吉田沙織

よしだ さおり

セガに所属しているゲーム音楽作曲家。
2010年頃からセガで活動を開始。主に龍が如くスタジオ製作の作品に数多く関わっている。
龍が如くシリーズでは『龍が如く OF THE END』にアシスタントとして初参加。以降はコンポーザーとしてほぼ全ての作品に関わっている。
イベント用の曲から戦闘曲まで様々なシーンに対応したバラエティ豊かなBGMを制作している。
吉田氏が制作する戦闘曲関連には定評があり『龍が如く6 命の詩。』のハン・ジュンギ戦BGM「Theory of Beauty」などセンスの光るものが多い。

龍が如くシリーズ以外では同じく龍が如くスタジオ開発の『バイナリー ドメイン』や『JUDGE EYES:死神の遺言』などを手掛ける。
スマホゲームの『D×2 真・女神転生 リベレーション』ではミュージックディレクターを担当した。
2021年に発売された『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』では特に人気の高い相馬戦BGM「Viper」を作曲している。

担当作品の一例

最終更新:2021年12月08日 14:01