ジャッジメント

ジャッジメント

収録作品:銃声とダイヤモンド[PSP]
作曲者:いとうけいすけ

概要

各エピソードの大詰めを迎えた重要な交渉パートで流れる曲。
銃声とダイヤモンド特有のタンゴ調の音楽の中でも群を抜いて勢いのある激しい曲で、後半にメインテーマのフレーズが入っている。
収録曲の中では非常にインパクトのある曲であり、このゲームを代表する曲の1つとして人気が高い。
ゲームの方でもこの曲が使われる交渉パートは難易度が高く、一つのミスが交渉失敗に繋がってしまうことが多い。
そうした緊張感のあるシーンと実によく合った、刹那の駆け引きを見事に表現している曲である。

作曲者のいとうけいすけ氏によると、この曲はゲームの製作期間のかなり終盤に作成された。
当初いとう氏は今作の「交渉」というテーマに沿った、ジリジリと事態が一進一退していくシーンに合った淡々とした音楽を作り続けていた。
そのためフラストレーションが溜まってしまい、盛り上がるような音楽を作りたいという欲求に従って作曲したという。
交渉の大詰めは音楽もストレートに盛り上げようという気持ちで、何も考えずに勢いだけで作りきった曲と言っている。

過去ランキング順位


サウンドトラック

銃声とダイヤモンド オリジナル・サウンドトラック