※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

設定と動作

起動や動作が遅いんだけど?
Java アプリケーションの性質上避けられないが、およそ2006年以降のプラットフォームであれば支障は無いと思われる。デフォルトでは Java 仮想マシンに対して最大 512MB のメモリを確保するように起動する為、少なくとも 1GiB のメモリを搭載していなければ快適に使用できるとは言い難い。また、ダウンロードリスト登録が増加するに従って処理負荷は大きくなるので、余裕がなければ登録数を出来るだけ少量に抑えた方がよい(特に起動時に影響が大きい)。
起動しなくなった!
前回の実行が正常終了せず Java 仮想マシンが起動したままバックグラウンドに残っていたりすると、多重起動を禁止しているので起動しないように見えることがある。Windows であればタスクマネージャーで実行中のプロセス一覧から javaw.exe を強制終了すれば良い。ただし、他の Java アプリケーションを実行している場合は終了するプロセスをよく確かめること。
ダウンロードリストやユーザー設定値のバックアップはどうしたらいい?
JD1 は全てのデータをまとめて jd/config/database.* に保存している。Fileメニュー>Save>Backup では、これを圧縮して backup/database.zip として退避する。
JD2 ではデータ内容別に cfg/* 以下のファイル群として保存している。バックアップを作成する機能は用意されていないので、全てのファイルを自前で退避させる必要がある。リストはそれぞれ ダウンロードでは DownloadListN.zip, リンクグラバーでは linkcollectorN.zip に履歴として保持される(N は加算数)。
実行していると何もダウンロードしていないのに通信しているのは何故?
アカウントを登録していると、アカウントの状態(転送残高や有効期限など)をチェックするために、定期的にファイルホストとログイン情報を送受信している。
JD2 がユーザー情報集めてるっていうのはスパイウェア的なもの?
開発チームがアプリケーション使用状況を分析する為に情報収集を行っており、ダウンロード完了毎に jdownload.org へ以下の情報を送信している。内容としては何のファイル(URL)なのかは特定できない程度のものである。
  • ホストプラグイン名とバージョン
  • ドメイン名とファイルサイズ、ファイルのMD5ハッシュ値
  • アカウント利用の有無
この機能は 設定タブ>拡張設定>StatsManager.enabled で 許可 または 停止 できる。

ネットワーク接続

Reconnect(再接続)って何?
ファイルホストが無料ユーザーに課す制約の一つとして、同一 IP アドレスまたは IP アドレス範囲からのダウンロード要求を同一の無料ユーザーと見なしてブロックするものがある。これを回避すべく、ルーターを制御してインターネット回線を自動的に切断/再接続することで、ISP から提供される IP アドレスを変更し、異なる無料ユーザーからのダウンロード要求に偽装する機能が Reconnect である。
ただし、回線切断/再接続を経たとしても IP アドレスが変更されるか否かは ISP 次第*1であり、確実に保障されるものではない。そのため、再接続前後で IP アドレスが変更されたかどうかをチェックし、変化が無ければ一定回数まで再接続を繰り返し試行するようになっている。
再接続に必要なルーター制御は LiveHeader スクリプトや外部コマンドの実行, CryptLoad*2スクリプト, UPNP の何れかによって規定される。LiveHeader スクリプトでは、予め動作が確認されているルーターを型番から選択するか、あるいは再接続レコーダーによって WEB ブラウザからルーターへの回線切断/接続操作を記録することでスクリプトを作成する。
JD2 の Proxy Rotation を使えば再接続しなくてもいい?
JD2 は利用できる Proxy がリスト化され、ダウンロード毎に異なる Proxy を順番に適用できる Proxy Rotation 機能が搭載された。これにより再接続と同様に IP アドレスを偽装することになり、指定した Proxy が自分を含めて利用頻度が低ければ規制回避の効果が得られる。ただし、複数ユーザーからの利用が多ければ利用中あるいは利用直後にあたる確率も増すので、自分がその Proxy を使ってダウンロードしていなくても同一ファイルホストには使えない、という状況があり得る。
また、現状ではダウンロード個別に Proxy の適用を設定できないので、Proxy を設定するとプレミアムアカウントでのダウンロードにも自動的に適用されてしまう。プレミアムアカウントのログイン処理において暗号化せずにプレーンテキストを用いるホストも多いので、得体の知れない公開 Proxy を用いることには注意が必要である。

CAPTCHA

ダウンロードするときの面倒な文字認証を回避できる?
ファイルホストが無料ユーザー向けのダウンロード制限として CAPTCHA を多用しているが、これを回避する方法は二つある。
  • ファイルホストの有料(プレミアム)ユーザーになる。認証以外にもダウンロード数などの制約が大きく緩和される。
  • JD AntiCaptcha(JAC) を利用する。ある程度まで CAPTCHA 入力を自動化できる。
JAC は Settingsタブ>Modules>AntiCaptcha>Disable automatic CAPTCHA を OFF で有効(自動/デフォルト), ON で停止(手動) になる。
JDownloader は CAPTCHA を解決するためのインターフェース JAC Method を持ち、比較的簡単な CAPTCHA を対象とする組み込みメソッドと、サードパーティ製の外部メソッドの中から、予めファイルホスト毎に決められたものを使用する。外部メソッドは組み込みメソッドでは解決できないパターンに対応するもので、Anti reCAPTCHACAPTCHA 代行サービスがある。
JAC Method は jd/captcha/methods/* 以下のサブディレクトリに配置され、各ディレクトリの jacinfo.xml で対象のファイルホストや動作が規定される。CAPTCHA のパターンは同ディレクトリにあるサンプル画像で確認できる。
JD1 の組み込みメソッドは配布サーバー上の物が古いままなので、NIGHTLY の物に差し替えると独自の CAPTCHA を使用するホストでの自動認証が解決する場合がある。
  1. JDownloader を終了する。
  2. update0.jdownloader.org/branches/NIGHTLY/jd/captcha/captcha.extract をダウンロードする。
  3. CAPTCHA 代行サービス用などに自分で導入したものは除き ./jd/captcha/methods 以下のサブディレクトリを削除する(必ずバックアップを取っておくこと)。
  4. captcha.extract ファイルを同ディレクトリに zip 展開する。
Anti reCAPTCHA って何?
JAC 外部メソッドの一つで、Google が提供し主要ファイルホストがこぞって利用している認証サービス reCAPTCHA に対象を限定したもの。reCAPTCHA の成果物である tesseract-OCR を逆手に取って利用し、一時的ではあるが効果を発揮した。当初の php で開発されたものから、Windows 用の派生版が存在する。現状では reCAPTCHA 側が波線重ね/二重化/白黒反転などの対策を次々に施すようになり正答率が著しく低下し、継続的に実用に耐えうるものではない。改善版が幾度か公開されているが reCAPTCHA 側の仕様変更までの短命なもので、イタチごっこが続いている。
CAPTCHA 代行サービスって何?
ユーザーが解決したい CAPTCHA を送信すると解読した回答を返信してくれるサービスのこと。JAC 外部メソッドとして導入し、ダウンロード処理中にシームレスで CAPTCHA 自動入力サービスを利用できる。
無料のものは、ユーザーの CAPTCHA 要求を他のユーザーに振り分けて回答してもらうようになっている。回答したユーザーはクレジットを稼ぎ、解決してもらったユーザーはクレジットを消費することでバランスを保っており、クレジット収支にレートが設定されている。認証コードの入力と、認証結果の利用という二つの処理を時間軸で分離したものと考えればいい。
有料のサービスは単純に要求数や解決数当たりで単価が決まっているようだ。
サービス 有料 無料クライアント JAC Method 備考
captcha trader Web/Java Java 閉鎖
captcha brotherwood Windows JD1:クライアントに同梱
JD2:標準で組み込み
9kw Windows/Linux/Mac
Android/iPhone
JD1:Windows/Linux/Mac
JD2:標準で組み込み
Antigate
BeatCaptchas
BypassCAPTCHA
CaptchaBot
CaptchaMonster
DEATH BY CAPTCHA Windows
ExpertDecoders
ImageTyperz
My.JDownloader.orgって何?
JD2から導入されたWEBインターフェースで、JD1のリモート接続や簡易WEBサーバーに相当する。JD1では外部からの接続の為にIPアドレスの公開等を自力で解決する必要があったが、中継サーバーを介することでユニークアカウントと固有のコンピュータを結びつけるようになっており、簡単に外部操作環境を構築できる。リモートコントローラーにはブラウザ(Firefox, Chrome)やスマートフォン(Android)を使用する。
最終更新:2013年12月01日 20:53

*1 DHCP サーバーのリース期間設定による。切断/再接続を行っても、同一 MAC アドレスに対してはリース期間内であれば以前使用していた IP アドレスを割り当てようとする。短時間の切断に対して IP アドレスを変化させないようにするのが DHCP の本来的な使用方法である。

*2 JDownloader と同様のファイルホスト用ダウンローダー http://cryptload.info/