だと思い立ったのか、このまま休むことなく今度は東へむかって歩き始める。
歩きながらデイパックから取り出した水やおにぎりをほおばって、一歩一歩強く地を踏みしめて進む。
休むつもりはまったくない様だ。だが当然といえる。
別に焦っているわけじゃない。
海原は御坂美琴や一方通行といった連中の力を知っている。
そしてバーサーカーや本多忠勝などの、そいつらに匹敵する化け物どもの存在もその目で見た。
さらには前述した彼らとまともにぶつかれば跡形も残らず消し飛ぶような、自分や上条当麻のような存在も知っている。
このバトルロワイアルという殺し合いに参加させられたものたちの戦力バランスは、それを鑑みれば無茶苦茶もいいところだ。
今の海原は、御坂美琴の力になるどころか自分の身の安全すらおぼつかないとはっきり理解している。
そう思えばゆっくり休んでいる暇はないと考えるのは当然のことだろう。
しっかしそんな状況下でそれもこれも御坂美琴のためとか、どこまで命を懸けた大いなるロリコンですか、お前は。


「……あなたに言われたくありませんよ、品性が欠けた大いなるシスコン」


なんですとぅ!?
この土御門さんほど品性と自制心に長けたシスコンは他にいませんよ!?
だってほら、血が繋がった妹なんて要るわけないじゃないかってどこぞの現代視覚文化研究会も言ってるし!?
つまり血が繋がらない妹なら近親相姦に入らないから手を出したって全然セーフ(ry


ブツッ ザーッ ザーッ ザーッ




【E-2/線路沿い/一日目/早朝】

【海原光貴@とある魔術の禁書目録】
[状態]:健康、疲労(小)
[服装]:ブレザーの制服
[装備]:S&W M686 7ショット(7/7)in衝槍弾頭 包丁@現地調達
[道具]:支給品一式(水僅か、食料一食消費)、コイン20束(1束50枚)、大型トランクケースIN3千万ペリカ、衝槍弾頭予備弾薬35発   
    洗濯ロープ二本とタオル数枚@現地調達
[思考]
基本:御坂美琴と彼女の周りの世界を守る
  1:なんとしても黒曜石を調達するため、東の学校へむかう。
  2:人と出会い情報を集める
  3: 殺し合いに乗った危険人物、特にバーサーカーと本多忠勝の排除
[備考]
※この海原光貴は偽者でその正体はアステカのとある魔術師。
現在使える魔術は他人から皮膚を15センチほど剥ぎ取って護符を作る事。使えばその人物そっくりに化けることが出来る。海原光貴の姿も本人の皮膚から作った護符で化けている。
※F-1で目撃できたのは、バーサーカーの再生よりも後からです。
※線路の破壊に伴い、D-2からF-3間の列車運行はストップします。
※F-3からD-4間はダイヤの調整のため一時列車をストップし、第一放送後から運行を再開します


時系列順で読む


投下順で読む



058:それは、黒く燿く意志 海原光貴 111:僕にその手を汚せというのか