イリーナ・P・笹垣

基本情報

  • キャラクター名:イリーナ・P・笹垣
  • よみ:イリーナ・ペトローヴナ・ささがき
  • 性別:女性
  • 学年:高等部3年
  • 部活:理化部
  • 委員:保健委員
  • 武器:注射器
  • キャラクター説明
174cm。61kg。ヘーゼルの瞳。
モカブラウンの髪はルーズロング。
ひとりで街に出るとよくOLに間違われる。

父がロシア人で母が日本人。
日本で生まれ育ったのでロシア語はほとんど話せない。
海外の論文を読みあさってるぶん英語のほうが得意かもしれない。

小さい頃にいろいろあったわけではないけど子どもが好きで男の人が苦手。
子どもは性的に好きというよりも興味関心の対象である。
男の人は「なんか視線とかイヤ」らしい。

理化部部長として数々の実績をあげた結果、大学の研究室なみの予算を獲得している。
一方で怪しげな研究にも日夜勤しんでおり、学園七不思議の真相の一角は彼女の実験。
本人はイーラと呼ばれたいけどクラスの皆はだいたい笹垣と呼ぶ。またはリカちゃん。

ステータス

  • 体型:普通
  • 攻撃力:0 防御力:0 体力:18 精神:5 FS(子ども好き):7
  • 移動力:2


特殊能力『不可能性体内受精』(発動率:101% 成功率:100%)

効果1:オリジナル魔人召喚(特殊能力あり、DPなし、ZOCあり、生贄不可)
対象:同マス一人
時間:1ターン
時間付属:戦闘不能非解除

効果2:召喚永続化
対象:同マス一人
時間:一瞬

消費制約:SDボーナス(100)

詳細な説明

同マスに味方キャラクター「カグメ」(18/0/5/3/4)を永続で召喚します(戦闘不能非解除)。
「カグメ」は隣接1マス内1人の発動率を1ターンの間10%上昇させる特殊能力を持っています。

能力原理

胎内に多能性幹細胞を生成する能力。
生成した細胞は胎内にある間、自由に分化を誘導できる。
胎外に排出されてからは自然法則に従う。
男の人が苦手でもどうにか大好きな子どもを作れないか悩んでいたら魔人になった。
これで女の子どうしどころか自分ひとりだけでも子どもをつくれるぞ。やったね!

「それって単為生殖じゃん?」
「えへへ」

――寝苦しい夜だった。
エアコンが壊れたとかで、自室はまるで蒸し風呂。
汗をかきすぎたのだろう、何度も喉の渇きで目が覚めた。
しかし、このときは……気配を感じたのだ。
枕元に級友が立っていた。
とても驚いたが、ねぼけていたのか、遊びにでも来たのかと思った。そのときは。
日付も変わっていたし、あり得ないのだけれど。
そんな甘い考えは、なおも漂う圧迫感に辺りを見渡してみて霧散する。
反対側の枕元から、足元から、ベッドの下から……数多の視線に射抜かれている。
悦んでいるのか、憤っているのか、悲しんでいるのか、愉しんでいるのか。
表情からは読み取れない。
声も出せずにいると、彼女たちはやおら立ち上がり、足を踏み鳴らし始めた。
ドン。ドン。ドン。ドン。
ドン!ドン!ドン!ドン!
ドン!!ドン!!ドン!!ドン!!ドン!!ドン!!ドン!!ドン!!ドン!!
もう無理。限界。意識が薄れて――

「おはよ……」
「おはようってうわあ! すごい顔!」
「だよね……なにも言い返せない」
「どうしたの? 調子悪い?」
「昨日眠れなくて。怖い夢を見たの」
「えー。どんな夢?」
「めっちゃ囲まれた。あんまり思い出せんけど」
「そっかぁ」

【召喚キャラクター】

キャラクター名
カグメ

学年:その他
武器:スプーン
委員:無所属
部活:無所属
体型:普通

ステータス
攻撃力:18/防御力:0/体力:5/精神力:3/FS(おりょうり)4

特殊能力名
イリーンカのプリンをさしあげます

特殊能力内容
効果1: 能力休み解除 70
対象: 同マス味方全員 1.5
時間: 一瞬 1

効果2: 発動率10%上昇 15
対象: 同マス味方全員 1.5
時間: 1ターン
時間付属:カウント遅延(時限型) 1ターン
※時間付属は効果2のみ

消費制約:SDボーナス 100

発動率:102%

能力原理
イリーンカのプリンはすっごくおいしいから
たべるとしあわせになるよ

キャラクター説明
イリーンカのむすめだよ
イリーンカそっくりなの