ClickJapan@wiki

第七章

最終更新:

clickvip

- view
メンバー限定 登録/ログイン

第七章:GAME9 GAME10のダイジェスト





GAME9(07/06~07/10)のダイジェスト


台 湾 の 3 連 覇 を 阻 止 せ よ


ゲーム8終盤で均衡した分速のまま突入したゲーム9序盤、台湾・日本共に一歩も譲らない展開。それでも徐々に差を広げる日本。その差は700万クリック。このまま日本は逃げ切り、台湾の3連覇を阻止できるのか?

台湾の追撃になんとか耐え忍ぶ日本という形になった中盤戦。徐々に差を詰められるも、台湾の謎の減速により一気に1,200万クリックまで差を広げる日本。台湾復活後も、ここが粘りどころとばかりに、僅差で分速を上回り続ける。

再度謎の減速をする台湾。

その差が2000万クリックになろうとした時、突如台湾復活!

が、ここでもなんとか耐え、僅差になろうとも分速を上回られさせない日本。

台湾、心が折れたのか、差が2000万クリックを超えた頃から、減速し始める。日本はそのまま差を広げつつ終盤戦へ。



↓そんな中、竹宮恵子のサイン会に潜入するスネーク(スレ抜粋・クリックで開きます)



日本、台湾との差を4000万クリックにしようかと言うとき、

とうとう眠れる獅子が目を覚ます!

10万/m前後で落ち着いていた台湾(日本は13万/m前後)だが、一気に23万/mまで伸ばす。日本も負けじと応戦するが、17万/mと一歩届かず。尚も加速し続ける台湾。日本も20万/mを記録するも、台湾は30万/m越えと勢いは止まらない。見る見るうちに差が縮まる。

しかしここで、簡単に終わらないのがこのクリックゲーム。

差が1000万クリックを切ろうかというその時、イアン鯖が落ちる!(7月8日午後11頃)


この鯖落ち中に、疾風 1.0.3.1登場。超疾風モードと共に、新たにランキング機能が実装され、認証ランキング時代の幕開けとなる。
158 litt ◆l1EP/n28O.2007/07/08(日) 23:27:42.82 ID:AJ1UstSg0
疾風 1.0.3.1

・ランキング機能実装


7月9日午後5時30分頃、長い鯖落ちから復活。鯖復帰後、先手を取ったのは台湾! 再開後30分で日本6.5万/m対し、台湾9.8万/m。そのまま台湾は分速を上げ20万/mに達し、スタートダッシュは台湾に軍配が上がる。

そして午後7時15分頃、遂に日本2位へ転落。

台湾は逆転後も加速し続け、日本との差を広げる。ここで何度かイアン鯖が落ち、台湾・日本の分速が二転三転するも、台湾優勢。

台湾との差が2100万になり、深夜台湾が眠りについた頃、日本の猛追開始!

鯖が定期的に重くなりつつも10万/m以上づつ差を詰め続け、115万クリックまで詰め寄った、その時! ここでイアンのターン!(鯖落ち)

またもや長い鯖落ちの後、鯖復活。復活後のスタートダッシュは、やはり台湾に軍配が上がる。そのまま台湾加速し続け、差は広がっていく……



GAME9のグラフ





GAME9の結果

日本は接戦を落とし僅差の2位!

優勝は台湾、3位にハンガリー。


度重なる鯖落ちに、戦況が二転三転したGAME9。台湾の鯖復帰後のスタートダッシュの良さは見習いたいもの。

最高分速では台湾に遠く及ばなかった日本だが、一定の分速を保ち続けた結果が、この接戦を生み出したとも言える。

台湾は前人未到の3連覇おめでとう! 参加者の皆様、お疲れ様でした。



GAME9 台湾から届いた頂き物画像


GAME9 日本製画像




GAME9のヘッドライン&状況・実況



↓GAME9の状況・実況(抜粋)を開く。



GAME10(07/10~07/17)のダイジェスト


わ れ 奇 襲 に 成 功 せ り


ゲーム序盤、GAME9の終盤の勢いのまま、ズルズルと台湾に差をつけられる。
しかし7月13日、日本、早朝の一斉奇襲を実行、まずまずの戦果をあげる。
だが同日夜、台湾は意匠返しの大攻勢。その差は1億1千万。

台湾優勢のまま7月16日、 夜襲作戦 を敢行。一晩で3000万の差を詰め、さらに25万超えのお祭り加速で一気逆転の勢い。

長い暗黒時代を乗り越え日本再生の狼煙があがる。



7/16 21:30 夜襲作戦前後の分速グラフ



と思われたが、イアンの罠により日本減速。



GAME10のグラフ





さらにサーバーが激重状態に入りそのままGAME10は終了した。



GAME10の結果

日本は4ゲーム連続の2位!

優勝は台湾、3位にハンガリー。


奇襲作戦という新しい武器を手にした日本。出口が見えなかった日本に新しい希望の光が見えたゲームとなった。

対する台湾は、さすが王者というゲーム展開。終始安定したゲーム運びとなった。

台湾は4連覇おめでとう! 参加者の皆様、お疲れ様でした。



GAME10 日本製画像


GAME10 疾風兄弟初登場


GAME10 記事




GAME10のヘッドライン&状況・実況



↓GAME10の状況・実況(抜粋)を開く。
記事メニュー