GMAP-BF概要

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

GMAPは「Globis Management Assessment Program」の略形で、グロービス経営大学院が主催、実施している「ビジネスパーソンとしての基礎能力」を、測定することを目的とした「テスト」のことです。
この「テスト」は2種類存在しています。
  • GMAP-CT(クリティカル・シンキング)
  • GMAP-BF(ビジネス・フレームワーク)

クリティカル・シンキングは「ある状況や条件が与えられ、その中でどの選択肢が最適であるか?」を、うんうんいいながら考えて決断し、その妥当性を測定するテストです。
ビジネス・フレームワークはクリティカル・シンキングと比べると「考える」というよりは「知っているか?」または「知っている知識を使って簡単な判断ができるか?」ということを測定するテストです。

このwikiではGMAPの2種類存在するテストのうち、後者の「GMAP-BF(ビジネス・フレームワーク)」を扱っています。
この「GMAP-BF」のテストは、企業においてマネジメント層への昇進試験や大学において経営学部等に所属する学生の卒業試験等にも利用されています。

当ページをご覧になっている方は、何らかの事情でGMAPの試験を受けなくてはならなくなった人であると思います。
学問として経営やビジネスの基礎を学ぶことはもちろん大切なことですが、このwikiでは「GMAP試験のハードル点(合格点)を突破する必要に駆られている」という方に対して
有効な勉強方法や試験対策、試験に関する事前知識を共有することによって、本来皆さんが持っている実力が試験当日に十分発揮されることを目的としています。
GMAPの本家大本であるグロービス経営大学院のホームページも是非ご一読をおすすめします。



GMAP-BF試験について

GMAP-BFは以下の6つの範囲から出題されます。

<各30問ずつ出題>
  • 1.マーケティング
  • 2.経営戦略、
  • 3.人的資源管理
  • 4.組織行動学

<各20問ずつ出題>
  • 5.企業会計
  • 6.ファイナンス

6つの出題範囲から、各単元ごとに20分ずつ合計120分の試験です。
注意するべきは「試験全体で120分」使えるのではなく1つの出題範囲ごとに20分毎に区切って試験が実施されます。
試験の順番も上記リストの通りです。

マーケティング~組織行動学までは20分で30問、企業会計とファイナンスは20分で20問(計算問題)を解かなくてはなりません。
一般的な受験者(経営学がマニアックなほど大好き、中小企業診断士などの試験対策を行っている人以外)にとってはとにかく
時間に追われ、試験終了ギリギリの時間まで追い込まれる試験です。

慣れない者にとって時間が足りないという意味では、基本スタンスはTOEICと同じく「わからなくても全てマークする」「考えてもわからない問題で悩まない」を
守ることが原則です。恐らくGMAPを受ける方々にとっては多くの人がTOEICのように「いつ受けてもいい」というような気楽な試験の
位置づけではないと思われるため、悔しい思いをしないためにも時間配分について明確な作戦を持って臨んで下さい。
(詳細は試験対策に記載しています。)

企業や学校によっては、さらに上記のリストから4つの分野だけとか、5つの分野だけ、という特殊な範囲で出題するパターンもあるようです。
会社や学校が実施するGMAP-BF試験は、必ず出題範囲を明確にしているはずなので受験前に確認しましょう。

GMAP-BF受験後の評価(フィードバック方法など)

GMAP-BFは500点を中央とする偏差値で点数付がなされる相対評価で点数が算出されます。
試験自体は500点~600点の間に受験者の7割の人数が収まるように設計されています。

受験後のフィードバック・レポートには、まず全ての単元を総括した総合スコア(偏差値)が記載されます。
総合スコアは500点が中央値なので500点は偏差値50、600点は偏差値60と読み替えても良さそうです。
多くの企業や学校では、この総合スコアで学校や企業が定めるボーダーの合格・不合格を判断することが多いようです。
また、総合スコア以外では各単元毎のスコア、ランク(A~E)の評価がつき
どの領域で何問正解したか、というデータもフィードバックされます。


GMAP-BF試験をこれから勉強するにあたって

GMAP-BFの試験は
  • 勉強(暗記)さえしていれば解ける問題(単発問題)
  • MBAの基礎知識に従って状況判断して解く問題(ケース文問題)

の2種類が交互に混在する問題構成です。(詳細は後述)
まずは勉強(暗記)さえしていれば解ける問題は確実に点を取れるように、教科書を暗記していきましょう。
分厚い教科書ですが、繰り返し読むことで頭に入ってきます。心配しなくても大丈夫です。

なお、勉強に際してはやはり多少の時間を要します。
楽する方法はないので、あきらめて毎日少しずつ教科書を開いて読むようにしましょう(笑)


.

最終更新:2021年08月09日 22:50