ピアノ協奏曲第1番”蠍火”

ピアノきょうそうきょくだいいちばん さそりび

収録作品:beatmania IIDX 11 IIDX RED[AC/PS2]
作曲者:virkato(脇田潤)

概要

beatmania IIDX 11 IIDX REDのONE MORE EXTRA STAGE専用曲、所謂ラスボス曲として登場した楽曲。
作曲者のvirkatoはwacこと脇田潤の別名義である。

「蠍火」という題は宮沢賢治作「銀河鉄道の夜」の一節「蠍の火」からの引用とのこと。
また、ジャンル名のDIRGE(ダージュ)とは葬送曲の意。

曲名の通りピアノメインのクラシック調の楽曲であるが、beatmania IIDXはDJシミュレーションゲームであり、
収録されている楽曲もハウスやトランスといったクラブミュージックがほとんどであった中、この楽曲は極めて異質なものであった。
当時のプレイヤー達は、その世界観を無視した楽曲の場違いさに困惑しつつも、
その重厚なサウンドと、ゲーム内の最高難易度である☆12の中でも上位の難しさに圧倒されたという。

現在では高難易度の楽曲が多く登場し、☆12内でも中位クラスに落ち着いているが、
1P側と2P側のすべてのボタンを使用してプレイするDPモードでは未だに最上級の難易度であり、
段位認定モードでは、最高の段位である皆伝の一曲としてシリーズ内でも長期間君臨し続けていた。
また、暫くしてからwacがサウンドディレクターを務めていたpop'n musicシリーズの20 fantasiaに移植されたが、
本家の譜面を更に強化したようなものとなっており、シリーズ内でも1,2を争う最強曲となったことで話題になった。

IIDX REDのサントラではLONGバージョンが収録されたが、
ゲーム内では2分弱程度に収められていた楽曲が、8分近くにも及ぶ大作に仕上がっている。

後にwacの1stアルバム「音楽」にも収録されたが、
前述のLONGバージョンを更に上回る9分を超える曲の長さと、オーケストラアレンジによるその旋律は圧巻の一言。

過去ランキング順位


収録サウンドトラック

beatmania IIDX11-IIDX RED-ORIGINAL SOUNDTRACK


pop'n music 20 fantasia ORIGINAL SOUNDTRACK


音楽