ハトミミ@聞くだけ ルーピー

直嶋正行

最終更新:

hatomimi

- view
だれでも歓迎! 編集
関連項目
経済

「アジアの所得を倍増させるために日本の技術を提供したい」直嶋経産相
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091226-00000530-san-bus_all

元日本代表MFの中田英寿氏について、松下忠洋経済産業副大臣が「引退後の過ごし方に不満がある」と批判
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/100216/mca1002161947032-n1.htm


直嶋 正行



直嶋 正行(なおしま まさゆき、1945年10月23日 - )は、日本の政治家。参議院議員(3期)。経済産業大臣(第6代)。大阪府池田市出身。

生年月日 1945年10月23日(64歳)
出生地 大阪府池田市
出身校 神戸大学
学位・資格 経営学士
前職 会社員
労働組合役員
所属委員会 参・経済産業委員会
経済産業大臣
世襲 無
選出選挙区 比例区
当選回数 3回
所属党派 民主党(民社協会=川端グループおよび政権交代を実現する会=鳩山グループ)
党役職 次の内閣官房長官
党政策調査会長
会館部屋番号 参・議員会館736号室

経歴

生い立ち


1945年10月23日、大阪府池田市に生まれる。父親を早く亡くし、定時制高校から神戸大学に進む。1971年に神戸大学経営学部卒業。

同年トヨタ自動車販売(現、トヨタ自動車)入社。組合活動に参加し、1980年に全トヨタ労連専従となる。1982年には全トヨタ労連組織局長を経て、1991年に自動車総連副会長に選出される。

国会議員


1992年に自動車総連推薦で民社党から参議院選挙に比例区で立候補し、当選する。

1994年、新進党に参加する。新進党解党後、1998年1月、旧民社党議員によって結成された新党友愛に参加する。同年4月新党友愛は民主党に合同し、直嶋も同党に参加する。党参議院政審会長、参議院国対委員長、参議院幹事長を歴任。

2005年9月前原誠司が代表に選出され、次の内閣の官房副長官・党政策調査会長代理に就任。

2007年7月16日の新潟県中越沖地震の発生に伴い、党の対策本部副本部長に就任。その後も、組織委員長(次の内閣官房副長官)を歴任。党愛知県連副代表に就任。

2007年8月、党政策調査会長に就任。参議院議員の政調会長就任は初である。2009年5月、代表の鳩山由紀夫のもとでも政調会長を続投した。2009年8月、ネクスト防衛大臣だった浅尾慶一郎が離党したことにより、ネクスト防衛大臣を兼務。

経済産業大臣


2009年11月、シンガポールで開催されたアジア太平洋経済協力閣僚会合にて

2009年、鳩山由紀夫内閣で経済産業大臣に就任。

2009年11月16日、午前8時から都内のホテルで行われた石油連盟との懇談会で、同年7-9月期国内総生産(GDP)の数字を同日8時50分の発表前に漏らした。経済産業省関係者によると、石油連盟との懇談会は定期的なもので、石油関連業界と意見交換をすることが目的。直嶋は懇談会の冒頭あいさつでGDPの数字を口にしたという[1]。直嶋大臣は、「ケアレミスだった」と謝罪した。[2]

政治資金


秘書が会計担当者を務める政治団体「直嶋正行後援会」が政治資金を3店8件のクラブなどの店で使用していたことが発覚した。直嶋事務所は新聞社の取材に対し「収支報告書の記載通りで間違いない」と答えた

ウェブサイト

参議院議員 直嶋正行のHP
http://www.naoshima.com/

トップ > 直嶋正行
wikipediaの該当大臣の記事を改変利用しています
http://ja.wikipedia.org/
wikipediaの利用規約に基づき表示-継承-3.0 ライセンスが適用されます
出典は記事の脚注等を参照ください


ファーストクラス利用をやめ、ビジネスクラスを原則とすることで合意
→経産省、副大臣はビジネスクラス、でも大臣はファーストクラスで
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20091214-00000604-san-bus_all

「自民の補正予算なんか全部無駄金にきまってるお!」産総研視察「無駄なんてひとつもなかったお・・・。」

今度は出身母体の労組から1億5000万円ものズッブズブ政治献金


このページに関する情報、ぜひお寄せください


URLなどの情報源をできるだけ添えください。よろしくお願いします
匿名可
情報

すべてのコメントを見る