d_studio

生活ゲームログ/ホーリーの生活ゲームログ/生活ゲームログ100803

最終更新:

d_studio

- view
だれでも歓迎! 編集

生活ゲームログ100803


ホーリー:
こんばんは。生活ゲーム予約の時間にもう少しとなりましたので、声をかけさせていただきました。

芝村:
記事どうぞー


【予約者の名前】45-00720-01:ホーリー:満天星国
【実施予定日時】2010/8/3 21:00~22:00
【ゲ-ム実施時間】20マイル×1時間
【予約の有無】予約 有り(10マイル)
【召喚ACE】斎藤奈津子:藩国非滞在:10
【参加プレイヤ-の食糧消費】3マイル×1人
【合計消費マイル】計43マイル
【参加者:負担するマイル】
45-00720-01:ホーリー:0マイル:入学済

#誕生日枠をいただいております。
#根拠url:http://cwtg.jp/qabbs/bbs2.cgi?action=article&id=8637

ゲームの前に、一点質疑をお願いできますでしょうか?

芝村:
イベントは?
ええ
どうぞ

ホーリー:
ありがとうございます。

Q1:
満天星国でのゲームをお願いしたいと考えているのですが、
現在の満天星国の天気・気温はどのようなものでしょうか?

芝村:
快晴
気温は昼夜でだいぶ違う
昼なら34

ホーリー:
なるほど、ありがとうございました。
それでは、とくに行き先を決めず、藩国内で会おうと思います。
事前に会いに行く旨を連絡し、日陰か屋内で待ち合わせるようにします。

芝村:
ああい
2分待て

ホーリー:
どっきどき……!

/*/

芝村:
ここは貴方の国だ
大きな木の前にいる

芝村:
爽やかな格好で奈津子もきとるな

ホーリー:
「こんにちは! おひさしぶりですー」

奈津子:
「こんにちは!」

芝村:
えらい元気だな

ホーリー:
「今日も元気そうですね(笑)。なによりです」

奈津子:
「えへへ、はい!」

ホーリー:
「さあて、どうしましょうか。とくに今日は行き先を決めてこなかったんですがー」
「最近すっかりいい天気で、今日もなかなか暑いですけれど」

奈津子:
「あついですよねー」
爽やかに空見てるぞ

ホーリー:
「斎藤さんは暑いの平気な方です? お名前の通り夏好きとか?」

奈津子:
「私は、割と平気なほうですねぇ」
「げんきだけがぁ、とりえなんです」

ホーリー:
「あはは(笑)。元気がなにより得がたい財産ですよ」
「じゃ、夏だけど、どこか外に遊びにいくほうがいいですかね?」

芝村:
奈津子はにこっと笑った

ホーリー:
わたしもにこにこしてます(笑)。

奈津子:
「川いきましょう」

ホーリー:
「川遊びですか。いいですねえ。」
Q:付近にちょうどよさそうな川はありますか?

芝村:
山のほうかい? それとも、街中?

ホーリー:
山でおねがいします。
あ、
やっぱり斎藤さんに聞いてからにします(汗)。

ホーリー:
「山の中まで行っちゃいます? それとも街中の小川がいいかな?」

奈津子:
「街の中は綺麗なんですか?」

芝村:
奈津子、不思議そう

ホーリー:
「市街地はそうでもないかもですね。では、郊外のほうまで足を伸ばしましょうか」

奈津子:
「はい!」

ホーリー:
では、タオル等最低限の装備を調達して、山の方まで移動します。

芝村:
山まで移動したよ。
もうふもとには綺麗な川が流れている

芝村:
橋の上から、見てる

ホーリー:
「わー、気持ちの良いところですねー」

芝村:
川の流れる音が聞こえる

奈津子:
「綺麗ですねえ」

ホーリー:
「じゃ、川べりまでおりますか」

奈津子:
「はい!」

芝村:
奈津子は川までおりようとしている

ホーリー:
「わっと、水の中まで入っちゃって大丈夫ですかー?」

芝村:
ずりっ



ホーリー:
きゃっち

芝村:

あぶないところだった
奈津子は貴方にしがみついている

ホーリー:
「あぶないところでしたね(笑)。」

奈津子:
「すびばせん・・・」

芝村:
なみだ目だ。洟まででてる

ホーリー:
「大丈夫大丈夫(笑)。」
タオルか、ハンカチがあればわたします。

奈津子:
「不器用なんですよね・・・私・・・」
しょんぼりしてる

ホーリー:
「ぶきっちょならわたしも(笑)。」
「斎藤さんにはそれを大きく補えるだけの元気があるじゃないですか」

芝村:
奈津子はよろけてる

奈津子:
「よくおこられます」

ホーリー:
あぶなそうならささえます。
「おこられるのは、目をかけてもらってるからです。」

芝村:
奈津子はさびしそうな目を、一瞬だけ向けた

奈津子:
「そうですよね」

ホーリー:
「本当に興味のない人を、おこったりしないですよ」
「さあ、気を取りなおして」

ホーリー:
「あそびましょうか。一応川遊びには危険があるんで、気をつけつつ」

芝村:
奈津子はちいさくはいといって、すみっこであそんでる

ホーリー:
Q:何をして遊んでいる様子ですか?

芝村:
A:いじけてるようにみえる

ホーリー:
「あぁ……、ごめんなさい。さっきは変な言い方になってしまってたかもです(汗)。」

奈津子:
「?」
なみだ目で見られた

ホーリー:
「元気だしてください。ちょっとうっかりだったり、不器用だったり、たいしたことじゃないって伝えたかっただけなんです」

奈津子:
「すみません・・・」
「私、なきむしなんで」

ホーリー:
「女の子はちょっとくらい泣き虫なくらいがかわいいんです(笑)。」
「今日の失敗は明日の成功の母ということで、明日へむけてすこしづつでも良いふうに変わっていければいいんですよ」

奈津子:
「うう」

ホーリー:
Q:斎藤さんは先ほどと比べてどのような様子ですか?

芝村:
いじけとる
さらにいじけとる

芝村:
奈津子は目をごしごしした

奈津子:
「元気にいきましょう!」

ホーリー:
「お」
「はい!」

ホーリー:
「元気でたところで、唐突ですが、おやつにしませんか?」

奈津子:
「はいー!」

ホーリー:
木陰なりおやつを広げられるような場所に移動して、(あれば)レジャーシート等を広げます。

芝村:
はい。

ホーリー:
「あのね、斎藤さんは元気で、ほかのひとに良い影響を与えられるっていう実例を見せようと思うんです。」
http://www15.atwiki.jp/d_studio/pages/50.html

芝村:
ひろげたよ

ホーリー:
津軽さんからのプレゼントのおやつと、お手紙です。
手紙を読んでもらいます。

芝村:
奈津子は、はじめてここでほんとに笑った
微笑くらいだった

/*/

芝村:
はい、おつかれさまでした

ホーリー:
おつかれさまでした~。

芝村:
いじけてたなあ

ホーリー:
ちょっとお説教みたいになってしまったのが、地雷だったでしょうか(汗)。

芝村:
まあ、
書く地雷9発

ホーリー:
ううう……。

芝村:
では解散しましょう おつかれさまでしたー

ホーリー:
おやつを食べながら、先日頂いた馬のぬいぐるみのお礼だけ伝えたということをお願いしてもいいでしょうか?

芝村:
ええ

ホーリー:
と、すいません、あと評価値の累計をうかがってもよいでしょうか?

芝村:
1,1

ホーリー:
ありがとうございました。最後に立て続けにすいませんでした。
本日は誕生日枠でのゲームをありがとうございました。

芝村:
ではー