【種別】
魔術結社

【初出】
とある魔術の禁書目録SS第二話
本編では二十二巻(十八巻でも組織に所属する人物は登場している)

【解説】
黄金』系の魔術結社の中でも最大規模の力を持つ、
イギリスに本拠地を置く世界有数の魔術結社。
レイヴィニア=バードウェイがボスとして君臨し、マーク=スペースが所属。

目的の為なら手段を選ばない事で有名で、
「その過程で築かれた屍の数を聞くとプロの魔術師ですら絶句する」という逸話があるらしい。
ただ、資源や生贄を派手に使い潰す傾向のある『宵闇の出口』については嫌悪感を抱いていることから、
単に無駄遣いしているわけではないようだ。

天使の力』の取得とそこから派生する各種術式を主に扱い、
『黄金』系の中でも、特に大掛かりな霊装を使う『大技』を得意とし、タロットを用いた術式も多用する。
その扱う魔術は大規模に効果を及ぼすものの、
一発の大規模術式を扱うのに一つの集団を丸ごと動かす必要があるものが多いらしい。

イギリス清教の強襲に備えて特定の『拠点』は持たず、
アパートメントの一室や雑貨ビルのテナントなどを年契約で借り複数の『拠点』を用意。
財産を徹底的に小分けした上で、
『拠点』の一つへ必要な時に必要なだけ人員・物を持ち寄って儀式魔術を実行する。
その『拠点』の一つがロンドンのランベス区にある平凡な石造りのアパートメントの一室。

元々は魔術結社ではなく、宗教と学問の境目が曖昧な古い時代に誕生した
「国家や組織の支配のためにカリスマを研究する」ことを目的とした組織だった。
(現ボスであるレイヴィニア曰く「まるで世界征服を目論む悪の組織」)
そのため設立当初は魔術サイドでも科学サイドでもなかったが、
当時のカリスマは宗教権威と不可分のものであったため段々オカルト化していき、
最終的に『黄金』を調査した際完全に取り込まれて魔術結社化した。
恐るべきは、組織を率いる者のカリスマ性にもある程度の耐性を持っていた『組織』ですら呑み込まれてしまった事。
バードウェイをして、その内情は「常軌を逸していた」という。
『明け色の陽射し』という名もそのときに付いた。
しかし魔術結社として名が広まった今でも「カリスマ性の研究」という目的は変わっておらず、
そのサンプル採取の一環として、アレイスター=クロウリーを追いかけていた事も明かされている。

その為、厳密に言えば『明け色の陽射し』は、生粋の『黄金』系でもなければ正しい意味での魔術結社でもない。
当代のボスであるレイヴィニアは科学にも関心を抱いており、
魔術結社でありながら最新科学もかじっているその性質は、アレイスター本人から「ある種、私の欠片を最も色濃く継承している」と評されている。

なお、世界を『汚染』する『原典』に対しては、
レイヴィニアの口から「憎しみすら感じている」という旨の発言がなされている。