弥栄騒動まとめwiki

演説での用法

最終更新:

iyasakae

- view
だれでも歓迎! 編集

演説での用法

  • 聖上御盛徳録 (昭和6年)聖徳奉賛会
侍従長伯爵 珍田捨己(東奥義塾牧師・外務省出仕・駐米大使)
『皇室の彌榮えゆくを拝し奉り』
画像ソース1
画像ソース2
画像ソース3
画像ソース4

  • 新聞記事文庫 航空(5-127) 田辺逓相祝辞
大阪毎日新聞 1939.8.4(昭和14)
『肇国二千六百年を明年に控えてこの壮挙を見るは弥栄え行く皇国日本の
大精神を顕示するにもっとも相応わしき国民的壮挙ともいうべきであると信じます』
http://www.lib.kobe-u.ac.jp/das/jsp/ja/ContentViewM.jsp?METAID=00323675&TYPE=HTML_FILE&POS=1

  • 最新組合せ式 式辞演説大鑑 出版社:萩原星文館、編者:雄弁協会、印刷:神宮館
画像ソース①
画像ソース②
抜粋ソース↓
我が民族の根幹たる皇室の彌榮は、取りもなほさず、我が大和民族の繁榮する所以なり。
ふりがな→      (いやさかえ)

  • 笑点 第2135回 真打昇進披露口上より 三遊亭楽太郎
「それではここでテレビの前の皆様方のいやさかえ、そして新真打の芸道の精進を祈念いたしまして~」
http://www.youtube.com/watch?v=CDwn4lAOowg
5分43秒ごろ