道路停留所

簡易バス停

スペース:1×1(道路部分含めて)
建物価格:3万円(1955年)~
構築物:170万円(1955年)~
運営費:0円/日

簡易な作りのバス停。後続車を止めてしまうが、ふみきりや交差点のすぐ隣に設置しなければほとんど被害はない。
運休で休止することが出来ない。そのため簡易バス停しかない路線は、運休時間でもバスが動き赤字になる原因になる。

バス停留所

スペース:2×3(道路部分含めて)
建物価格:85万円(1955年)~
構築物:340万円(1955年)~
運営費:0円/日

スペースが必要。

*