キャラ対策



ここで、自分がオフ・オンをある程度した上で、一般的にここに気をつけていれば良いてのを書こうかと思う。
全く確証は無いし、そもそも、編集者の腕前が微妙な為、絶対に鵜呑みはしないこと。というか状況により立ち回り等変化必至。



長森:佳乃=5:5
兎も角近づかせない事を一に考えるとやりやすい。
ある程度魔法で牽制しつつ、遠中、J中、D強等で引き離す戦い方がセオリーだと思う。相手の上を通過する際はD屈強に気をつけ、壁際にだけは運ばれないことを護る。
近づかれそうとかやばめだと思ったら、ゲージさえ余ってれば壁際までBDしてSWで逃げに入っても良い、けど結局時間稼ぎ。
考える時間を作るときに行ってください。後転ばされたからと言って起き上がりにSSを行うことは禁物。
相手のゲージが無い時はまぁ、構いませんが、枕で普通に潰されちゃいます。音符破裂をリコって長めの攻撃で相手の固めを止めてください。
何はともあれ、長森のRF技は全て割り込まれるので、RG後の相手の行動を要観察。



七瀬:=6:4 
辛いキャラベスト2。
ゲージ溜まるまで逃げ続けるのが一番だと思う。というか普通に向かっていくと死亡確定なので。
魔法や、単発のHITで削っていき、ゲージ技を活用して戦うこと以外対戦方法が思いつきません。
かなり、コンボの繋ぎが割り込まれるので、一に癖を読み,二にどこまで攻撃して良いのか把握すること。
キムチったらSWかFN。 ゲージ無い時は…相手の行動を読みつつ逃げる。相手のHP残量次第ではごり押しでも良いかも。



昇竜をすからせたりして、竹刀を手放させるとかなり楽になる。ただ人によっては、竹刀を囮に使う人も居るので、
投げたからって、安易に近づかないこと。取りあえず竹刀を持たせるな!
ただ、ラウンド終わったら返してあげましょうね。そっちの方が相手の能力を出せるので楽しいはず。



茜:=5:5
特に無い。ガードさえきちんとすればなんとかなるはず。後タイミング次第で、J強は割り込まれるので注意。
RF詩子にさえ気をつけて行動すれば実力差がかなり開いてない限り、緊迫した対戦が出来るはず。



みさき:=5:5
このキャラの動きを見切ることが総合的に佳乃の能力を上げることになる。
リプフォルダ漁ってたら牽制に関してはおkではないか、ってなの見つけたので、口で説明するより目で見てください、と
敢えていうならみさきにはFW嵌めも出来るし相手のガードポイントのある攻撃(D強とか)をきちんと捌く事。
ttp://chrono.at.infoseek.co.jp/cgi-bin/upload/upload.html のup0472でpassは vip
コンボミスはお互いネット対戦って事で目を瞑ってください。


繭:=5:5
割かしJ中がすかってしまうのと、対空性能の良い繭相手に空中攻めは基本厳禁。
J強使った起き攻めも場合によっては大ジャンプや膝で落とされるので、地上牽制に力を入れること。
とりあえず近づかせない事、壁を背にしないことくらい。壁を背にした場合は、相手のリコイルを見て、きちんと攻撃を止めること。
膝でもRFごろごろでもどっちでも割り込まれます。
ただ、そこらへんに注意した立ち回りをすれば、繭側も強くは攻められないので、牽制に次ぐ牽制で相手の攻撃を狭めると良い。
基本繭側の攻撃ミスは佳乃が全部美味しく頂けるので、その時のみ強気に出れば捌けるかと思います。
後、相手にゲージがあるときは絶対にSSは禁止。確反です。
他の注意点は起き攻めの際にコマ投げを加えられることくらい、ただ、これに関してはもう頑張ってとしか…。

澪:=5.5:4.5
空中から攻める場合は遠澪の攻撃範囲に注意。基本相手の攻撃がミスするのを待ってからでないと安全に攻める事の出来ないキャラ。
近距離は幕末やW幕末、タライの起き攻めに注意する他、遠澪のバックダッシュからめたぎりぎり範囲の空中攻撃に引っかからないことくらい。
起き攻めは魔法多目、FWなどが効果的。遠澪の状態でこかせることが出来れば、多少強めに立ち回っても良い。近澪時は耐えれ。
必要な時に手を出さなければ近澪に狩られる事はない、ただし、あまり固まっててもダメなので、たまには暴れるのを忘れずに。
遠澪時は中距離維持でちくちくするのが一番効果的。

あゆ:=5:5
中途半端にガードされても攻撃を続けると、ガードポイント技(強攻撃?)、RFそこの人どいてとかで割り込まれること必至。
あゆの反撃ポイントがゲージ技やRF技が多いので、そこに隙を見出すと良い。
起き攻めは基本立ち防御でいいかと(屈攻撃は結構解りやすいので)。着地寸前に高速詠唱とかで無理やり抜け出すのも良い。
後あゆは結構コンボが入りづらいらしいが、佳乃には別にそこまで関係ない。


寝雪:=5:5
一番多用する事になるのはJ中。ジャムが少ない内はRFリバサ以外、そこまで気にせず突っ込んでも良い。
魔法を壁にするか、ぎりぎりの所で攻撃するかは、相手の癖次第で。
まぁ、リバサはごろごろリコった後の選択肢かな。下手に詠唱後の隙が大きい技を多用すると、
ビームだおーで割り込まれる可能性もあるので注意。正直、余程対策取られて無い限りは、
佳乃側がジャムを潰せる手段が多いので、面倒な相手でもない。



気をつける点は、真っ先にジャムを9にしようとする相手には、魔法でジリ貧勝負しつつ、罠ジャムに騙されなければ、
なんとかなる。
逆にジャム0で来る相手に対してはリバサにさえ気をつければそこまで難しい相手でも無い。
何分、使用している人が少ない為、そこまで実測を取れないのが辛い。対策も取れてないのに無理に割り込もうとすると、
初見殺しのトリッキーな動きで、何も出来ないまま殺される場合があるため、
七瀬同様、1に癖を読み、2に割り込めるポイントをきちんと抑えることが大事。



真琴:=5:5
狐火の良くわからん酷い固めがありますが、そこは出されたら何も出来ないのでスルーで(一応対策らしきものはありますが、的確に狙ってくる相手に対しては無効。)
このキャラは、遠距離より中距離で攻めたほうが楽。ガンガン攻めてくる相手に対しては近距離に持ち込まれない様に注意。
煙幕は全部リコるか、たまーにリコるかで相手のペースをかき乱す事。リープはリコってればしてくるタイミングが解るのと、
跳弾はタイミングをずらせばやられる側も見切りやすい。



気をつける点は、壁際より道中の投げと裏当てのネズミ花火かな。下手にリバサするよりはきちんとガードした方が相手の行動も変えやすい。
今のところ自分が対戦した相手は同じような行動が目立ってるので、癖は読みやすいかも。
スライディング後にHIT確認もしないままサマソする人は大体IC込みなので、消失させるか、無敵技で返すかは、お好みで。



栞:=5.5:4.5
相手が居ない

舞:=5:5
相手が居ない

佐祐理:=6.5:3.5
対戦相手の消息が絶った

観鈴:=4.5:5.5
書くこと多すぎてナニを書けばいいのか



佳乃
自分が苦手な距離はおそらく相手も苦手である。逆に自分が苦手な攻撃方法で攻めてみるといいかもしれない。
中攻撃以上は基本リコれば反撃出来る。攻撃を振り続ける相手ならそのまま反撃、相手のリコに合わせてリバサでキャンセルする人相手なら様子見、
兎も角、相手の使用する距離を良く調べること。別にミスってもそこまで痛い事にはならないので、逆に暴れまくって、相手の行動を制限するのもいい。
起き攻めに関してだが対佳乃にはFWが一番安定(壁際)する。SSはFBで消せたりするので、間に合うのならFBを相手のSSのLVに合わせて撃つべし。
佳乃の通常攻撃での起き攻めは、総てリコイルから反撃可能となってしまうので、もしもゲージ等が無いときは相手の反撃タイミングを読んでから固めるべし。
佳乃の起き上がりが遅い為、壁際までの距離が長い場合道中でこかした場合、JTで起き攻めするのも手である。かなり削れる。
強気に攻めるのなら、TSを壁にすると良い。魔法合戦になった場合用に必ず魔法の空中連続リコガは習得しておくこと。



美凪:=4.5:5.5
佳乃のリーチと判定が使いやすい相手Ver.2。中ー遠距離維持、起き攻めはFBから連携、取り合えず魔法を放つ。
これだけで対策も取れてない美凪は倒せるかと。実力が同じくらいでも、若干佳乃側の有利がでかい。
佳乃のスタイルに合った攻撃が一番効果的。



気をつける点は転ばされたときの復帰方法。下手にSSするよりかは、ガードでいい。みちる込みの起き攻めならSSすれば割かし楽に出れると思う。
起き上がった後にみちるを入れた固めで、投げを選択肢に入れてくる相手が一番やりづらい。小刻みに牽制をするか、ぶっぱ多めにして、
強引に投げの選択肢を減らすくらい。当然だけど多用すれば対策取られるので、結局起き上がりに関しては読み合い。
通常時の立ち回りは相手のリバサにさえ気をつければ強気に出ても、形勢が悪くなる事は早々無い。RGされた時だけ気にすれば良い。



郁未:=6:4
対戦状況を書くより、主催とリプとればいいきがしてきた。けど主催と連絡取る方法が無い。



ドッペル七瀬:=3.5:6.5
兎にも角も、このキャラに対しては相手のぶっぱってかリバサに気をつけること。
それさえ注意すれば余程実力が離れてない限り先ず負けない相手。
相手の乙女タイフーンを出すタイミングをしっかり見定め、魔法や中距離維持で対戦するのが好ましい。



あんのうん:=5:5
相手の浮遊に対して振るJ中の射程をきっかり見定める。兎も角、空振りを避ける事が第一。
何気に佳乃の魔法は上への判定というか、あまり縦方向に伸びてないです。地上に居る時は、
魔法の牽制も良いですが、空中でも地上でもそこまで役に立たないです、魔法。
起き攻めやコンボに繋げるくらい。
大移動に関しては、J直後・主の隙間をついた投げと、方向を見定めにくい高度からの強攻撃択一が注意。
リコ後Jで抜けても良いですが、無理そうならその場でガードを続けるのも手。
そしてダメージを取れる箇所がかなり狭まれるので、取れる時は全力で取りにいくこと。



起雪:=5.5:4.5
リバサさえ注意すればそこまで厳しい相手でもないが、如何せん、詠Cが間に合わない速度で走ってくる場合がある。
ぶっぱやリバサに気を付けつつ、相手のゲージを消費させる事に従事すれば、大丈夫。
ゲージ(ICゲージ含む)が無いときは強気にガン攻め、ある時は牽制多目で。
壁際の雪ダルマに関してだが、屈攻撃か、雪ダルマに当たらない限りコンボに繋がらないので、雪ダルマがHITする直前までは、ずっと屈防御でも良い。
相手が空中の攻撃も含めるようなら立ってた方が良いが。壁際の強Vスラ含めた背後に空間が空く攻めだが、正直、壁際放置してくれるならわざと当たっても良い。
相手が空中に居る場合は空対空にしても良いが、相手が地上に居る場合は地上戦を選ぶべし、確実に地対空は佳乃側不利である。
相手と同じ土俵で対戦する事、出来れば壁際持ち込まれた時は強Vスラにわざと当たっててでも壁際から脱出する事が望ましい。
このキャラに対してはSSの使用は控えること、使うとしても牽制で。牽制で使うくらいならTSの方が良いが。
そこまでヘマをしない限り一回のコンボダメージは高く無いので、ガードの練習はし易い相手。
ただ一発のHIT(確認コンボ)で壁際確定なので、自分が暴れやすいと思っている人は、起雪や郁美と(DOPと)対戦すると、直せるかもしれない。



美汐:=4.5:5.5
この対策は全キャラ言える事ですが、昇竜に気をつけること。ガードした場合ICしなければ一応反撃出来ます。
まぁ、相手のガードに合わせてICしてくるのが普通だと思うけど。IC後また昇竜してくる人も居ます。
距離によっては、反撃出来ない場合があります。何はともあれ、リバサに注意。
属性を付けさせなければ、美汐は結構楽な攻撃射程なので、狩り易いです。
属性を付けさせない事、属性が付いたらガード多目で属性解除を待つ事くらいでしょうか。
相手のLV次第でこいつの対策はガラリと変わってしまいます。
そこまで目押しが上手く無い場合は割かし強気に行っても大丈夫ですが、HIT確定で技を繰り出してくる相手に対しては、
1にガード、2にガード、3に反撃で。確反出来る場所以外は手を出さないほうがいいです。崩し自体はそこまで多いキャラでもないので。
但し、空間把握能力が高い人の汐の投げは見づらいので、直感で反撃する事も増えてきます。



雷:固めがいてぇ。正直下手な炎よりこっちのが辛いです。でも大体の人が直ぐ雷放棄します。
とりあえずガード。こちらのリコに合わせて昇竜してくる相手が多いので、反撃出来る場所でも慌てない事。
美汐の属性昇竜は使った側に属性解除というデメリット以外存在しないといっても良いです。良いこと尽くめです。



炎:相手の反撃ポイントが少し増えます。炎の突進技のあれです、割り込んできます。中段を見切れるのなら、
そこまで辛い属性でもないです。が、ミスった後のダメージがちょっと酷いです。
結局は最初に焦れた方が負ける組み合わせです。ある程度ガード能力さえあれば、佳乃側が有利な場面の方が多いです。



香里:=4.5:5.5
起き攻め辛いよ。立ち回りも強気に振っていけないよ。こかすまでがかなり辛い相手。
基本は地上攻め。要牽制で遠中、NB,FB、LB、CBを有効に。
注意すべきは前述でも述べたパニッシュメントクロス。最低でもRFは音反応で立つ事が出来ないとそこかしこで無理が生じる。
遠中は単発でぺちぺち当て、相手を焦らす、若しくはペースを乱す事が出来れば勝ち。相手がガードしてれば何処からでも割り込まれるので、
攻撃を振る際は注意。しかし、相手の割り込み技を空かせる事が出来れば、多少強気に行っても良い。というか強気に行かないと香里をこかす事は、結構困難である。
ガードされても攻撃を振り、連撃の間にファイアストーム、イニシャルK等で割り込まれると、そこから佳乃難度ベスト2の香里の壁際起き攻めが始まる。
ゲージがある時は牽制に徹し、相手のペースを乱し、どんな手を使ってもこかせるべし。こかせた後は、丁度良い場所でSWを張って起き攻め、FW起き攻め、中距離維持の起き攻めが好ましい。
起き上がりSSはイニKで確反。てか、LVに寄ってはRFパニでも確反なので、どれだけ厳しい状況だろうと、自力で耐えるべし。
一番好ましい逃げ方は、相手の弱パニに合わせた高速詠唱(難易度激難)、サイクロンアッパーをリコって無理にでも相手のペースを乱し、相手の行動を良く読み手を出す(難易度普)。
サイクロンアッパーは弱と中とで多少性能が違う。たまに、起き上がりにサイクロン重ねて、弱パニと屈弱で固める傾向が多い香里も居るが、ワンパな香里は佳乃の鴨である。
有効な起き攻めも繰り返し受ければ慣れるというもので、起き攻めをクリアすれば、中距離、遠距離は完全に佳乃有利なので、FBやCBを壁にしつつ、攻める事。
強気に出るのは相手のゲージが無い時、それ以外の時は牽制に従事し、安全な間隔を空けて立ち向かうこと。
基本的にこかす方法は、相手が魔法リコをミスったとき、Jの出始めにLB,ダッキングが見えたらLBorFB、遠中のキャンセルをFBにする等して、相手のリバサを潰す方法等がある。



秋子:=5:5
ネット対戦の場合酷い相性となる相手。オフでやるとそうでもない。掃除機使った起き攻めが嫌らしい他、単発HITからの被ダメージが高く、一旦食らうと壁際まで運ばれるのが痛い。
これも叩き落としのJ中推奨だが、相手の空中機動(軌道)を良く読むことが大事。すかるのは厳禁。起き上がりは魔法安定だが、あまり近いと仕込みが当たる。
守りに入った際に良く使うのはLB,攻撃の際はCB,起き攻めはFBが有効、場合によるけど。LBは相手のダッシュに合わせて使えるようになるのが好ましい。
秋子を壁際に追い込ませるとかなり佳乃の独壇場になる。秋子のリバサ、切り返し能力のせいだが、D強(永C込)の起き攻めも秋子相手には有効である。あまり近づくと仕込まれるけど。
このキャラに関しては、近距離で攻めるより、中ー遠距離でちくちくやる方が安定する。他キャラとは違った意味で近づかせなければ、そう難しい相手でもない。
安全に攻めたい場合はTSを囮にして戦うとよい、当てるのでなく、牽制の意味合いがでかいので、早めに手を離しても良い。
J中キャンセル屈弱に関してだが、何度目にキャンセルするのか把握する事が大事。
何度見切っても同じタイミングばかりの人相手には失礼ですが、お帰りになられてください。
対秋子は道中に至っては佳乃が不利になる事が早々ないので、牽制多めで相手を焦らしつつ対戦すると良い。
注意すべき点は完全に起き攻めである。後たまに、掃除機+FMって人も居るが、相手のゲージ見てたらおそらくタイミング読める。




神奈:=7:3
このキャラに関しては対策も何も…。
LV4CPUは魔法撃ってれば倒せる。

タグ:

+ タグ編集
  • タグ:

このサイトはreCAPTCHAによって保護されており、Googleの プライバシーポリシー利用規約 が適用されます。

最終更新:2009年02月27日 01:25