鋼の受け攻めペディア

白ソーセージ入門

最終更新:

匿名ユーザー

- view
だれでも歓迎! 編集
このページは、みんなが欲しがる責め具アイテム、ソーセージに関するページです。ソーセージに関する色々な記述をお願いします。
ソーセージについての考察や、写真など。



<Muenchener Weisswurst>
ミュンヘンのレストラン『永遠の光亭』で精肉マイスターが偶然発明したソーセージ。
焼きソーセージ用の詰め物を大量に作っていて、小腸皮が足りないことに気づき、あまった分を大腸皮に詰めた物を、教会帰りのお客に『今日の特別料理』として出したところ大好評で、さらに改良を加えパセリやレモンの皮で味を調えるようになった。

豚肉・牛肉・子牛肉とベーコン、パセリとスパイスで作られる白ソーセージは70度のお湯で20分茹でてから食べます。
昔まだ冷蔵手段が無かった時代には『白ソーセージにお昼の鐘の音を聞かせてはならない』といわれましたが、これは時間がたつとソーセージの色が悪くなるためだそうだ。

生粋のミュンヘン人は白ソーセージについてのしきたりに厳しく、まず、白ソーセージはほかのソーセージとは違って2本単位ではなく1本単位で注文しなければいけない。
そして親指と人差し指で皮をむいてマスタードにつけて食べるか、皮ごと食べる(片端に口をつけてすすりだしてもマナー違反ではない)
ナイフで真中を2つに切ることも許されるが、マスタードは甘マスタードを使う。ソーセージの長さにそって切ったり、フレンチマスタードを使ったりする奴は野蛮人とされる。ほかのソースを使ったりサラダと一緒にたべるのも禁物。付け合せは塩パン・ブレーツェ飲み物はビールと決まっている。