pixiv

ピクシブ株式会社が運営するイラストを中心としたSNS。

概要

ニコニコ静画と同じイラスト投稿サイトであり、同じく「クッキー☆」タグをつけられてクッキー☆イラストが投稿されている。
ニコニコ静画との相違点として以下のようなものがある。
  • R18イラストが投稿できる
  • 複数のイラストをまとめて投稿できる
  • コメント欄が非匿名
  • コンテンツツリー機能がない
全体としての規模はpixivのほうがニコニコ静画よりも大きいが、クッキー☆界隈に限ればニコニコ静画のほうが投稿数閲覧数ともに多い。
国内最大の老舗イラストサイトであることからクッキー☆に関わる声優や絵師の中にもアカウントを所持している者は多く、ひなせはるかのアカウントは2009年から現存している。
元々はクッキー☆でもイラスト活動と言えばpixivが中心であったが、2014年に入ると急速に静画内でクッキー☆の勢いが増し、pixivの存在感をあっさり凌駕していった。
これはBBクッキー☆劇場やBB素材動画の盛り上がりに伴って同じニコニコ内である静画にもその影響が及んでいった事、匿名で敷居の低いコメント機能がクッキー☆で相性が良かった事、ニコニコ静画が動画素材の投稿場所も兼ねていることなどが理由と見られる。
ただしコメント欄が非匿名であることは荒れにくいというメリットもあり、静画の雰囲気を嫌ってかpixivでのみ活動している絵師もいる。

R18のイラストも投稿できるため、ニコニコ静画には修正版のイラストを上げ、無修正版をpixivにあげてキャプションで誘導する、といった使われ方もする。差分の多いイラストでも、一枚のみニコニコ静画にあげて残りはpixivに誘導する、といった使われ方もする。同様の使われ方をするサイトにimgurがある。

pixivには小説・SS投稿機能もあり、かぼちゃ丸などがSSを上げているほか、ATUDクッソー☆供素★の台本を上げている。

また、ニコニコ同様に百科事典も存在し、クッキー☆関係の記事には意外なマイナー情報が書かれていたりする。

2018年1月からpixiv Sketchという配信機能を実装した。
また同年7月12日からは投げ銭機能も提供開始。

最終更新:2020年07月08日 23:50