アットウィキ(@WIKI)ご利用ガイド

アットウィキの基本操作/ページ作成する/子ページを作成する/子ページを作成するメリット

最終更新:

guide

- view
管理者のみ編集可

子ページを作成するメリット

子ページを作成する」機能を利用すると、階層構造(親子関係)を持ったページを作成することができます。
このページでは、子ページを作成するメリットについて説明しています。


階層構造とは

1つの親に対して複数の子をもち、枝分かれして広がっていく構造のことです。ツリー構造とも呼ばれています。


メリット1. 親子関係にあるページがたどりやすくなる

子ページとして作成されたページにはパンくずリスト*1がつきます。
パンくずリストには親ページへのリンクが自動で追加されるので、親子関係にあるページを行き来しやすくなります。


メリット2. ページの管理・整理がしやすくなる

アットウィキには階層ページを表示するプラグインが多数あります。
これらのプラグインを併用することで、ページの管理や整理がしやすくなります。
プラグインを利用すると、ページ名の変更などがあった場合に自動で反映されます。

利用できるプラグイン例
注記:プラグインが利用できるのはアットウィキモードとpukiwikiライクモードのみです。


子ページの作成方法1. 新規で作成する

子ページを作成する」をご覧ください。


子ページの作成方法2. すでにあるページを子ページ化する

1. 子ページ化したいページを開いた状態で、ヘッダーメニューの[編集][ページ名変更]をクリック。

2. 新しいページ名を階層構造に書き換える。
親ページ名/子ページ名」となるように書いてください。
例えば、
親ページ:ページ1
子ページ:ページ2
としたい場合、新しいページ名は「ページ1/ページ2」と書きます。

3. [ページ名変更]をクリック。


[このページの子ページを作成]ガイドに戻る