ねさる崎 ニルニール
 

基本情報 

  • キャラクター名: ねさる崎 ニルニール
  • よみ: ねさるざき にるにーる
  • 性別: 女性
  • 学年: 高等部1年
  • 部活: ロボット研究部
  • 委員: 【理想の妹制作委員会】
  • 武器: 大きなスパナ
  • キャラクター説明 
「自称天才発明家で日夜よく分からないメカを作っている。そのため資金難に苦しんでおり、顔を合わせる度おこづかいをせびる妹」
というコンセプトで【理想の妹制作委員会】によって製造された人造妹の一体。

代表の謎の失踪により【理想の妹制作委員会】は解散し、人造妹達も全て破棄されたはずであったが
その杜撰な管理体制から、多くの人造妹達が野に放たれたのであった…。(すごくこまる)

粗製された妹達は知能が著しく低い個体が多く、そのほとんどが野生化してしまったが
一部の妹達はうまく(?)社会に溶け込み普通の魔人として生活しているという。

ねさる崎ニルニールは、そんな人造妹達の中では特に知能が高く形状も人間に近い者の集まり【上から数えて12人(ナンバーズ)】の一体であり
コードネームは【4番目にかしこい(キャンサー)】



●なんで今回のダンゲロスに参戦しているの?

理想の妹になる為に自分のお兄ちゃんになってくれる人を探す、という人造妹の行動理念に従って学園に潜入したが
なんとここは女子校ではないか!これにはまいった…。しかし、4番目にかしこいニルニールは気付いた…別に性別は重要じゃなくね?と!

こうして、ねさる崎ニルニールによるアニキ(♀)を見つける戦いが、いま始まったのだ!!!


●外見とか言動とかはどうなの?

明るく活発で、兄に対してフランクに接してくるタイプの妹。兄の呼び方は、アニキ。

ぼさぼさ気味の赤髪ショートカット、メカメカしいゴーグル(目隠れ要素)、作業着。
総じておしゃれにはあまり気を遣っていない感じ。

発明と称して明らかにオーバーテクノロジーなメカを造っては騒ぎを起こすトラブルメーカー。

ステータス 

  • 体型: 華奢
  • 攻撃力: 12   防御力: 1   体力: 10   精神: 2   FS( アニキからもらったおこづかい ): 5 
  • 移動力: 2


特殊能力『 完成!戦闘マシーン・シザーマン! 』(発動率: 88 % 成功率: 100 %) 

効果:  壁製作
対象:  隣接1マス
時間:  1ターン

消費制約:一発ボーナス 

詳細な説明 

隣接1マスに壁製作

能力原理 

「アニキ」をローマ字にすると「ANIKI」となる。さらにこれを並べ替えて、二つあるIはノイズなので一つ無くすと…
そう「KANI」……つまり蟹!これに気付いてからは早かった!

早速、蟹型戦闘マシーン・シザーマンを造りあげたが、急造だったため禄に動かずに自壊してしまった…。かなしい…。

(本人は発明と言っているが、その実、おこづかいを消費してメカを召喚する魔人能力である。消費したおこづかいに比例して性能が決まるため、おこづかいが少ないと今回のような木偶の坊が生まれてしまう。まあそれでも、壁くらいにはなるだろう)