クッキー☆用語解説

このページでは、クッキー☆で扱われる用語について解説します。

ア行

浅村
ASMRのこと。ASMRとは「脳がとろけるように気持ち良くなる現象」を意味し、音楽や映像作品ではない音や視覚によってそうした状況を体験させるためのものとされる。
ただし、実質的にはハサミの切断音やプチプチくんの音など日常の気持ちいい音、あるいは耳掻きボイスや咀嚼音など相手を身近に感じる萌え作品のどちらかを指すことがほとんどである。
音フェチ向けの作品と思えば大体差し支えない。
クッキー☆では主に後者の意味で使用され、日本海☆はその典型と言える。
クッキー☆実況スレにおいては、キャラソンやフリートークに続く新たなジャンルとして注目されている。
○○兄貴、○○姉貴
真夏の夜の淫夢で用いられる敬称六尺コピペの六尺兄貴が元。
クッキー☆では基本的に、声優や投稿者などの一個人を指すTDN表記に付けられ*1
声優が演じたキャラクターなど、創作人物を指すTDN表記には付けられない*2
が、クソデブ姉貴RMLA姉貴のように例外も多いため、あまり気にせず使ってもよいと思われる。
アバター、化身
クッキー☆関係者を表す二次元キャラ。声優を、その演じた東方キャラで表すのが典型的な例。
ALC一派
クッキー☆でアリス・マーガトロイド役を演じた声優が一つの集団に属しているという設定にしたもの。
ニコニコ限定のネタで、BB劇場などでギャングなどの非合法な集団として登場することが多い。
構成員はHNS姉貴TIS姉貴SKRNBU姉貴JGNがはじめ主流で、今はICG姉貴も定着した。
YYIUSG姉貴など他のALC役は裏メンバーなどの扱いで一回きりのネタにされることはあっても本格的に追加しようとする試みはほとんどない。
アルバム
キャラソンアルバムの略。キャラソンアルバムについてはクッキー☆キャラソン参照。
特定の声優をまとめたアルバムは「○○バム」「アル○○」などと声優の名義といっしょにして略されることもある。例:アルはた(HTTNのアルバム)、チェリバム(チェリオのアルバム)
○○○ is GOD
○○○の人物を崇める構文。ALISON兄貴真夏の夜の淫夢のGOを持ち上げる際に用いた「GO is GOD」から広まった。
「GOD」は性別に合わせて「GODDESS」とすることもあるが、SWKのみ例外で「SWK is GOD」と基本的にGODをそのまま用いる。
否定形はそのまま「○○○ is not GOD」か、もしくは「○○○ is DUST*3」。過去形などは用いられない。
一転攻勢
最初クッキー☆などの動画であったものが突然淫夢動画に変わる展開のこと。流行の嚆矢となった「霊夢 so クッキー☆」が使っていたため、初期のクッキー☆MADの多くはこのネタが使われていた。
似たような言葉にブルーベリーシリーズで使われる「作者の気持ち」、ホモパンBBシリーズで使われる「知る権利」等がある。
その作者であるひと☆ごみ兄貴によると、当時クッキー☆のあまりのつまらなさから完走することもできず、
結果、素材が途中で足りなくなってしまったことから、やけくそ的に終盤は淫夢素材を使用して繋いだことが始まりであるらしい。
語句自体の元ネタはTDNをすっぱ抜いた週刊現代での記述「今度は攻勢に出る。」「一転して荒々しい声を出すA。」がコピペ用に略叙された際に「一転、攻勢に出て」とされたところから。
該当シーンにDBが銃を突きつける→即座にシーンチェンジしTNOKの痴態が晒されるというかなり落差のある展開が含まれていたため、この展開に「一転攻勢」の語が当てられ、以降はこの意味で用いられることがほとんど。
また、一転攻勢する直前のお約束ネタとして知られているものは確定演出と呼ばれる。特にクッキー☆においては本編中の宇月幸成の「やっぱりアリスの作るブラウニーは~」の下りが確定演出と呼ばれる。
逆に淫夢等からクッキー☆に一転攻勢する場合もあり、その場合は宇月幸成とかけて一転幸成と呼ばれる。
一般コラボ姉貴
歌ってみたなどでクッキー☆声優とコラボして歌っている人物。男性の場合は「一般コラボ兄貴」と呼ばれる。
基本的にその場限りでネタにされる程度に過ぎないが、よく登場したり、有名なクッキー☆キャラソンである場合は、コラボ姉貴自体が注目されることもある。
いとうあさこ
東方projectの八雲紫のこと。狭義ではクッキー☆☆三期大佐演じる八雲紫を指す。
淫夢系
度重なる淫夢ネタを用いたコメントへの削除依頼に辟易していた、ニコニコ大百科の運営の一員であったOffGaoが、告知なしに書き込み画面に追加した文で用いられていた語。大体の顛末は淫夢系のニコニコ大百科のコメントへ譲る。
現在では真夏の夜の淫夢に加え、クッキー☆を始めとした淫夢の派生ジャンルの総称としても扱われる。MADなどのファンアートではこれらが一緒になっていることも多く、ごく自然とセットにされている。
クッキー☆もそうであるようにその系統は非常に混沌としていて、淫夢語録が使用されることぐらいしか共通点がない。
逆に言えば淫夢語録を使用するジャンルのことと見ることもできる。
淫夢語録
淫夢というコンテンツを形作るシステム。
淫夢においては、ホモビデオやそれにかかわる単語や言葉を淫夢語録と呼んで、独自のスラングとして活用されてきた。
クッキー☆も例外ではなく、普段からクッキー☆内では淫夢語録が使われており、クッキー☆特有の語録も淫夢語録と同様に扱われる。
淫夢から様々なコンテンツが派生している現状では、原点が淫夢と関係ない語録も非常に多くなっているが、構わずそれぞれのコンテンツが互いに語録を使っている。
淫夢厨
自他関係なく、真夏の夜の淫夢コミュニティの住民を指していた。
近年ではホモガキの台頭から、淫夢ネタを扱い迷惑をかける人々の蔑称を「淫夢厨」、そうでない人々の通称を「淫夢民」とする動きがある。
広義ではクッキー☆厨も含まれたりと、用法の多い語なため、文脈から何を指しているかしっかり予測する必要がある。
淫夢朗読者
淫夢系ジャンルで朗読動画を投稿して活躍する投稿者の総称。朗読兄貴を始めとして比較的古くから存在はしていたが、2015年3月頃に変態糞土方の朗読動画上げる投稿者が少しずつ増えていき、以降様々な淫夢朗読者が生まれていった。
+主な淫夢朗読者
amny
朗読兄貴
イセアモア
はんぱもん
レイテツ
馬場浴衣
ダクウくん
おれさま
火防女ギブソン
アルディア
受け入れ厨
クッキー☆実況において指定されればどんな動画でも実況する人のこと。保守としてはありがたいが、無関係なものを受け入れ過ぎてクッキー☆から離れていってしまう懸念もある。
よく「すべてを受け入れるぞ」と発言する。
UTAU音源
分かりやすく言えば声さえあれば誰でも作れるボカロ。この界隈ではク☆声優の音声素材を音MAD等でより使いやすくするために既存の音声素材から作られたもの。つまりは音声素材の音声素材化である。声優本人が作った天然物としてはMGR姉貴MKMMKT姉貴真音ロイ)、YN姉貴KHK兄貴BNDM姉貴狩音ヤト果音ノア)のものなどがある。
UDK
東方projectの霧雨魔理沙のこと。狭義では当然(?)UDK姉貴を指す。
また、東方関係なく「うづき」と発音するものはすべてこう表記される(島村UDKなど)。
UDK姉妹
クッキー☆で霧雨魔理沙役を演じた声優を姉妹という設定にしたもの。ニコニコ限定のネタ。
UDK姉貴MZ姉貴AZS姉貴RI姉貴の四姉妹であることが主流。KG姉貴クッソー☆シリーズの8人が親戚として加わっていることもある。
うんこ☆
以下の動画に使われたことのある通称、蔑称。
内容云々よりも、本スレ民の気に食わない養殖型クッキー☆への罵倒として使われる。
エア本の略。
H-X境界
ハロウィン☆クッキー☆☆三期が企画、投稿された2013年秋から年末にかけての時期を指す。本編は初代とクッキー☆☆が重要視されるようになり、これ以前のクッキー☆の本編(初代、☆☆を除く)や文化はあまり伝承されなくなってしまう。またそれ以降の本編に対しては反発の声が大きくなった。
この時期はMK兄貴の参入を皮切りに新たな企画者が増え続けることになり、それに対する反発とTIS姉貴への神格化が進みクッキー☆☆を特別視する傾向が強くなっていった。
またBBクッキー☆劇場の流行やクッキー☆キャラソンの登場もこの時期でありクッキー☆全体で大きな変化が見られた時期であった。
大喜利
特定の題目に対して捻りの効いた答えを出すネタ。
クッキー☆では、特に動画のジャンルや題材を題目として付けるネタタグである「大喜利タグ」や、声優スレなどで見られるそのスレのテーマに沿った異常なレスポンス「大喜利レス」などが多い。
朗読兄貴カイルくんなど、後者を下地に誕生したキャラクターも存在する。
お気持ち表明、おことば
声優等が公表した、クッキー☆民に対しての苦言や要求などの声明のこと。
RRM姉貴がクッキー☆民へのサービス終了を宣言した時、半年前の天皇陛下のお気持ち(おことば)にかけて、過去のク☆声優の声明も含めて斯う呼ぶようになった。
面白味研究会
マジメ君、AKNM、ゆうさく、JOKER姉貴のグループを指す言葉。ここに保護者枠としてりゅーが姉貴やライバルとしてHSI姉貴が加わるパターンもよく見られる。
元々は二軍淫夢と呼ばれていたメンバーだが、二軍淫夢がマイナーな淫夢キャラを指す言葉として使用されることが増えてきた事でそれらと区別する為に呼ばれるようになってきた。
つかだわ兄貴の動画シリーズを由来としている。

カ行

確定演出
一転攻勢の伏線となるネタ。
当然様々な種類があるが、クッキー☆MADではUDK姉貴の「やっぱりアリスが作るブラウニーは...」の台詞が流れることが多い。
ここから転じて、「やっぱりアリスが作るブラウニーは...」の台詞自体も確定演出と呼ばれる。
囲い
本来は、ニコニコ生放送などの配信において、配信者が特定のリスナーにのみ配信を行うようにしたり、配信をやめさせることを目的としている「囲い厨」の略称であるが、
クッキー☆においては従来の意味と異なり、単に信者やファンの蔑称という意味合いが強い。
これは、元々はUDK姉貴などの配信に凸し、ホモコメで埋め尽くす囲い行為を行っていた人達を囲いと呼んでいたものが、次第に声優の配信に訪れる淫夢厨、ひいてはその声優のファンと、
どんどん意味が拡大されていったためと思われる。
○○カス
動カス、本カス、実カス、ツイカスなどクッキー☆民が他のクッキー☆民を指す時に使う蔑称。
(淫夢)
淫夢やそれに関連したジャンルにおいて使われる単語。通常淫夢と関係ないはずの単語の後に付け、それが淫夢に関連したものであるという事を識別する為に使用される。
その為元ネタと混同される危険性が薄い場合は省略されることも多い。逆にニコニコ動画のタグのように元ネタと混ざってしまう危険の高いものではよく用いられる。
このような括弧付けは他の界隈でもよく行われる事だが、淫夢においては単なる偶然の一致の場合もあるものの、風評被害という文化から様々な単語が淫夢の用語として使用されるようになる為特に使用頻度が高い。
例:DB(淫夢)、GO(淫夢)、バッドマン(淫夢)、ハガー市長(淫夢)、ICR(淫夢)、SZK(淫夢)東山源次(淫夢)
(クッキー☆)
(淫夢)同様単語の後ろに付けて、それがクッキー☆に関連したものであることを示すことに使用される。ただし、クッキー☆自体淫夢の派生ジャンルである為(淫夢)の方が使用されることも多い。
(淫夢)と(クッキー☆)どちらを付けるか明確な定義はないものの(クッキー☆)は中の人など実在する人物があまり意識されないキャラに付けられる傾向がある。
例:ゴミ(クッキー☆)ラーメンマン(中国人)(クッキー☆)牛乳(クッキー☆)小麦粉(クッキー☆)
カップリング
キャラ同士を親しい仲(意味深)として組ませること。クッキー☆においてはク☆声優同士で行われる。組ませる根拠には
  • 現実に仲が良い (RUDKMZTISなど)
  • 本編や原作の原作に準じる (BNPSRINBUなど)
  • 作品は違うが同じ元キャラ同士 (SZUDなど)
  • MAD等で二次的に出来たもの(SZJOKERのえぢゆなど)
など様々なパターンがある。
ニコニコ大百科で記事が出来る度にノンケくさいなどのコメントで議論になるがオープニングセレモニーみたいなものなので気にしなくていい。
詳しくは「クッキー☆のグループ解説」のページ参照
ガン掘り
声優などクッキー☆の関連人物の個人情報を探る行為のこと。語源はホモのアナルセックスの通称から。
特にクッキー☆本スレで重視されている行為。
キャラソン
クッキー☆声優などの歌ってみた作品のこと。クッキー☆キャラソン
まるでクッキー☆キャラが歌っているかのように思えることからこのように呼ばれるようになった。
そうした歌ってみた作品をまとめたものを「キャラソンアルバム」とも呼ぶ。
キャラソン氷河期
こえ部閉鎖(2016年9月30日)~最悪の世代(2018年)までの期間のこと。基本的にキャラソンを重要視している実況スレでの概念。
この期間は新規キャラソンの供給が著しく低下し、その時期に流行ったボカロ曲の知識がクッキー☆で大きく損なわれている。
バーチャル革命以降氷河期は脱したとされるが、その後遺症に悩まされキャラソンに着いて行けなくなる実況民が度々現れている。
金ク民
金のかかったクッキー☆の大百科で活動している人を指す言葉。ただ使われる場合は悪質な艦これ信者が
艦これアンチを金のかかったクッキー☆の住人によるものだとレッテルを貼るための蔑称として使う事がほとんどで、本人たちもこう呼ばれることを嫌っている。
ク☆
クッキー☆の略。ほぼ「クッキー☆界隈」の意で用いられ、本編を指すことはない。
苦行
クッキー☆の本編やキャラソン動画など見るのが苦痛な動画を指す。
本編のクッキー☆は一貫して苦行と扱われるのが常識である。
ク☆外知名度
クッキー☆界隈の外側での純粋な知名度のこと。これが高いと気を遣われたり避けられたりしてネタにされにくい傾向がある。
コメントやレスなどの語尾に付いているネットスラングの「w」のこと。要するに笑いを意味する。またwを付けることは「草を生やす」と表現する。
TDNの語録の改変「自分、草いいすか?」が変容を続けた結果、「草」一文字が「w」と同等の使われ方をするようになった。
ただ、wと違い「wwwwww」のようないわゆる大笑いを表す際は「大草原」「草が生い茂る」など同等の別表現が用いられるのが基本である。
淫夢民以外の人を装うためにわざとwを付ける場合もある。大抵は淫夢民に対して対立煽りをする際に付けられる。
クッキー☆実況では同義語に「牙」がある。
糞RIM一家
クッソー☆の博麗霊夢役を演じた声優を家族、というか姉妹という設定にしたもの。RIM一家の親戚として扱われることが多い。
定義上はNEL姉貴SNNM姉貴RRM姉貴SRMY姉貴HRK姉貴の五人姉妹。ただHRK姉貴まで含めた作品は非常にわずかで、ふつうは4人姉妹として扱う。
歴史的にはこれのことをRIM一族と呼んでいた。
クッキー☆本編
広義ではクッキー☆の風評被害を受けた動画全般の本編を指すが、狭義ではクッキー☆クッキー☆☆三部作、およびクッキー☆☆☆の事を指す。
いずれも本スレでUDK姉貴の代役を立てようとして生まれたクッキー☆である。
クソデブ
東方projectの小悪魔のこと。狭義では作者は健常者シリーズクソデブ姉貴を指す。
小悪魔であれば体型に関係なくこう呼ばれるはずなのだが、字面で混乱を招きやすいためか「KAKM」と単にTDN表記で示す場合も多い。
クッキー☆三大聖人
MZ姉貴ASTK姉貴の事。三大とは言うが3人目が誰なのかは特に決められていない。
クッキー☆三大ボール
美大ボールセヴァンボールの事。セヴァンボールがネタにされ出した頃から言われるようになったが3つ目が何なのかは特に決められていない。
クッキー☆三大名画
でりさくらシュメールUDKくさなな読書するリランちゃんの事。
クッキー☆厨
クッキー☆コミュニティの住民全体をあいまいに軽蔑する呼称。「淫夢厨」もしばしばこの意味で使われる。
もっぱら外から使われる語で、コミュニティ内でお互いを指す場合は基本的に「ホモ」と呼ぶ。
クッソー☆まりなーず
クッソー☆の霧雨魔理沙役を演じた声優の総称。2016年初頭に発生したが様々なブームの影響で埋もれてしまった。
定義上はMKMMKT姉貴SZ姉貴RK姉貴KHK兄貴AKN姉貴MGR姉貴YUH姉貴ICR姉貴の8人。
実際には集合絵すら描かれるのはまれで、あまり使われる用語ではない。
理由としては数が多すぎる、MKMMKT姉貴のク☆外知名度が高過ぎる、SZ姉貴の人気が突出している、RKからYUHまでの5人(量産型UDK)でひとまとまりにすることが多い、といった事情がある。
発生当初は姉妹設定があったらしいが順番は不明。MGR姉貴とYUH姉貴、MKMMKT姉貴とKHK姉貴は双子設定が付けられてたらしい(MKMMKT姉貴とKHK姉貴は同い年だが偶然だと思われる)。
グローバルクッキー☆
海外の投稿者がメインで制作したクッキー☆関係の作品を結ぶ語。
クッキー☆☆三期本スレ☆のように、メンバーに外国人が含まれていても、企画者、投稿者が日本人ならば、通常グローバルクッキー☆とはされない。
MajorMilk企画のイースター☆は最も人気を得たグローバルクッキー☆と言える。
最もクッキー☆が盛んな外国は中国で、嗶哩嗶哩には大量のクッキー☆動画が輸出されているほか、淫夢語録を基にした独自の中国語が使われたり、月餅☆蘇蘇大冒険☆など自らクッキー☆ネタを作り出したりしている。
○○警察
自治厨や指摘厨など、特定のことに対して注意をしてくる輩。特に東方のルールやマナー、知識を主張してくる東方警察が有名。東方警察騒動をきっかけに生まれたネットスラング。
クッキー☆では、特に「んにゃぴ警察」「ら抜き警察」といった、語録や日本語の扱いを指摘する際に自称することが多い。基本的にネタの一環で、その指摘対象はどうでも良いことばかりである。
自称している方も、その場で指摘しないと気が済まないぐらい深刻に思っているわけではない。
原作の原作
クッキー☆の原作である東方projectのこと。
原作(魔理沙とアリスのクッキーkiss)の原作(東方project)ということで、度々こう呼ばれる。
ただし、魔理沙とアリスのクッキーkissそのものを話題にしている時でも東方をこう呼ぶことも少なくなく、その字面は形骸化しがちである。
原理主義者
もともとは淫夢においてホモビ男優ではなくアニメやゲームなどの女の子を登場させることを嫌っている人達のことを「淫夢原理主義者」と呼んでいた。「原理主義兄貴」とも。
当然クッキー☆も原理主義者が嫌う最たるものの一つであり、例のアレで原理主義といえば実質クッキー☆アンチの一種であったのだが、長い界隈存続の過程で多くのヴォイスドラマが乱立・発掘されていった結果としてクッキー☆内においても「クッキー☆原理主義者」が数多く誕生することとなった。風土についていけなくなった古参がなる場合が殆ど。
もっとも「女の子を出すこと」を嫌うという明確な線引きのある淫夢原理主義者と違って、人によって解釈が異なるクッキー☆原理主義者の理念はまちまちで安定していない。
主な主張として初代キャラしか認めない、TIS作品まで本家クッキー☆、クッキー☆要素のない純東方ヴォイドラこそがクッキー☆本家である、などが存在する。基本的にクッキー☆に関係のある作品を「養殖ヴォイドラ」として嫌う傾向にある。
また、その不安定な立ち位置を利用し、原理主義者を装って対立煽りをするものも多い。
こえ部
2007年にカヤックがサービスを開始した音声投稿サイト。
比較的古くから初代クッキー☆声優が活動しているとして話題に上がっていたが、クッキー☆☆が登場してからは新たなクッキー☆や声優の発見、制作の場として大いに注目された。
2014年にサイバーエージェントが事業を取得していたが、2016年9月30日にサービスを終了した。
こえ部ポリス
こえ部の治安を守っているとされる運営スタッフ。
色々活動はしているようだがクッキー☆に関する問題に一切関与しなかったため、
クッキー☆では声優を守らない無能扱いされている。
cocommu
こえ部の後釜とされているサービス。ココミュ。
野獣先輩の語録と合わせて「co↑co↓mmu」とよく表記される。

サ行

893姉貴
十六夜咲夜のこと。「十六夜893」「1341893」とも。"さくや"を数字にしたアナグラムとなっている。
淫夢ではTNOKという暴力団の役が登場するため、よく893を隠語として用いていた。そこから派生してこのような通称が生まれた。
クッキー☆界隈では、咲夜キャラははやらないことが多い。原発姉貴が派生の釣りキチおばさんとして使用されるのがせいぜいで、りゅーがAIK姉貴2代目RK姉貴RR姉貴と人気作の出でありながら格落ち感あるものばかりが並ぶ。そのため呪いのアバターともいわれる。
さくら
クッキー☆では度々「さくら」を名に冠した人物が見られることから実況スレを中心にネタにされるようになった。名前にさくらが付いた人物が発見される度にまたさくらが増えたと揶揄されるのがお約束となっている。
+さくら一覧
さくら(本人)
さくら(んぼう)
さくら(外交)
さくら(日本語)
さくら(吉野)
さくら(☆の記憶)
さくら(ありす)
さくら(CC)
さくら(仮面)
さくら(あ)
ザッパー☆三馬鹿
LM姉貴SSRHM姉貴緑のお茶姉貴の3人組。
ザッパー☆の共演者ということで生まれたグループだが、ザッパー☆の役として描写されるのは緑のお茶だけで、
LM姉貴とSSRHM姉貴は本人の使っているオリキャラで描写されることがほとんどな上この2人は別にザッパー☆が代表作というわけでもないのであまりザッパー☆要素は無い。
更にここに保護者枠として鍋☆OSNI姉貴も加わっていることが多いので、3人組ですらなかったりする。
さみだれ
東方厨のこと。元はなんjの語録。クッキー☆実況スレでよく使われる。
さみだれというTwitterアカウントの書き込みの痛々しさがいかにも東方厨らしいと話題になったことでそのまま東方厨の代名詞となった。
+元となった書き込み
東方勢「東方新作だ!」艦これ勢「東方か…出番のようだな」デレマス勢「ふっ…待っていたぞ」刀剣勢「ようやく来たようね」ラブライバー「遅かったな」やきう民「よろしくニキーwww」社畜勢「おっと、俺たちを忘れてもらっちゃ困るぜ」東方勢「お前たち!生きていたのか!」みたいな毎度の流れ好き
自画像
クッキー☆声優が描いた、自分が演じた登場人物の絵。
shita red big
ニコニコ動画でコメントを投稿する際のコマンド。画面下に大きな赤字でコメントされる。淫夢ではその場面に関連したコメントをよくこのコメントで投稿する風潮があり、クッキー☆でもこの風潮は受け継がれている。
下北沢
真夏の夜の淫夢を製作した会社「コートコーポレーション」があることで知られる地域名。
野獣邸を始め、様々な淫夢本編の撮影場所として活用されていたことから、淫夢では一種の聖地として扱われている。
クッキー☆でもMADなどでよくこの場所が背景として使われる。特に旧下北沢駅前がよく見られる。
シケボ
ぼそぼそな音質の演技をあいまいに評価する語。狭義ではクッキー☆☆一期マーズの演技および声を指す。
種族
アバターのもとになった登場人物。
シュワワとUDKのバッコイ☆大作戦
クッキー☆バッコイしゅわスパ大作戦☆早苗といっしょにトレーニングのこと。
現在で言うクッキー☆本編の様なもの。
神社
クッキー☆における二色蓮花蝶のアレンジ曲の俗称。
親等理論
共通のキャストからクッキー☆同士に関連性を見出す理論。
例えば、クッキー☆原発新聞屋☆はどちらも原発姉貴が参加しているため、親等理論で結び付けられる。
クッキー☆実況で好まれる考え方で、こうした形で多くのクッキー☆動画を発掘してきた。
ずりあや
東方projectの射命丸文のこと。狭義ではクッキー☆☆三期ユヲ演じる射命丸文を指す。
SWK教
SWKを信仰する宗教。
ZUNのオリキャラ
これといったクッキー☆本編に登場しておらず、クッキー☆キャラが存在しない、クッキー☆のことしか東方の知識がないホモが知らない東方キャラのこと。
元々はJOKER姉貴のことを指していた。
精スプ
「精子スプリンクラー」の略。男性が女性に馴れ合っていることをこのように形容することがある。
元はSyamu_game界隈の用語。

タ行

ダーク♂尺余り
編集ミスで、動画内容が終了したと思われる後も真っ黒なシーンが続いている動画において、その該当部分を指す。レスリングシリーズの用語の借用。
たいち
クッキー☆声優の彼氏のこと。
ZNM姉貴に彼氏がいることが発覚した騒動がきっかけで、そのまま彼女の恋人の名であった太一が彼氏の代名詞となった。
第二形態
バーチャルYouTuberの声優の事。本来ならむしろVtuberのアバターの方が第二形態であるが、
クッキー☆実況ではその性質上、Vtuberのキャラソン実況の際に声優の歌ってみたもそのVtuberのキャラソンとして実況されていた為こう呼ばれるようになった。
対立煽り
なんらかの対象との対立をさせんとする行為。
淫夢やクッキー☆の語録を用いてこれが行われることが目につきやすいため、よく淫夢厨と対立煽りは同列とみなされる。また、淫夢自体も頻繁に対立煽りの被害に遭っている。
クッキー☆においては淫夢との対立煽りがよく見られ、原理主義者を装ったり、一転攻勢に憤ったりと様々な種類のそれが見られる。
蛇足パート
物語のCパート。EDの後のパートを差す。特に釣りキチおばさんのパートがこう呼ばれた。
TDN東方
サクラキジがニコニコ静画のクッキー☆タグを荒らす際に頻繁に用いた語。
現在は「クッキー☆要素が薄く、クッキー☆タグで投稿する必要性を感じない」という元を尊重したネガティブな意味か、
「東方タグで投稿しても違和感がないのに、なぜクッキー☆に投棄してしまったのか」というポジティブな意味のどちらかで使われる。
また、オリキャラや実在人物など、東方要素が全く無いものに対して、あえてネタとして使われることもある。
TDN表記
「多田野」→「T田野」→「TDN」というように漢字一字あるいは漢字全てをアルファベットにおきかけたもの。もともとスキャンダルから始まったジャンルであるため、週刊誌などで用いられる某有名人Aという表記などにならって用いられる。「大坊」→「D坊」→「DB」、「羽田野」→「H田野」→「HTN」「上村」→「K村」「赤沼」→「A沼」など。ただし、AKNMだけは例外で2008年からは後述するTNOK表記が用いられる。
TNOK表記
「谷岡」→「TNOK」というように、すべてを仮名表記に書き下したあと、1文字ずつそれぞれの子音、ない場合は母音のアルファベットで置き換えた表記。
TNOK表記ができた理由は「T岡」や「TO」といったTDN表記ではわかりにくいためである。
淫夢系のカテゴリーにおいて広く使われる伏字である。またその後ろに「兄貴」や「姉貴」をつける場合も多い。
たとえ風評被害を受けていなかろうが、淫夢コミュニティでは特に決まった通称のない人名、作品名をこれで表記する。弊害として非常に読みづらくなる場合があるが、それ自体もネタにされている。
ただし、KEN*4、GO*5、YTR★*6などその法則性には例外も多い。
だんだん組
山本ダンが作った東方ボイスドラマサークル。クッキー☆にメンバーであった原発姉貴を出演させた。詳細は個別ページにて。
中華ホモ兄貴
中国人の淫夢、クッキー☆ファン。bilibili動画を主な拠点としている。
チョコガキ
クッソー☆☆☆から入ったクッキー厨や投稿者の蔑称。
空前の○○ブームで話題になったネタの一つ「チョコモナカジャンボ」のCMに登場する子供の声を指す場合もある。
天然
クッキー☆の風評被害を受けることを意図していなかった本編のこと。意図的にクッキー☆要素を入れてても数あるネットネタの一つとして加えてるものクッキー☆要素があることを出演者に説明していないものも含まれる。特に前者に該当するクッキー☆クッキー☆☆☆は純天然と言われている。養殖の対義語として使われる。
東方のオスガキ
『ジョジョの奇妙な冒険』第4部の主人公である「東方仗助」のこと。
東方のメスガキ
東方キャラのこと。特に淫夢側からクッキー☆キャラを指す場合に使用されることが多い。

ナ行

馴れ合い
本来の意味は「利害が一致する者同士が裏で通じ合って秘密裏に意思決定を行う行為」だが、ネットスラングとしては「仲のいい人間だけが結託して、自分たちの居心地のいいように話を進めたり、他者を排斥したりすること」、twitter上では単に投稿者同士の親密な交流行為も含まれる。
本スレを初めとしたtwitter以外のクッキー☆界隈では声優や他の投稿者、ファンと活発・親密に交流する投稿者を嘲る際の蔑称として使われているケースが多い。
なんで○○が△人いるの?
同じ種族のクッキー☆キャラが画面に複数いるときにコメントされる構文。普通の東方二次創作では珍しいがクッキー☆では当たり前である同キャラ共演をわざわざ指摘する言葉であり、主に野獣先輩を霊夢とみなすなど、突っ込みどころのある勘定をするネタとして用いる。
だが魔理沙の場合は秋霜玉で分身攻撃をしてくるためか、魔理沙役に限っては「西方版だからでしょ」などの西方projectと絡めたツッコミがたまに返ってくる。
二軍淫夢
主に空前の○○ブームで流行ったキャラを指す言葉。シナン兄貴の元 は ギ ャ グ 日にて大喜利タグとして視聴者に付けられたものだったがウケて広く使用されるようになった。
その為名前に反して淫夢のキャラよりもクッキー☆を始めとした淫夢系の派生ジャンルのキャラや、当時ブームとなっていたキャラを指す事も多かった。
特にマジメ君、AKNM、ゆうさく、JOKER姉貴のグループを指す言葉といて使用され、ここに保護者枠としてりゅーが姉貴が加わるパターンもよく見られる。
その後文字通りマイナーなホモビ男優を指す言葉として使用される事が増えてきた為、それらと区別できるようマジメ君らのグループはつかだわ兄貴の動画シリーズに合わせて「面白味研究会」と呼ばれる事も多い。
現在では有名なキャラばかりにスポットをあてるだけではなく、知名度の高くないマイナーな淫夢ファミリーにもスポットがあたってほしいという願いが込められたマイナーな淫夢キャラ発掘のタグとして使用される事が多い。
この場合の対義語は人気キャラたちが集う淫夢オールスター。
二軍淫ク☆
二軍淫ク☆(淫夢×クッキー☆)とはマイナー淫夢とマイナークッキー☆の組み合わせやカップリングである。
二軍淫夢を文字通りの意味として使用する為に作られた二軍クッキー☆の更についでのような形で作られている為、完全に持て余されている。
二軍クッキー☆
マイナーなクッキー☆。クッキー版二軍淫夢であり、レアなクッキー☆である。MADが多い作品ばかりにスポットをあてるだけではなく、知名度の高くないマイナーなボイスドラマにもスポットがあたってほしいという願いである。対義語は人気キャラたちが集うクッキー☆オールスター
上記のように二軍淫夢という言葉には元々淫夢の派生ジャンルも含まれていたのだが、二軍淫夢を文字通りマイナーな淫夢の為のタグにしようと推し進める一環で差別化を図るため作られた。
その為二軍淫夢と比べるとあまり普及せず、単に「マイナークッキー☆」と呼ばれることも多い。
また、元々の二軍淫夢には東山源次やチョコモナカジャンボのようなクッキー☆以外の淫夢の派生ジャンルも含まれていたが、それらの行き場は作られていない。
偽物
その名の通り声優やキャラなど何かしらの偽物の事。「偽○○」と表現される。
しかし、偽物とされた理由は勘違いのような偶発的なものから物真似のような自発的なものまで多岐にわたる。
+偽物一覧
偽UDK→偽UDK
偽UDK→らい
偽HSI→偽物だがいいやつそうなHSIさん
偽NYN姉貴→青目ネズミ
偽NYN兄貴→名前ないです
偽HZN→偽HZN
偽YZY→かんきつ
偽YZY→桐と鳳凰
偽YZY→びびあん
偽KNKT→かんきつ(生放送主)
偽KRKNTN姉貴→あんにゅい
偽RRM姉貴→ハルみーる
偽RI姉貴→おとなし
偽SSRHM姉貴→藜音ティラ
偽KRG姉貴→島谷音楽
偽MZ姉貴→鈴河
偽ICG→巨乳丸杏
偽SZ→リーオス・ムーンレノチ・ライト
偽スメ→スス爻之〆X∠X∠、スススススス〆メメメメメメ
偽remmuh→ʯnɯɯəɹ
似てる
風評被害を重視している淫夢で多用される概念。淫夢ではホモビ男優を何かにつけて全く別の人物と似てるとして同一視し、風評被害を広げるネタが定着している。
クッキー☆など淫夢系のジャンルでも同様によく見られる。
また大抵の場合、似てるとされているものはあまり似てない。
NYNICGショック
2017年以前のクッキー☆に関する情報、歴史、設定のほとんどが埋もれて忘れ去られた事件。
NYNICGブームの影響が主な原因とされているためこう呼ばれている。
現在はその埋もれた情報などのサルベージ活動が行われており、東ク☆独立戦争RU姉貴RNG姉貴の姉妹設定などが掘り出されている。
ヌッ!
「うっ!」「ふぅ…」とほぼ同じ意味。
値段
クッキー☆で有名な値段を単位として使用することがある。(例:5000円→2RRM)
主な値段
3000円:タクヤの射精
2500円:RRM姉貴
1000円:BBAN姉貴
野良
底辺Vtuberの退屈な長時間配信に積極的にコメントする一般のファン。
その活動が底辺Vtuberを実況する実況民に近いことから野良の実況民という意味合いで言われるようになった。
ノンケ
本来はホモに対して異性愛者を指す言葉だが、ここでは主に
  1. 淫夢やクッキー☆とは別のジャンル、またはそれに属する者
  2. 淫夢やクッキー☆のネタや語録を使わない者
  3. 各々が気に入らない相手や表現などへの罵倒
の意味で使われることが多い。

ハ行

バーチャル革命
実況スレにてバーチャルさん☆が受け入れられた事に起因する連鎖的な発展を指す。
これにより2018年には暗黒期とも称されるぐらい落ち込んでいたクッキー☆実況スレが全盛期に匹敵する勢いを取り戻すこととなった。
また、同じ実況を行うCTV☆では受け入れ拒否されネタも定着しなかったため、CTV☆とク☆実の風土の違いを更に広げる事にも繋がった。
パープルハウス
彩 雅介の背景素材 自宅外観の俗称。パープルという投稿者が用いていたことから。
エイレーンの背景素材としても知られる。
迫真
文字通り高い演技力を評価する語。
元は真夏の夜の淫夢の四章が文字に起こされた際に、二章の流れを受けてか台詞ごとに(迫真)がしつこく付けられたところから。
早口
東方projectの風見幽香のこと。狭義ではクッキー☆誠田演じる風見幽香(早口おばさん)を指す。また、幽香役は○○おばさんと早口の部分を捩って呼ばれることも多い。
風情
無意味な場面や状況に趣を見出だす行為。
ベクター空間
ベクターワールドとも。ベクターとは動画投稿者のベクター兄貴のことで難解でカオスな芸術作品風の動画を特徴としている。そんな彼の作風を思わせる世界観のことを指す。
具体的にどういったことをベクター空間と呼ぶかは決まっていないが、ベクター兄貴は自分が使用した素材の公開もしているため、そうした素材を多用したものが呼ばれる傾向がある。
ボイスコ
同人声優。声の協力者(voice co-operator)の意。
ボイスドラマ
声劇、特に同人での音声作品を指す語。「ボイドラ」と略される。
要するに映像が無い音声のみで表現された作品である。一応パッケージや章毎に一枚絵が補助的に用意されていることもあるが、当然それらがなくても作品として成り立つようになっている。
しかし、クッキー☆においては映像主体、場合によっては音声の有無にかかわらず、クッキー☆本編を指すことが多い。これは、
  • もともとTIS姉貴の作品群を、劇中の台詞から「ヴォイスドラマキカク…」と呼んでいたこと
  • 本来ボイスドラマであったクッキー☆☆が、MMDの映像がついたことで有名になったこと
  • クッソー☆シリーズなど、クッキー☆☆リスペクトの作品群が、作品の形式にかかわらずボイスドラマと名乗っていったこと
などが影響していると思われる。
棒読み
演技力不足の声優が感情を込めずに台詞を発すること。
クッキー☆の代名詞であり、風評被害に巻き込まれた原因。
元は真夏の夜の淫夢の二章に対する評価、および台詞が文字に起こされた際に、台詞ごとに(棒読み)がしつこく付けられたのがウケたところから。
クッキー☆と関係があることを示す目印。
クッキー☆扱いされた本編の通称や、クッキー☆をメインに使った音MADのタイトルとして原曲名に後置するのが基本的な使い方。
HZNが好んでこの記号を使ったことに由来する。
ホモ
本来は男性同士の同性愛者を指していた語だが、ここでは淫夢系のネタを扱う人を指す。
平沢進のファンを馬の骨と呼ぶのと同じである。
本来の意味を指す代替表現としては「ガチホモ兄貴」が用いられ、明確に区別される。
ホモガキ
荒らし行為を行ったり声優等に迷惑をかける、あるいは知識や理解が不足しているにわかの淫夢厨・クッキー☆厨に対する蔑称。だがアスペやガイジのように単に気に入らない相手への罵倒として使われることも多い。
「メスガキ」という女性形が派生しており、こちらは女性声優個人を罵倒する際に用いられる。
ほんへ
本編、本家の意。クッキー☆動画の本編を指す場合と、動画内の見所を指す場合とがある。

マ行

まいどん
無断転載の意。クッキー☆実況においてまいどんという人物が頒布されている同人CDを転載していたことから、そのまま名詞化、動詞化することとなった。
また、同義語に「ガキ知ら」という言葉もあるが、こちらもガキ 何も知らないという人物が同様に無断転載を行っていたことに由来している。
末裔
末路の事。底辺ボカロPの末裔のネタから末路自体を末裔と書き表すようになった。
未公開シーン
本編にて認知度の低い不人気な場面。特に初代クッキー☆の紅魔館に場面が移ってからのシーンがこう呼ばれた。
レスリングシリーズの語録のひとつ「未知のエリア♂」もこの意味でよく借用される。
ミリ腐
ミリタリー腐女子の略。クッキー☆厨はおろか本スレ民でさえ絶対に手を出さない魔境と言われている。この界隈で活動している者はホモの魔の手から確実に逃れられると言い伝えられている。
MRS
衝突のあるTDN表記であり、東方projectの霧雨魔理沙、村紗水蜜のどちらかを指す。
モロモロ
呂律が回っていない演技をあいまいに評価する語。狭義ではクッキー☆☆三期エスカの「ボロボロ」の空耳、および彼女の演技に付けられた評価「モロモロのカツレツ」の略を指す。

ヤ行

野獣一族
真夏の夜の淫夢の野獣先輩の家族として扱われていったキャラの総称及びそのグループ。クッキー☆キャラでは野獣妹野獣妻がその一員とされている。
また野獣先輩と野獣妹はRIM一家と統合している場合も見られる。クッキー☆ではKNN姉貴が野獣先輩の母として扱われることが多いため、本来野獣母と呼ばれる人物の認知度・登場頻度は極めて低い。
野獣妹
東方projectの伊吹萃香のこと。狭義ではNana Takahashiが歌うしゅわスパ大作戦☆のPV内に登場する萃香を指す。
養殖
意図的にクッキー☆向けに作られた本編とされるもの。それに対し狙ってなかったものは「天然」と呼ばれる。
元々はハロウィン☆が発見された際、クッキー☆☆と対比するために生まれた言葉。
その時は実質ハロウィン☆を始めとしたMK兄貴の作品をクッキー☆として認めない為のレッテルとして使用された蔑称であった。
クッキー☆を狙った作品を指す言葉として生まれたがその対比であったTIS姉貴がそれ以前はクッキー☆でネタにすることを狙っているとよく叩かれていた為、初めから意味は矛盾していた。
その後カス☆の登場以降頻繁に使われるようになったが先述のように出た時点で定義が矛盾している為、何をもって養殖、天然とするかは使用者によって異なる。
以下はその一例
  • 企画者がクッキー☆でネタにされることを狙ったもの(ハロウィン☆など本来はこの意味で定義されたが定義通りに解釈するとクッキー☆☆やモノレール☆なども含まれてしまう)
  • 声優がクッキー☆でネタにされることを狙ったもの(しりり☆に代表される所謂養殖声優を指す為の定義だが、ハロウィン☆は定義から外れてしまい、逆に一部のクッキー☆☆声優は含まれてしまう)
  • 声優達がクッキー☆要素の有無や注意事項などを説明を受けた上で出演した本編のこと。(上の定義を企画者を基準にした発展系。ちゃんと注意事項を読まずに参加する声優も多く、意外と混乱しやすい)
  • 意図的に脚本にクッキー☆ネタを取り入れたもの(三期以降のクッソー☆カス☆など)
  • 意図的にクッキー☆で話題になった声優を参加させたもの(クッキー☆☆二期告白☆など)

ラ行

立教大学
紅魔館のこと。クッキー☆に登場した紅魔館が立教大学に似ていたことから。
立教大学自体は淫夢の発端であるTDNの母校としてよく話題にされていた。
また、クッキー☆で舞台が紅魔館前に移った場面を「立教パート」と呼ぶ。
立教三人娘
CRNRMADIYUSIの事。立教パートに一緒になって登場したことからこう呼ばれる。
淫夢ではTDN、DB、HTNを「立教トリオ」と呼んでおり、東方にはフランドール、こいし、ぬえのグループを指す「EX三人娘」という用語もある為、それらと掛けた意味合いもある。
ちなみに立教大学は紅魔館のことを指しているが、メンバーはたまたま紅魔館の前にいただけで住人でもなんでもない。
量産型UDK
クソクリで霧雨魔理沙を演じたRK姉貴KHK兄貴AKN姉貴YUH姉貴MGR姉貴の総称。
悪名高い荒らしであるサクラキジがニコニコ大百科の記事を作ったからか、敬遠されがちの呼称。
全員同時にクッキー☆入りした縁から、出演直後には共同して生配信するなど現実世界での交流が芽生えていた。
だがYUHがAKNをいじめて配信中に泣かせかけるなど問題を起こす。
KHKは反YUHの態度を鮮明にし離脱(2016年1月21日)。
春まではRKとAKNの配信が行われていたが、特にきっかけもなく交流は終わった。
MGRはYUHとやり取りしたり、配信を見たりはしていたようだが参加はしなかった。
レスリングシリーズの略。変態糞土方の語録の改変「申レN(申し訳ないがレスリングネタはNGの略)」から逆算するように使われるようになった。
転じてアメリカを指す事もある。(例:レ帝)
レイドバトル
各々がお気に入りの底辺Vtuberを持ち寄ってバトルさせるという実況形式。
バトルとは言っても発掘されたVtuberを皆で実況してその実況対象としての良さを競うものであり、内容は品評会に近い。
その為勝負の行方がどうなっても実況する側に負担がかかる闇のバトルとされている。
RIM一族
クッキー☆やその派生作品で博麗霊夢を演じた声優全員を一族という設定にしたもの。かつてはRIM一RIM一家の8人を指した。
RIM一家
クッキー☆で博麗霊夢を演じた声優を、家族という設定にしたもの。
RU姉貴BNKRG姉貴SNNN姉貴を三姉妹に、KNN姉貴を母親に設定することが主流であるが、初期にはKNN姉貴も姉妹の一員にすることもあった。サケノミがペットだったり、糞RIM一家や他のRIM役が親戚だったりすることもある。
RIM役ではないが、SIKがKNN姉貴の子供として一員になっていることも多く、その場合は野獣妹の兄である野獣先輩、さらに野獣父も芋づる式に加わる。ただ父親はあいまいにすることも多い。
YMNとKNNは本人がRIM一家を公認している。
ちなみに、RIM一家の発祥とされるHNSレラではSNNN姉貴はおらず、代わりにALCが末っ子として設定されていた。
RIM姉妹
RU姉貴RNG姉貴の二人の霊夢役を姉妹という設定にしたもので同キャラ役同士に家族設定を付けるクッキー☆特有の文化の元祖。
RIM一家が出来たことによりこの設定は無かったことにされてしまった。


ワ行

んにゃぴ…
なるほど、まったくわからん」とほぼ同じ意味。
野獣先輩の語録の1つだが、頻繁に後続語録を間違われ*7、そのたびに「んにゃぴ警察」なるものが出現するのが鉄板ネタである。
んにゃぴ警察ネタのため、あえて間違われることもある。
逆に正しく使うと低確率で「んにゃぴレジスタンス」が出現する。
んぬえ
東方projectの封獣ぬえのこと。